慶応義塾大学 武藤佳恭教授とアドバイザリー契約締結のお知らせ

~ AI(人工知能)の第一人者 ~

 株式会社タカラレーベン(本社:東京都千代田区/代表取締役:島田和一)は、2019年11月7日付で、慶応義塾大学 武藤佳恭教授とAI活用方針及び方法に対する指導助言、活用に伴うビッグデータ蓄積及び活用方法等に関するアドバイザリー契約を締結したことをお知らせいたします。
 武藤教授は、世界で初めてScience誌に人工知能論文が掲載されるなど人工知能の第一人者であり、カメラ付き携帯電話、紙幣鑑別機、温度差発電や床発電などの代替エネルギー分野など、様々な発明品を生み出している工学博士です。また、同氏の研究所は「世界中の企業が行列をつくる研究所」としても有名です。
 今後は、当社AI推進課が主体となり、武藤教授のアドバイスを受けながら、ビッグデータ蓄積のノウハウを学び、住生活ビジネス領域でのAI技術の活用はもちろん、新規ビジネスの立ち上げ等にもAI技術を応用して行く所存です。また、AI技術を積極的に導入することにより、社内外のステークホルダーに対するバリューアップを進めていくことが可能だと考えております。
 タカラレーベングループでは、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、ビジョンである「幸せを考える。幸せをつくる。」及びスローガン「ライフスタイルに、新常識を。」を信条に、ステークホルダーの皆様に向け、良質で安定したサービスを提供してまいります。
 
  • 人物紹介


氏名:武藤 佳恭(たけふじ よしやす)
出身地:長崎県
専門分野:AI(人工知能)、機械学習、セキュリティ、IoT他
経歴:慶応義塾大学工学博士号取得 (1983年)、1983年から米国サウスフロリダ大学、サウスキャロライナ大学にて教員勤務を得て、1992年ケースウェスタンリザーブ大学にてテニュア(教職員の終身雇用資格)取得。その後帰国し、慶応義塾大学環境情報学部助教授、教授を歴任。
実績:著書・・・「イノベーションするAI」(2019年 春秋社)等多数/アドバイザー・・・中国山東省経済顧問、フィンランドJyvaskyla大学 Docent Prof及び国内有名企業と多数アドバイザリー契約締結
 
  • 会社概要
商号:株式会社タカラレーベン
代表者:代表取締役 島田 和一
所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2鉄鋼ビルディング16F
設立:1972年9月
事業内容:自社ブランドマンション「レーベン」・「ネベル」シリーズ及び、一戸建新築分譲住宅の企画・開発・並びに販売、発電事業、ホテル事業、建替・再開発事業、海外での不動産販売事業 他
資本金:4,819百万円
URL:https://www.leben.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タカラレーベン >
  3. 慶応義塾大学 武藤佳恭教授とアドバイザリー契約締結のお知らせ