3.11を機に3割近くの生産者が新しい取り組みに挑戦。震災の影響を受けた生産者のインタビュー動画も公開。

国内産直ECサイトNo.1(※1)の「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:秋元 ⾥奈)は、登録している生産者向けに東日本大震災についてのアンケート調査を実施しました。また、特設ページ(https://www.tabechoku.com/slp/decade-after-311)にアンケート調査の結果と、震災に関わった生産者のインタビュー動画を公開しています。

アンケート調査の結果、東日本大震災の影響を受けた全国の生産者さんの割合は4割以上であることがわかりました。自然と隣り合わせの産業のため多くの被害を受ける一方で、震災を機に防災対策を強めたり、新商品開発や販路拡大に向けて新たに動き出したりと、新しい取り組みをする生産者は3割近くもいました。
また、これからの一次産業の10年を考え、生産者から募った「一次産業のあるべき姿」と「新規就農、就漁者へのメッセージ」をまとめました。

また、3月8日(月)と10日(水)に全国の生産者と消費者が集い、今後のための災害対策や生産者のこだわりについて語り合う特別イベントを開催します。ぜひご参加ください。
(※1)12社の産直ECサイト(生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型のECサイト)の中で、「お客様認知度」「お客様利用率」「お客様利用意向」「Webアクセス数」「SNSフォロワー数」「生産者認知度」の6つでNo.1を獲得
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000025043.html

 

 

  • 生産者向けに行った実態調査について
■調査背景
東日本大震災によって、自然と常に隣り合わせの一次産業は多くの被害を受けました。長きにわたり風評被害で悩んでいる生産者の方や、廃業を余儀なくされた方も少なくありません。一方こうした厳しい状況の中でも、未来へ向かう動きがあります。東日本大震災をきっかけに自然と共存する仕事をしたいと考え、新しく農家や漁師になった方や、施設が大きく損壊しても前を向き一次産業の重要性を伝え続けている方がいます。「食べチョク」はこの10年間を必死に戦った生産者の実態を伝えたいと考え、アンケート調査を実施しました。

■調査サマリー

○東日本大震災で何かしらの影響を受けた全国の生産者の割合は4割以上。販売面で影響を受けた生産者が5割近くと最も多い。
東日本大震災の影響を受けたと回答した全国の生産者は43.0%でした。また最も影響を受けたのは販売面(風評被害による出荷制限や卸先からのキャンセル)の47.8%であることがわかりました。

 

○震災後は、防災対策を強めたり、生産物を見直したりする生産者が多い。地域・生産者同士・消費者との繋がりも強まっている。
東日本大震災の発生前と比較して、良い意味で変わったことは「防災対策を強めたこと」が35.3%と最も多いことがわかりました。次いで非常事態の影響を最小限に抑えるために「生産物の種類を増やしたり変えたりした」と答えた生産者が34.8%でした。また、地域(近所)の横の繋がりや生産者同士の繋がり、消費者との関係といった多方面での繋がりが強まったと答えた生産者も多いこともわかりました。

 

○震災後に新しい取り組みを始めた生産者は3割近く。
未来の農業について地域の仲間と語る機会を増やしたり、非常事態に受ける影響を最小限にするために新商品開発や販路拡大にチャレンジしたりする方がいました。また震災を機に、自然と共生する仕事をしたいと農家になる決意を固めた生産者も複数いることがわかりました。

※新たに行った取り組み事例
・悔いのない人生をおくるために、自然と共生できる農家になる決意を固めた
・地域の農業者仲間と未来の農業を考えるようになった
・ピンチをチャンスと捉え、加工品や販路の拡大。そして栽培面積の拡大を行なった。
・自分の命を守るために海に出るときは常にラジオをつけるようにしている。
・生産した生花を被災地に無償で送った
消費者との継続的な関係性を築くために、オンライン産直サイトを使い始めた。
・一次産業に興味を持ち、地方に移住した。

■生産者から募ったメッセージ(一部抜粋)
○10年後の一次産業に重要だと思うこと。あるべき姿。

適正価格での取引、相場に左右されない経営。
・消費者との距離を近づけ、様々な角度からお客様に喜んでもらえることを提案していくこと。
生産だけではなく流通面も考えられるような、生産者ではなく経営者が増えること。
・思い出すことが大切。震災について自分なりに知っていくこと。
全国の生産者と情報を共有していくことが大切。
・生産者も消費者も、消費するばかりでなく、循環する方法を考えていくべき。
・自然と繋がりが深い業界のため、震災や災害などの影響を受けやすい。でも、その中でしっかりと利益を出して農業に従事したいと考える人を1人でも増やしたい
離れた地域(大きな被害を受けた地域とそうではない地域)との連携。
自ら情報発信して販売し、利益を上げる為に農業経営に取り組んで行く必要がある。
・持続可能な地域を作るために農業の多面性を重んじ、何ができるかを考え実践すること。
・常に応援してくださる消費者との関係強化に取り組む必要がある。農村と都市部を強く結ぶことで非常事態に影響を受けない農業や地域の活性化を目指す必要性を感じます。

○これからの新規就農者、新規就漁者へのメッセージ。

・物流・販売システムともに、ここ10年で大きく様変わりしています。ITや情報発信力に強い若手就農者はいくらでもやり方の改革や販路を拡げられる可能性があると思います。
・農業はお天気仕事でもあり、気候変動の影響を受けやすいですが、豊かな農地をつくることは日本の風景を守ることでもあると考えます。皆で情報を共有しやすくなった時代だからこそお互いに励まし合いながら頑張りましょう。
・食べること、それは一生続くので1次産業は無くてはならないもの。安心安全な食材を皆さんに提供することを、一緒にやっていきましょう!
・食べ物を作り出す職業は素晴らしい。1人でも多くの方々に就農してもらいたいです。
・世間体を気にせず、自分の好きなことをやってほしいと思っています
・食は命の基本です。農業・漁業には若い力が不可欠です。
環境変化に対応する柔軟な発想と実行力を身につけてください。
・私もまだまだ初心者なので、情報を共有して頑張りましょう!
・いつでも相談に乗ります。

■調査概要
調査対象:食べチョクに登録している全国の生産者
調査期間:2021年2月27日〜3月3日
調査方法:インターネットによる任意回答
回答人数:328人
 
  • 東日本大震災に関わった生産者のインタビュー動画を公開
■大和田牡蠣養殖所 (岩手県 陸前高田市)
「世代交代だけじゃなくて新しい人が入ってきやすい環境を作っていきたい」
岩手県の陸前高田市で被災したあと、お父様の意思を継ぎ、漁業を立て直し、更に新たな品種育成へ挑む牡蠣の生産者の動画インタビュー

 

■クイーンズオーストリッチつくば(茨城県 筑西市)
「ダチョウは美味しいだけでなく世界を救う食材だと思っている」
東日本大震災時に現地に駆けつけボランティアをしたことを機に、広告系の会社を退職し、ダチョウ肉の生産を行うことを決意した生産者の動画インタビュー

 

  • 東北の美味しい食材や災害対策について考える特別イベントを実施​

■東北の美味しい食材について語ろう
この10年新しい挑戦を続ける生産者さんをゲストに迎え、食材のこだわりや生産者さんの想いを語っていただきます。視聴者の方はリアルタイムで生産者さんに質問できます。

実施日時: 2021年3月10日(水)20:00〜21:00
実施方法:「食べチョク」公式YouTubeによるライブ配信
URL:https://youtu.be/Ktl440PVngA
参加方法: 上記URLにアクセス
参加費: 無料

■全国の生産者と災害対策について考えよう
自然災害の影響を受けやすい一次産業。東北の生産者をメインスピーカーとしてお招きして、自然災害への備えや東日本大震災当時の状況について情報交換を実施します。視聴者の方はリアルタイムで感想を伝えたり質問ができたりします。(全国の生産者がスピーカーとして参加できます)

実施日時: 2021年3月8日(月)19:00〜20:30
実施方法:「食べチョク」公式YouTubeによるライブ配信
URL:https://youtu.be/YpvHFy-UCx8
参加方法: 上記URLにアクセス
参加費: 無料
 

  • 「東日本大震災から10年。一次産業のこれからの10年を考える」プロジェクトについて
■プロジェクト概要
「食べチョク」は東日本大震災から10年を迎える2021年に「一次産業のこれからの10年を考える」プロジェクトを始動しました。この10年間を必死に戦い、見事に復興を遂げた生産者のストーリーを伝えたいと考えています。

本プロジェクトでは、3月8日(月)と10日(水)に全国の生産者と消費者が集い、今後のための災害対策や生産者のこだわりについて語り合う特別イベントを開催する予定です。加えて特設ページを新規開設し、東北の食材特集、生産者の10年間のエピソード、生産者の動画インタビュー、生産者向けに行う震災に関するアンケート結果を公開しました。

本プロジェクトは、次世代に災害の教訓を語り継ぐことと、生産者の想いやエピソードを消費者が知って両者がつながり支え合っていくことを目的としています。この活動を通して、これからの10年はこれまでよりも「持続的な一次産業」かつ「生産者のこだわりが正当に評価される世界」に近づけていきたいと思っています。

■特設ページURL
https://www.tabechoku.com/slp/decade-after-311

■プロジェクトのコンテンツ
(1)東北の生産者のエピソードを公開
(2)東北の生産者の商品を集めた特集を公開
(3)東北の美味しい食材や災害対策について考える特別イベントを実施
(4)生産者の動画インタビューを公開(NEW)
(5)生産者向けに行う震災に関するアンケート結果を公開(NEW)


■特設ページ公開時のプレスリリース(2021年2月26日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000099.000025043.html
 
  • 食べチョクについて
■概要
「⾷べチョク」は、こだわり⽣産者から直接⾷材や花きを購⼊できるオンライン直売所です。12社の産直ECサイト(※)の中で認知度や利用率などの6つのNo.1を獲得しています。野菜・果物をはじめ、米・⾁・⿂・飲料といった⾷材全般と、花き類を取り扱っています。また好みに合う⽣産者を選んでくれる野菜定期便「⾷べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「⾷べチョクフルーツセレクト」があり、定期的なお取り寄せができるのが特徴です。また、友達と分けあえる「共同購⼊」の機能や販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、ライフスタイルに合わせた様々な買い⽅を提供しています。2021年2⽉には登録⽣産者数3,800軒を突破し、20,000品を超えるこだわりの逸品が出品されています。
・URL:https://www.tabechoku.com/
・iOS版アプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1517340079
・Android版アプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tabechoku.android
・公式Twitter:https://twitter.com/tabechoku
・公式Instagram:https://www.instagram.com/tabechoku/
(※)産直ECサイト:生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型のECサイト
 
  • ビビッドガーデンについて
代表者:代表取締役社長 秋元里奈
本社所在:東京都港区白金台2-16-8
設立日:2016年11月29日
事業内容:こだわり食材のマーケットプレイス「食べチョク」、法人向け仕入れサービス「食べチョクPro」の開発・運営
会社HP:https://vivid-garden.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)ビビッドガーデン/食べチョク >
  3. 3.11を機に3割近くの生産者が新しい取り組みに挑戦。震災の影響を受けた生産者のインタビュー動画も公開。