横浜市加賀町警察署の交通安全教室にLuupが参加し、電動キックボードの交通ルールや乗り方をレクチャー

電動キックボードの安全な走行のためのルール周知徹底に向けて

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、2021年12月12日(日)に横浜市中スポーツセンター(横浜市中区新山下3-15-4)にて開催された加賀町警察署主催の年末の交通事故防止運動の一環として開催された「交通安全教室」に参加し、電動キックボードの法規制、交通ルールや乗車方法についてのレクチャーを実施しました。

交通安全教室の様子交通安全教室の様子

  • 背景

Luupは、2021年10月21日(木)より、神奈川県横浜市みなとみらい21地区にて、電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」の提供を開始しました(※1)。サービス開始初日は神奈川県警の協力の元、安全な走行のための啓発イベント・安全講習会をドックヤードガーデン(神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2−1)にて開催し、神奈川県警による、初めてみなとみらいでLUUPを使う方へのお声がけやチラシ配布、Luupによる電動キックボードの私有地内試乗会を実施しました。

LUUPの電動キックボードは、横浜市内の西区・中区・神奈川区において新事業特例制度の認可を得ており、3区の中であればヘルメット着用が任意となるなど、実証実験として、一部の規制変更が適用されています。

今回、交通安全教室が開催された加賀町警察署は、中華街や横浜スタジアムなど、実証実験エリア内の主要観光スポットを管轄しています。そのようなエリアにお住まいの皆さまに電動キックボードの正しいルールを知っていただくことで、より安全・便利にLUUPをご利用いただけると考えています。

※1…参考プレスリリース「横浜初・電動キックボードシェアリングサービス「LUUP」の提供を開始」
https://luup.sc/news/2021-10-21-yokohama-minatomirai-start/
 

  • 交通安全教室の開催概要

交通安全教室とは、年末の交通事故防止運動に伴い、関係機関・団体等と連携し、地元住民に対して、参加体験形のキャンペーンを行うことにより、運動の周知及び地域住民等の交通安全意識の醸成を図り、交通事故を減少させることを目的として開催されるものです。

・内容:交通安全教室(年末の交通事故防止運動)
・日程:2021年12月12日(日)
・時間:10:30〜11:30
・場所:横浜市中スポーツセンター(横浜市中区新山下3-15-4)
・対象者:横浜市にお住まいの皆さま
 

  • Luupによる講習会内容

当日は、Luupの横浜エリアマネージャーが電動キックボードの現状・交通ルール・注意事項・乗り方などをお伝えしました。また、ご参加いただいた皆さまへ、電動キックボード交通ルールブックを配布しました。
 



【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと小型電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・取引先金融機関:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Luup >
  3. 横浜市加賀町警察署の交通安全教室にLuupが参加し、電動キックボードの交通ルールや乗り方をレクチャー