「RICOH THETAプラグインストア」に新たな公式プラグイン「HDRI」を公開

株式会社リコーは、360°カメラ「RICOH THETA」の新たな拡張機能として、カメラで撮影するだけで、CG画像を作成する際に簡単に環境光を再現する画像データを生成できる「HDRI」プラグインを新たにラインアップし、プラグインストア(https://pluginstore.theta360.com/) に公開しましたのでお知らせいたします。
 



「HDRI」プラグインは、プラグインによる拡張機能に対応するRICOH THETAシリーズにインストールすることでご利用いただけます。リコー公式プラグインストア公開のプラグインとしては17個目のプラグインとなります。ユーザーはプラグインストアからお好みのプラグインをインストールすることで、RICOH THETA をより使いやすくカスタマイズすることができます。

■プラグイン名:HDRI

概  要:
本プラグインはRICOH THETA内で高ダイナミックレンジ画像(EXR)を生成します。 
通常、高ダイナミックレンジ画像(EXR)を生成するには、カメラで撮影した後、PCで画像編集し、EXRデータを生成するという手間がかかるものでした。HDRIプラグインでは1回シャッターを切っただけで、撮影から画像編集まで、RICOH THETA単体で行うことができます。生成された高ダイナミックレンジ画像は幅広い輝度差の情報を持っているので、CGやレンダリング作成時の環境光として活用すると、まるでその空間にいるかのような光の陰影を再現することができます。 

対応機種:RICOH THETA Z1

※記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。

関連するサイト
THETAのプラグインページ: https://www.thetalab.ricoh/plugin/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リコー >
  3. 「RICOH THETAプラグインストア」に新たな公式プラグイン「HDRI」を公開