NTTドコモが提供するARCloudを活用したXRアプリ「XRシティ」へスターティアラボのAR及びアプリ開発技術を提供

〜2021年6月21日(月)より提供開始〜

スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、連結子会社でデジタルマーケティング事業を手掛けるスターティアラボ株式会社(本社:東京都新宿区、代表:北村健一)において、株式会社NTTドコモが提供する、XRアプリ「XRシティ™」の開発に際して、その主となるAR技術及びアプリ開発の技術提供を行ったことをお知らせします。尚、本アプリは2021年6月21日(月)から2021年8月8日(日)まで新宿駅周辺で開催される、まちづくりプロジェクト「XRシティ™ SHINJUKU」の第二期プロジェクトにて活用される予定です。

■「XRシティ™」とは
小田急百貨店や新宿中央公園をはじめとした新宿駅周辺に設ける6か所の体験スポットで、専用アプリ「XRシティ™」をダウンロードした体験者自身のスマートフォンをかざすと、スポットごとに「アート&空間らくがき」「キャラ」「謎解き」のXRコンテンツをそれぞれお楽しみいただけます。

「アート&空間らくがき」の体験スポットでは、デジタルアートの鑑賞や、現実空間にイラストを重ね合わせて描くことができます。それらは写真や動画の撮影や、各種SNSへの共有もできます。「キャラ」の体験スポットではドコモのキャラクター「ポインコ兄弟」など様々なキャラクターが3Dで出現し、タップに合わせてリアクションをします。また、アプリコンテンツの体験中に表示される広告・クーポン掲載店舗までキャラクターが道案内をします。「謎解き」は、AR技術を活用し、新宿の街中を舞台とした周遊型の謎解きをご体験いただけます。

なお、アプリは無料で、体験はどなたでも参加可能です。 イベントには、ご自身のスマートフォンで、期間内いつでも参加できます。そのため、接触や密を避けながら、エンタメ体験をすることが可能です。本施策は、昨年11月から開始しているXRによってデジタルと現実世界が融合した新しい感動やワクワクにあふれる未来の街の実現をめざす新宿の新たなまちづくりプロジェクト「XRシティ™ SHINJUKU」の一環として実施するものです。

「XRシティ™ SHINJUKU」公式ウェブサイト▼https://xr.docomo.ne.jp/xrcity02/
⇒XRアプリ「XRシティ™」のダウンロードは、開催期間中に公式ウェブサイトより行えます。
※XRとは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)といった先端技術の総称です。
※「XRシティ」は、株式会社NTT ドコモの商標です。

■アプリ体験イメージ

■AR Cloudとは
AR CloudとはAR(Augumented Reality : 拡張現実)技術を活用し、「空間を特定できるデータ群(点群データ)に対してデジタルコンテンツ(3Dアニメーションなど)の読み取りや書き込みを行うことで、時間や空間、ユーザーを超えて共通のAR体験が提供できる」技術です。本施策においてはAR Cloud技術を活用することでユーザーが特定の場所へ自身で書いた絵や文字を、後日同じ場所へ訪れた際に同じ位置で見ることができ、また設置用端末で配置した各コンテンツを不特定多数のユーザーが同じ位置・同じ内容で体験することができます。

■スターティアラボ、AR領域における他社との共創を推進
スターティアラボでは、SaaSの総称サービス『Cloud CIRCUS(クラウドサーカス)』の提供に加え、AR技術を活用した自社プロダクト「COCOAR(ココアル)」や「LESSAR(レッサー)」で培ったAR領域におけるビジネスノウハウや技術力、コンテンツ企画制作力を活用し、他社と連携してAR領域における新サービスの企画・開発を行っていく方針を強化しています。

■AR領域でスターティアラボが提供できる3つの支援
1 ARサービスの立ち上げ・運用ノウハウ
スターティアラボではAR制作ソフト「COCOAR」(導入企業社数:2,400社以上)やWebAR制作ソフト「LESSAR」(導入企業社数:2,300社以上)の開発や運営、事業展開で培ったARサービスの立ち上げやその運用ノウハウを活用し、AR領域で新たにサービスを立ち上げられるお客様をサービスや事業の設計段階から支援することが可能です。

2 AR技術を活用したアプリケーションの開発
スターティアラボでは大手企業を中心に複数のARアプリ開発を手がけており、AR機能部分のみの実装ではなく、アプリ全体の開発、またユーザーが負担なくAR機能を使うことができるUI/UXの設計からアプリ開発を支援することが可能です。

3 ARコンテンツの企画・制作
ARを活用したサービスを開始・継続する上で重要になる「ARコンテンツ」の開発においてもスターティアラボではエンタメ領域から製造業などのBtoB領域まで幅広いコンテンツ制作実績があります。そのためARサービスのローンチや施策の実施を行うお客様をシステム開発面だけではなくコンテンツ制作においても支援することが可能です。

■スターティアラボについて  https://www.startialab.co.jp/
会社名:スターティアラボ株式会社
所在地:〒163-0919東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代表者:代表取締役 北村 健一
事業内容:Webサイトの企画・制作・コンサルティング・運営・保守、
Webアプリケーションの企画・開発・販売・保守

※スターティアラボ株式会社とMtame株式会社は2021年7月1日に合併及び社名変更予定です。
合併後新会社名:クラウドサーカス株式会社

■会社概要
会社名 : スターティアホールディングス株式会社
URL : https://www.startiaholdings.com/
所在地 : 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代表者 : 代表取締役社長 兼 グループ最高経営責任者 本郷秀之
上場取引所 : 東京証券取引所 市場第一部 (証券コード:3393)
事業内容 : グループ会社の経営管理等


 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スターティアホールディングス株式会社 >
  3. NTTドコモが提供するARCloudを活用したXRアプリ「XRシティ」へスターティアラボのAR及びアプリ開発技術を提供