ロボアドバイザー「WealthNavi」がオンライン家計簿サービス「Zaim」と連携開始

~「Zaim」で「WealthNavi」の資産を確認できるようになりました~

 預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザー(※)「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供する、ウェルスナビ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:柴山和久、以下「当社」)は、2018年10月25日より、株式会社Zaim(本社:東京都渋谷区、代表取締役:閑歳孝子)が提供するオンライン家計簿サービス「Zaim」との連携を開始しました。

 多くのお客様からご要望をいただいていた今回の連携は、当社の参照系APIを「Zaim」に提供することで、より安定した接続環境での情報連携を実現します。お客様は「WealthNavi」の資産の状況を、ほかの金融資産の状況と合わせて「Zaim」で、確認・管理することが可能となりました。
 

 


 「WealthNavi」は、2016年7月の正式リリースから約2年2カ月となる8月23日時点で、預かり資産1000億円、申込件数13万口座に達しています。

 今回の連携は、お客様の利便性を向上させる取り組みの一つです。今後も、お客様のご要望にお応えできるようなサービスの開発・改善、提携パートナーとの取り組みの深化を通じ、働く世代の資産形成をサポートしてまいります。

※ 出典:一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(平成30年3月末現在)」よりモーニングスター社調べ(平成30年8月時点)

■ WealthNaviの主な特長
1.すべておまかせの資産運用
ノーベル賞を受賞した理論などに基づいた世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムや、最先端の機能で、高度な知識や手間なしに、自動で国際分散投資を行います。

2.中長期的に安定的に資産を形成していきたい働く世代へのサービス
ロボアドバイザーが最適ポートフォリオを作成、個人投資家が陥る心理的な壁に邪魔されることなく適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

3.高い機能で効果的・効率的な資産運用をサポート
中核となる技術について特許を取得している「リバランス機能付き自動積立」や「自動税金最適化(DeTAX)」機能が、お客様の効率的・効果的な資産運用をサポートします。
※自動税金最適化(DeTAX)の適用には条件があり、必ず税負担を繰り延べることを保証するものではありません

4.明瞭な手数料、資産運用アルゴリズムもホワイトペーパーで公開
手数料は預かり資産の評価額に対し1%(年率、消費税別※)のみ。また、資産運用アルゴリズムをホワイトぺーパーで公開しており、ホームページ上でどなたでもご覧いただけます。
※預かり資産が3,000万円を超える部分は0.5%(年率、消費税別)の割引手数料を適用

■ 会社概要 株式会社Zaim
会社名               株式会社 Zaim (英語名:Zaim Inc.)
代表者               代表取締役 閑歳孝子
設立                  2012年9月
所在地               東京都渋谷区神泉町 9−5 フジタインゼックスビル5F
URL                  https://zaim.co.jp/
事業内容    家計簿サービス Zaim の企画・開発・運営、
        インターネットを利用した各種情報提供サービス

■ 会社概要 ウェルスナビ株式会社
会社名               ウェルスナビ株式会社(英語名:WealthNavi Inc.)
代表者               代表取締役CEO 柴山和久
設立                  2015年4月28日
所在地               東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル12F
資本金               47億3,418万円(資本剰余金を含む)
URL                 https://www.wealthnavi.com/
事業内容            金融商品取引業
        関東財務局長(金商)第2884号
加入協会      日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会               
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウェルスナビ株式会社 >
  3. ロボアドバイザー「WealthNavi」がオンライン家計簿サービス「Zaim」と連携開始