【東京五輪に関する定点観測世論調査 】第1弾「東京五輪が開催された場合の日本への影響は?」

NRC
 日本リサーチセンター(本社:東京都、代表取締役社長:杉原 領治)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。このたび、当社の自主調査企画として「東京五輪が開催された場合の日本への影響」についての世論調査を実施しました。
 東京五輪の開催については、国内の新型コロナウィルスの新規感染拡大の影響もあり、国民の間でも賛否が分かれていますが、開催が間近に迫る中で人々の意識や態度はどのように変遷していくのでしょうか。7月の東京五輪開催までの動向を今後、定期的に公表いたします。今回は、2020年の5月19日週(Week1)、5月26日週(Week2)、および6月2日週(Week3)に実施した3回分の調査結果を発表いたします。

【東京五輪が開催された場合の日本への影響】


■第一弾内容
 「今年東京五輪が開催された場合、日本の国としてどのような影響があると思うか。」という質問に対し、2020年の5月19日週(Week1)、5月26日週(Week2)、および6月2日週(Week3)3回分の回答結果を分析

■結果抜粋
 最も多かったのは、各回とも「経済効果が期待できる」でした。5月19日週時点で16.5%、翌週の5月26日週時点では20.7%、さらに翌週の6月2日週時点で19.6%ということで、約2割の人が五輪開催による経済への効果を期待しています。
 次に多かったのは「国民のスポーツに対する関心が高まる」(15.0%→15.7%→13.3%)で、五輪が開催された場合には、スポーツそのものへの関心度が上昇することが示唆されます。

自主調査の詳細はこちら(日本リサーチセンターホームページ内)
 https://www.nrc.co.jp/report/210610.html

 6月上旬時点では、このように経済効果やスポーツへの関心向上といった内容が主な影響と見られていますが、この傾向は、今後どのように変化していくでしょうか。本自主調査の結果は定期的に公表いたしますので今後の推移にご注目ください。

≪調査概要≫
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:サイバーパネル会員(全国の20才~69歳男女)
■調査時期と回答数
 2021年5月19日~2021年5月24日 (w1) 998名
 2021年5月26日~2021年5月31日 (w2) 1002名
 2021年6月2日~2021年6月7日 (w3) 996名

この自主調査データの購入のご希望や質問追加のご要望については、下記までお問合せください。
 お問い合わせ専用メール nrc_yougov@nrc.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NRC >
  3. 【東京五輪に関する定点観測世論調査 】第1弾「東京五輪が開催された場合の日本への影響は?」