列車制御および管理システム市場ー(電気式複数ユニット、大都市圏および高速鉄道、ディーゼル式複数ユニット)グローバルシナリオ、市場規模、見通し、傾向および予測、2015ー2024年

Kenneth Researchは、列車制御および管理システム市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年7月 11日 に発刊しました。これは、列車制御および管理システム市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。
列車制御システムは、高速列車、ディーゼル複数ユニット、電気複数ユニットで使用され、スタッフ、乗客、資産に安全とセキュリティを提供します。TCMSシステムは、高速列車やメトロの効率的な運行を提供し、タイムリーで正確な情報をユーザーに提供し、サービスの中断時にオペレーターを支援します。これらのシステムはまた、列車の速度を向上させ、短い旅行時間で一貫性を改善し、旅客交通の快適性を高めます。世界中の政府は、既存の交通インフラの高度化に継続的に注力しています。これは、列車制御および管理システムの市場動向の増加を示しています。

グローバル列車制御および管理システム(TCMS)市場は、2016年から2024年までのCAGRが7.6%で、2024年までに40億米ドルに達すると予測されています。安全で快適な交通ソリューションへの需要の高まり、急速な都市化、およびエネルギー効率の高い鉄道システムへの需要の高まりは、グローバルな列車制御および管理システムの主要な推進力です。しかし、燃料価格の変動と列車制御システムに関連するリスクは、今後数年間の市場の成長を妨げます。高速メトロに対する世界的な需要の高まりは、今後数年間で市場にいくつかの成長機会を提供します。

主要企業
列車制御および管理システム市場における業界のリーダーはBombardier Inc., Mitsubishi Electric Corporation, Alstom SA, Toshiba Corporation, Hitachi Ltd., EKE-Electronics, Siemens AG, Strukton Railおよび Thales Groupなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。
 


グローバルな列車制御および管理システムは、列車のタイプ、コンポーネント、および列車制御ソリューションによって分割されています。列車の種類別では、市場はさらに地下鉄と高速列車、ディーゼル複数ユニット、および電気複数ユニットにサブセグメント化されています。コンポーネントによって、市場はモジュラー入力/出力デバイス、コンピューター制御ユニット、モバイル通信ゲートウェイ、ヒューマンマシンインターフェイスに区分されています。列車制御ソリューションによって、市場は統合された列車制御、積極的な列車制御、および通信ベースの列車制御に分類されます。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325572

 市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。

列車制御および管理システム市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

 メトロと高速鉄道予測期間中に最も急速な成長見込み

メトロと高速列車の市場は、予測期間中に、価値の面で最高のCAGRで成長すると予測されています。高速鉄道ネットワークを強化し、英国、フランス、インド、中国、韓国などの国々で輸送ギャップを埋めるための政府の取り組みの増加は、TCMS市場の地下鉄および高速鉄道セグメントを牽引すると予想されます。

 Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.kennethresearch.com/report-details/train-control-and-management-systems-market/10325572
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 列車制御および管理システム市場ー(電気式複数ユニット、大都市圏および高速鉄道、ディーゼル式複数ユニット)グローバルシナリオ、市場規模、見通し、傾向および予測、2015ー2024年