全店の服薬指導カウンターに飛沫感染予防のアクリルパーテーションを導入

昨今、新型コロナウイルスの感染拡大、4月7日に内閣総理大臣が発出した緊急事態宣言、4月16日には対象地域が全国へ拡大されたことにより、安全な医療を提供できる環境が求められております。株式会社スギ薬局(愛知県大府市 代表取締役社長:杉浦 克典)は、18日に調剤実施948店舗全店の服薬指導カウンターにアクリルパーテーションを設置し、患者さまと従業員双方の飛沫感染リスクを低減することに対応しております。
今後も、感染拡大防止に努め、患者様にとって安全・安心でお薬を提供できるかかりつけ薬局として地域社会に貢献してまいります。

■パーテーションで服薬指導している様子

■株式会社スギ薬局の概要
法人名:株式会社スギ薬局 (スギホールディングス株式会社100%子会社)
所在地:愛知県大府市横根町新江62番地の1
設立:2008年9月
代表者:代表取締役社長 杉浦 克典
事業内容:超高齢社会を迎えたわが国において、“地域社会への貢献”を理念に掲げ、地域医療対応型ドラッグストアを運営
URL:http://www.drug-sugi.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スギホールディングス株式会社 >
  3. 全店の服薬指導カウンターに飛沫感染予防のアクリルパーテーションを導入