【コロナ禍でのおせちに関する調査】通販での購入、少人数で楽しむ方が増加

リンベル株式会社(以下リンベル、本社:東京都中央区、代表取締役社長:東海林 秀典)は、コロナ禍でのおせちについて、全国のリンベルメルマガ会員の中から約2400名を対象にインターネット調査を行いました。調査結果は以下の通りです。
主な調査結果
68.3%の方が2022年のおせちをなにかしらの形で用意すると回答。
おせちの購入先の中では、ネット通販で購入予定の方が16.7%と1番多い結果となりました。2020年、2021年から比率を伸ばしており、コロナ禍で外出を控え、店頭ではなくネットで検討・購入する方が増えていることが分かりました。

◆おせちのジャンルは和、和洋折衷が手堅い人気となっています。

◆購入するおせちの価格は1万円~2万円がボリュームゾーンで、コロナ前後での大きな変化は見られませんでした。

◆おせちを一緒に食べる相手は同居している家族が増加、同居していない家族・親戚が減少しています。
コロナ禍で帰省を控える方も多く、同居している家族のみで食べる方が増えたようです。

◆おせちを食べる人数は来年(2022年)、今年(2021年)ともに1人~4人の少人数が約75%を占めています。
コロナ前の2020年と比較すると、大人数で集まっておせちを食べる人が減っていることが分かりました。

◆好きなおせちの具は定番の黒豆が1位。伝統的なおせちメニューが並ぶ中、2位にローストビーフ、鴨肉などの肉類がランクイン。近年のおせちでよく目にするローストビーフが定番化してきており、人気が高いようです。


リンベルのECサイトでは9月1日より順次2022年のおせちの予約受付を開始します。

 

詳しくは以下をご覧ください。
リンベルのおせち2022(https://www.ringbell.co.jp/gourmet/osechi/

 


調査概要
対象 : リンベルメルマガ会員
有効回答数 : 2,465名(内訳:女性 1,361名、男性 1,104名
20代:96名、30代:375名、40代:555名、50代:698名、60代以上:741名)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年8月17日(火)~8月23日(月)

調査結果詳細  ※各設問、2022年については予定を伺っています。

Q1.お正月におせちは用意しましたか?


Q2.Q1で「購入した」とお答えの方にお尋ねします。購入したのはどんなおせちですか?(複数回答)


Q3.Q1で「購入した」とお答えの方にお尋ねします。
ご予算はどのくらいのものを購入しましたか?(複数回答)


Q4.Q1で「用意しなかった」と答えた方以外にお尋ねします。おせちは誰と一緒に召し上がりましたか?


Q5.Q1で「用意しなかった」と答えた方以外にお尋ねします。一緒におせちを召し上がったのは何人くらいですか?


Q6.好きなおせちの具はなんですか?(複数回答)


■会社概要
商号 : リンベル株式会社
代表者 : 東海林 秀典
本社所在地 : 東京都中央区日本橋3丁目13番6号
設立年月日 : 1987年7月3日
資本金 : 608,935,000円(資本準備金含む)
事業内容 : ギフトの企画・販売、卸売業
ECサイト : https://www.ringbell.co.jp/


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リンベル株式会社 >
  3. 【コロナ禍でのおせちに関する調査】通販での購入、少人数で楽しむ方が増加