「HERALBONY」、10月20日よりジェイアール名古屋タカシマヤにポップアップストアを出店。作家・のりみち氏によるライブペインティングも10月24日に開催。

〜新プロダクトのアートブラウス・アートシルクスカーフ・アートコートが東海地区初登場〜

株式会社ヘラルボニー(以下、ヘラルボニー)が運営するアートライフブランド「HERALBONY」は、10月20日から10月26日までの1週間、愛知県名古屋市のジェイアール名古屋タカシマヤ1階南エスカレーター横特設会場にポップアップストアを期間限定で出店いたします。期間中、作家・のりみち氏(希望の園・三重県)の原画作品の展示・販売に加え、10月24日には同作家のライブペインティングを開催いたします。加えて、新商品であるアートブラウスとアートシルクスカーフが東海地区で初登場となります。当ポップアップストアの開催を通じて、地域で異彩を放つ知的障害のある作家との特別な出会いと、アートの魅力を東海地区に広く発信してまいります。

 

 

 

■背景

株式会社ヘラルボニーは、昨年9月に自社初となるアートライフブランド「HERALBONY」のポップアップストアを愛知県名古屋市にある三井ショッピングパークRAYARD Hisaya-odori Parkに出店しました。以来、愛知県を拠点として、アートプロダクトを通じて新しい価値を発信するブランドとして東海地区への魅力発信に注力してまいりました。このたび、多くの来店客の目に触れる1階フロアにて、7日間限定のポップアップを開催いたします。

■ポップアップストア概要
《店舗名》ジェイアール名古屋タカシマヤ 1階南エスカレーター横特設会場
【住所】〒450-6001 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-4
【営業時間】10:00〜20:00 
【営業開始日】2021年10月20日
※最新の営業時間は店舗ホームページをご確認ください。
https://www.jr-takashimaya.co.jp/

■のりみち氏ライブペインティングについて
【日時】10月24日 14:00〜16:00 ※時間が変更になる場合がございます。
【場所】ジェイアール名古屋タカシマヤ 1階 南エスカレーター横特設会場内 ※混雑状況に応じて変更する可能性がございます。
※当イベントは、新型コロナウイルスの感染状況および作家の体調等に応じて中止となる可能性がございます。予めご了承ください。

作家コメント
「絵を描きに行く!タカシマヤに行く!」

■参画アーティスト・作品紹介


作家:のりみち 氏
在籍:NPO法人 希望の園(三重県松阪市)
1991年生まれ。松阪市在住。重度発達障害。NPO法人希望の園在籍。主にクレヨンを使い、アクリルやニードルを加えて制作している。制作中は画面から目を離し、般若心境や独り言を言いながらクレヨンを動かしていることも多々ある。何かを描こうとして制作するのではなく、妄想の傍らの出来事として作品ができているようだ。

「HERALBONY」はこれからも岩手発のアートライフブランドとして、リアル店舗を起点とした障害のある作家や作品の魅力発信を推進してまいります。

 


作品名:「カーテン」
画材:ボード,オイルパステル
サイズ:F30(727㎜×910㎜)
制作年:2013

■東海地区初登場新プロダクト
 


販売商品:ART BLOUSE -BOWTIE-
販売価格:30,800円(税込)
サイズ:フリー
※数量限定予約販売商品です。お届けは11月中を予定しております。
 


販売商品:ART BLOUSE -SHIRT-
販売価格:28,600円(税込)
サイズ:フリー
※数量限定予約販売商品です。お届けは11月中を予定しております。

キナリ(岸田奈美)× HERALBONYのART BLOUSEが新登場。
るんびにい美術館に在籍するアーティスト、佐々木早苗氏・工藤みどり氏が描いたアート作品をデザインとして「異彩を纏う、アートブラウス」が完成しました。「HERALBONY」初のオリジナル・アパレルウェアとなっています。

袖口にふわりと溜まる、ボリューム感のある袖が印象的。胸元を彩るボウタイは、ほどいた状態でも綺麗に着ていただけます。さらに、生地にはなめらかなサテンを使用することで、さらりとした快適な着心地に仕上げました。身体のラインが美しく見えるデザインやお手入れしやすさなど、細部にまで岸田さんのこだわりが散りばめられています。

制作秘話はこちら
 


販売商品:ART SILK SCARF
販売価格:22,000円(税込)

ヘラルボニーの契約作家の高橋南氏、佐々木早苗氏、工藤みどり氏のアートをデザインに落とし込んだシルクスカーフです。

 

販売商品:ART COAT/KAPOK KNOT
販売価格:68,200円(税込)
サイズ:S /M/L
カラー:ベージュ(裏地:小林覚「数字」)、グレー(裏地:土屋康一「葉っぱ」)
商品概要:「サステナビリティ」をアップデートするダウンコート

ー KAPOK JAPAN (カポックジャパン) ー
木に実るダウン「カポック」 。たった5mmの厚さてダウンに匹敵する暖かさがあります。軽さの秘密でもある繊維の空洞で、カポックの空気の層が、どんな時にも優しくあなたを包み込みます。原料の綿は木の実から収穫するため、動物の毛皮や羽毛を使うことも、木を伐採する必要もありません。今回、このカポックコートとヘラルボニー契約作家である小林覚氏と土屋康一氏のアートかコラボした全2柄を数量限定て受注販売いたします。
https://kapok-knot.com/
 


【アートライフブランド「HERALBONY」定番商品】
HERALBONYの定番プロダクトを、アート起用作家全16名が見える商品展示で販売し、作家一人一人の個性や魅力を発信しております。

以上

株式会社ヘラルボニー概要】
「異彩を、 放て。」をミッションに、 福祉を起点に新たな文化を創ることを目指す福祉実験ユニット。日本全国の障害のある作家とアートライセンス契約を結び、2,000点以上のアートデータを軸に作品をプロダクト化するアートライフブランド「HERALBONY」、建設現場の仮囲いに作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開。

会社名:株式会社ヘラルボニー / HERALBONY Co.,Ltd.
所在地:岩手県盛岡市開運橋通2-38
代表者:代表取締役社長 松田 崇弥、代表取締役副社長 松田 文登
公式サイト:
https://www.heralbony.jp
https://www.heralbony.com


【アートライフブランド「HERALBONY」概要】
 


ブランド名「HERALBONY(ヘラルボニー)」という聞き覚えのないその単語は、知的障害がある両代表の兄・松⽥翔太が7歳の頃に⾃由帳に記した謎の⾔葉。そのため「ヘラルボニー」には「⼀⾒意味がないと思われるものをの世の中に新しい価値として創出したい」という意味を込めている。障害のある作家のアートデータを活用し、ハイブランドのアパレル用品(スカーフ・バッグ・ネクタイ等)をプロデュース。日本各地で展開するリアル店舗と越境ECにて販路を拡張している。全日本仮囲いアートミュージアム事業で掲出したアート素材をアップサイクルするサスティナブル商品も手掛ける。
ECサイト:
https://heralbony.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヘラルボニー >
  3. 「HERALBONY」、10月20日よりジェイアール名古屋タカシマヤにポップアップストアを出店。作家・のりみち氏によるライブペインティングも10月24日に開催。