マネーツリー、三菱UFJ信託銀行の新たな信託商品の専用アプリを監修

マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、 以下「当社」)は、三菱UFJ信託銀行株式会社(本店:東京都千代田区、取締役社長:池谷 幹男)が2019年3月12日より販売開始する新たな信託商品「代理出金機能付信託(つかえて安心)」(以下「本商品」)の専用スマートフォンアプリ(以下「専用アプリ」)の開発において、UI(操作性)/UX(ユーザーのサービス体験)の監修を行いましたことをご報告いたします。

本商品は、ご契約者が自分らしく安心してお金を使い続けるための新しい仕組みを提供する信託商品です。専用アプリを提供することによって、ご契約者のご意思のもと、ご家族等に入出金状況を「見える化」し、みまもっていただきながら、ご契約者ご自身はもちろんのこと、代理人または後見人がご契約者に必要なご資金を引き出すことが可能となります。

当社は、個人資産管理サービスを提供する金融プラットフォーマーとして、どのような方にも分かりやすく、操作性に優れたデジタルサービスを提供すべく、この度の取り組みに携わってまいりました。今後も、幅広い世代の消費生活を支援し、多様なニーズに応えられるよう、お客さま目線のサービス開発に努めてまいります。

三菱UFJ信託銀行の「代理出金機能付信託(つかえて安心)」について
本商品は、専用アプリを通じて、以下の機能をご利用いただける信託商品です。
  • ご契約者に加え、予めご指定いただいた代理人がご資金の払出しを請求いただける機能
  • 代理人以外のご家族等、予めご指定いただいた閲覧者にも、ご契約者または代理人から払出請求があったことが一斉に通知され、ご契約者、代理人および閲覧者の全員が払出請求内容や入出金履歴を閲覧いただける機能
  • 払出請求から一定期間が経過した後、ご資金のお引出しが可能になる機能

マネーツリーについて
2012年に日本で創業し、2013年より金融資産を一元管理できる個人資産管理サービス「Moneytree」を提供している。2015年より企業向けの金融インフラサービス「MT LINK」の提供を開始し、金融・会計業界の標準APIとして認知される。2017年にオーストラリア市場へ進出。米国セールスフォース・ドットコム、三大メガバンク系ファンド、SBIインベストメント、地域金融機関系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受ける。人々に信頼されるプラットフォームの構築を目指す。

会社概要
会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金:13.3億円(資本準備金を含む)2018年12月時点
設立日:2012年4月23日
ウェブサイト:https://moneytree.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マネーツリー株式会社 >
  3. マネーツリー、三菱UFJ信託銀行の新たな信託商品の専用アプリを監修