「がんに関するコミュニケーション実態調査」を実施

~ メディリードxキャンサーペアレンツ共同調査 Part 3~

株式会社メディリード(本社:東京都新宿区 代表取締役 亀井 晋)とこどもを持つがん患者のピア(仲間)サポートサービス「キャンサーペアレンツ」(代表 西口 洋平 URL:http://cancer-parents.com/index.php)は、がん患者支援のきっかけを探るべく、共同でがん患者のコミュニケーション実態調査を実施。第1回の「男性と女性の状況差」、第2回の「お子さんに自身のがんを伝えること」に続き、第3回となる今回は「がん患者の時間の使い方」に焦点を当て分析しました。
メディリードとキャンサーペアレンツは「がんになっても生きていきやすい社会の実現」に向けて、働き盛り世代、子育て世代のがん患者の方々の声を集めて、世の中へ発信していきたいと考えています。今後もさまざまなテーマで調査・研究を進めていきます。

共同調査テーマ「がんに関するコミュニケーション実態調査」Part 3 がん患者の時間の使い方

キャンサーペアレンツ会員を対象に、「がんに関するコミュニケーション実態に関する調査」を実施し、全国47都道府県に在住する30~60代の男女155人の回答を得ました。
詳細はこちら ⇒ http://www.medi-l.com/wp-content/uploads/2018/01/report20180116.pdf

◆調査結果(レポートより一部抜粋)
● 現在の就業状況をみると、ステージに限らず全体的に「フルタイム勤務」者が最も多い。2016年11月調査時と比較すると、特に現在ステージⅣの方においてフルタイム勤務者の割合が高い結果となった。<図1>

図1_現在の就業状況図1_現在の就業状況


● がんになる前と現在を比較したそれぞれの行動にかける時間の変化をみると、治療やSNSの時間が増加。一方、仕事にかける時間が減少し、約4人に1人ががんになって仕事を辞めている。<図2>

図2_それぞれの行動にかける時間の変化図2_それぞれの行動にかける時間の変化


● かける時間が変わったことのうち、大きく変わった(変えた)と思うものでは、治療関係が最多。次いで、仕事が約41%、SNSが約34%と続く。<図3>

図3_かける時間が大きく変わった(変えた)と思うもの図3_かける時間が大きく変わった(変えた)と思うもの


●  がんになる前と現在を比較して、SNSの閲覧やSNS上でのコミュニケーションを新たに始めた・増えたと回答した割合は全体で60%と半数以上を占める。性別でみると男性よりも女性が多い。また、子どもがいる方の末子の年齢別では末子が13歳以上、現在のステージ別ではステージⅣの方に、SNSの利用が増えた割合が高い。<図4>

図4_SNSの閲覧・SNS上のコミュニケーションについて図4_SNSの閲覧・SNS上のコミュニケーションについて

 

【今回の調査結果を受けて思うこと】
 がんは遺伝子の老化と言える病気ですから、年齢とともにリスクは上昇しますから、晩婚・晩産化が進めば、子育て世代にがん患者が増えることになります。

 私の師匠である養老孟司先生はかねてから、日本人は「死なないつもりで生きている」と指摘されています。たしかに、急激に平均寿命は延び、自宅で亡くなる人がほとんどで、『老後はずっと続く』と思っている人が多いように思います。その点、がんの患者さんだけが宇宙の時間から見ればほんのわずかな人生という時間をどう生きるか、真剣に考えているのだと想います。

 今回の調査でも、子育て世代のがん患者さんがどんな想いで生きているのかが垣間見えます。彼らこそが、もっとも人生を大切に生きているのではないかと感じました。

東大病院 放射線治療部門長 中川恵一

 

◆調査内容
・ 属性設問(性別・年代・居住地)
・ 現在かかっているがんの種類
・ 現在の状況(ステージ、治療状況、就業状況)
・ 告知を受けた時のステージ/年齢
・ 子ども(性別、年齢)
・ 日常的に行っていること
・  かける時間の変化
・ かける時間が大きく変化したこと
・ かける時間が変化した理由
・ 変化したことについてどう感じているか、その理由
・ 行動に対する重要度の変化
・ ひとりでいる時間/誰かと過ごす時間の変化、今後の希望
・ 今後、時間を増やしたい・新しくやってみたいこと、その理由
・ 実現できるか、その理由今かけている時間を減らしてもよいと思うこと

◆調査概要
調査手法:インターネットリサーチ
調査地域:キャンサーペアレンツ会員が在住する47都道府県
調査対象:キャンサーペアレンツ会員30~60代の男女
調査期間:2017年9月
有効回答数:155サンプル  ※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

 

【サイト概要】
サイト名:キャンサーペアレンツ ~こどもをもつがん患者でつながろう~
運営代表者:西口 洋平
開設:2016年4月
URL:http://cancer-parents.com/index.php

【会社概要】
商号:株式会社メディリード
代表者:代表取締役 亀井 晋
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20番2号
設  立:2015年4月1日
主な事業:医療関連領域の調査業務
URL:http://www.medi-l.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クロス・マーケティング >
  3. 「がんに関するコミュニケーション実態調査」を実施