LanScope Cat × ServiceNowでニューノーマルに備える。パソコンのリモートヘルプデスク業務を無償でサポートします。

エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、ServiceNowと連携しリモートヘルプデスク業務を支援する“LanScope Cat Remote App for ServiceNow”の無償提供を開始します。

新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の感染拡大は、多くの企業・組織においてビジネスの転換期となり、ニューノーマルを見据えた働き方改革は今後の経営課題の一つと言えます。テレワーク(在宅勤務など)が推進される一方で、システムトラブルや持ち出しPCの故障などのITサポートはリモートでの対応が必須な為、情シス部門にとって新たな課題となっています。

この様な背景から、MOTEXはServiceNowと連携し、システムトラブルの対応の際に、ユーザーがデスクトップ画面を管理者に共有し、キーボード操作やマウス操作を管理者に委ねることで、遠隔からでもスムーズなサポートを実現できる「LanScope Cat Remote App for ServiceNow」の無償提供を開始します。

「LanScope Cat Remote App for ServiceNow」は、テレワークを実施している企業・組織の中でニーズが高まるリモートヘルプデスク業務を支援します。 LanScope Catのリモートコントロール機能とServiceNowのワークフロー機能を連携することで、ユーザー問い合わせのフロー効率化が可能です。

MOTEXは今後もLanScopeとServiceNowとの更なる機能連携を推進する事で、お客様への新たな価値を創造し企業の働き方改革・デジタル化を支援します。

■ServiceNow Store 「LanScope Cat Remote App for ServiceNow」
[▶] https://store.servicenow.com/sn_appstore_store.do#!/store/application/28eaa231db88141084d2178b68961914
※ServiceNowユーザー様に限ります。
※最大10ライセンス(同時接続数)までご利用可能です。
※お申込み期間は6月末まで、ご利用可能期間は9月末までです。
(お申込み期間及びご利用可能期間は、変更になる場合があります)

〇ユーザー:
3STEPでリモートヘルプを開始
「LanScope Cat Remote App for ServiceNow」を活用することで、テレワーク社員(クライアント側)は、ServiceNowのユーザーコンソールからリモートヘルプのワークフロー申請が可能になります。


〇情シス部門:依頼内容の集中管理
情シス部門(デスク側)は、ServiceNowの管理コンソールからヘルプデスク依頼を確認することができるため、一括管理が可能になります。


この度の機能連携に関して、 ServiceNow Japan合同会社 執行役員社長 村瀬 将思 様より以下のコメントをいただいています。

ServiceNow Japanは、この度のLanScope Cat Remote App for ServiceNowのリリースを歓迎します。
ServiceNowはGlobalにて新型コロナウイルスに対する初動対応のアプリを無償で提供しておりますが、
今回のMOTEX様の取り組みは、弊社の活動にご賛同して頂いたもので、大変ありがたいと考えています。
LanScope Cat Remote App for ServiceNowによって、長期化するテレワークを支援することは、今後広がる新しい働き方を実践する上で、とても重要な意味を持っていると思います。
ServiceNowは、今後弊社とMOTEX様の製品連携ソリューションを積極的にお客様にご紹介して参ります。
ServiceNow Japan合同会社 執行役員社長 村瀬 将思

■ServiceNowについて
ServiceNow(NYSE:NOW)は、人にしか出来ない、付加価値の高い新しい仕事を創造します。当社のクラウド型プラットフォームとソリューションは、従業員と企業双方に優れたエクスペリエンスを生み出し、生産性を高めるデジタルワークフローを提供します。
[▶] ServiceNowサイト:https://www.servicenow.co.jp/

■「LanScope Cat」について
「LanScope Cat」は、IT資産管理・内部情報漏えい対策の分野で15年連続シェアNo.1※1を誇る「統合型エンドポイントマネジメント」ツールです。
エンドポイントにおいて、外部脅威対策・内部不正対策・IT資産管理をカバーし、ログ運用を中心とした統合管理が可能です。
※1:富士キメラ総研「2005~2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」の「IT資産管理ツール」分野(2018年度)
[▶] LanScope Cat製品サイト:https://www.lanscope.jp/cat/

■エムオーテックス株式会社とは
MOTEXは、「Secure Productivity」をビジョンとして掲げ、組織のIT活用における安全と生産性の両立を追求するソフトウェアメーカーです。
サイバー攻撃、内部不正のリスクから組織を守り、IT活用による組織の生産性を高めるプロダクト、サービスの企画・開発・販売からサポートまで一貫して提供します。
[▶] MOTEXコーポレートサイト:https://www.motex.co.jp/

社名: エムオーテックス株式会社
所在地: 〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代表: 代表取締役社長 河之口達也
事業内容: 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資本金: 2,000万円
URL: https://www.motex.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MOTEX >
  3. LanScope Cat × ServiceNowでニューノーマルに備える。パソコンのリモートヘルプデスク業務を無償でサポートします。