データマーケティングプラットフォーム「b→dash」と、パブリックDMPシェアNo.1のインティメート・マージャーが連携

~本連携により国内最大規模のマルチビッグデータの活用が実現し、データマーケティングが加速~

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区、代表取締役:安部 泰洋、以後フロムスクラッチ)が開発、提供するデータマーケティングプラットフォーム「b→dash」は4年連続パブリックDMPのシェアNo.1である専業最大手の株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島亮次、以後インティメート・マージャー)と連携を開始したことをお知らせいたします。

 


今回のデータ連携により、b→dashの画面上で、インティメート・マージャーに蓄積された国内最大のオーディエンスデータを活用したユーザー分析や、ターゲットセグメントリーチ、レコメンドなどの配信ができるようになることで、より精緻なデータマーケティングが可能になります。

【本連携について】

 昨今、競合との競争の激化や社内の生産性向上のため、企業におけるマーケティング活動はデータ活用に注力しているものの、自社で保有しているデータだけでは、部分的にしか情報を取得できておらず、ユーザーセグメントを詳細にきることが困難でした。そのような背景があり、自社のデータに外部データを掛け合わせることによって、ユーザーの属性情報や趣味嗜好等を可視化したいというニーズを多く頂戴しておりました。

 そしてこの度、「b→dash」と「インティメート・マージャー」が連携することにより、「b→dash」に蓄積された約23億/月のアクセスログデータや約3,000万のユニークユーザー情報とインティメート・マージャーに蓄積された約4.7億ものオーディエンスデータを「b→dash」で活用できるようになりました。これにより、自社サイト及び外部サイトでの顧客行動を正確に分析することができるようになり、より深く、細かく顧客を理解したうえで「b→dash」による多彩なマーケティングアクションが可能となります。

 

 今回の連携で「b→dash」をご利用いただいているクライアント企業様に、新しく2つの活用方法をご提供できるようになります。まず1つめは「b→dash」に蓄積された自社サイトの訪問履歴や購買データ、顧客データなどの膨大なビッグデータと、インティメート・マージャーが独自で保有している約4.7億ユニークブラウザを超える3rdパーティーデータを掛け合わせる方法です。

 

 「欠けている属性情報」を補完し、自社DBには情報はないがウェブサイトにアクセスしたユーザーがどんな属性傾向で何に興味を持っている人なのか、アンノウンユーザーに対して細やかにユーザー像を描き出すことができます。これにより、より精緻なセグメントをきること可能になり、効率的なマーケティング施策を行うことができます。


 2つめは反対に「b→dash」に取り込んでいる自社の顧客情報を活用し、DMPにインプットすることで、膨大な情報から抽出したセグメントなど、DMPでは保有していないデータを組み合わせたターゲティング広告の配信も可能です。

 このように精緻なユーザーインサイトに基づいたマーケティングを可能とすることで、導入企業の売上向上への寄与が期待されます。今後もマーケティングによる効果を最大限発揮すべく、「b→dash」はさらにソリューション連携を進めて参ります。

 
【データマーケティングプラットフォーム「b→dash」とは】
 「b→dash」は、企業が保有するユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス上に存在する全てのビジネスデータを、一元的に取得・統合・活用・分析するSaaS型マーケティングソリューションです。

「統合」:プライベートDMP / DWHほか、「活用」:MA / CCCM / レコメンド / WEB接客ほか、「分析」:アナリティクス / BIほかをはじめとして、あらゆる機能をオールインワンで搭載しています。

 2018年には、業界初のコアテクノロジーを実装した「b→dash Prime Update」と、中小企業やベンチャー企業でも利用可能な価格帯プランの「b→dash lite」を発表いたしました。

 今後、データ統合基盤や処理エンジンの開発強化に加え、「b→dash」に蓄積された膨大なマーケティングデータに機械学習をはじめとする人工知能技術を活用することで、マーケティングテクノロジー領域における新たなソリューションを開発予定です。「b→dash」は企業のマーケティング・ビジネス改革はもちろん、データを活用した労働生産性の向上に寄与して参ります。

 なお、2019年1月より、お笑いコンビ「おぎやはぎ」と、格闘家・タレント「ボブ・サップ」をブランドキャラクターとして起用し、Webや都内交通機関を中心にCM放映を開始しております。

●おぎやはぎ×ボブ・サップ出演CMの詳細はこちら
https://bdash-marketing.com/special/

●「b→dash Lite」の詳細はこちら
https://bdash-marketing.com/lite

 ●「b→dash」の詳細はこちら
https://bdash-marketing.com/

 
【株式会社フロムスクラッチについて】
 フロムスクラッチは、ビッグデータ×人工知能を主軸に事業を展開するデータテクノロジーカンパニーです。現在は、マーケティングテクノロジー領域におけるソリューションである「b→dash」の開発・提供を中心に事業を展開しています。今後は強みである、データ統合技術、データ高速処理技術、人工知能技術を競争力の源泉とし、さまざまな産業領域とエリアでの事業展開を予定しています。

 2017年には産業革新機構、Rakuten Ventures Japan fund等を対象に、総額約32億円の第三者割当増資を実施しました。これにより、「b→dash」をリリースした2014年10月以降の累計調達総額は約45億円となりました。

 
【フロムスクラッチ 会社概要】
・会社名:株式会社フロムスクラッチ
・代表者:代表取締役 安部 泰洋
・所在地:東京都新宿区西新宿7丁目20番1号住友不動産西新宿ビル17階
・設立:2010年4月
・事業内容
-    データマーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発、ならびに導入支援
-    人工知能を用いたデータソリューション開発
-    データテクノロジー領域の基礎研究・開発
・URL:https://f-scratch.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フロムスクラッチ >
  3. データマーケティングプラットフォーム「b→dash」と、パブリックDMPシェアNo.1のインティメート・マージャーが連携