「4月から約1ヶ月で在宅勤務者の割合が22%増」新型コロナウイルス感染拡大に関する調査結果及びはたらく全ての人へ向けたスローガン「これから、シゴトとどう生きる? #シゴトの未来」を発表

8万名以上が回答した調査では在宅勤務者の割合は4月頭の22.6%から約1ヶ月で44.6%へと増加。72.8%が「働き方への意識が変わった」、90.1%が「社会はいま、大きな転換点にあると思う」と回答

「シゴトでココロオドルひとをふやす」をミッションに掲げ、ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社(代表取締役CEO・仲暁子)は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を受け、新型コロナウイルス感染拡大に関する調査結果及び、はたらく全ての人へ向けたスローガン「これから、シゴトとどう生きる? #シゴトの未来」を発表しました。

 
  • スローガンについて
ウォンテッドリーは、新型コロナウイルス感染拡大に関する独自調査により明らかになった「コロナショックで働き方に対する意識が変わった(72.8%)」「社会はいま、大きな転換点にあると思う(90.1%)」という声を受け、はたらく全ての人と一緒にシゴトの未来を考え、創っていきたいという想いを込め、スローガン「これから、シゴトとどう生きる?#シゴトの未来」の発信を決定しました。

ウォンテッドリーは、新型コロナウイルスが蔓延する状況下においても「シゴトでココロオドルひとをふやす」ために、「#シゴトの未来」の元、新たな機能開発や情報発信、そして従業員特典サービス「Wantedly Perk」と「社内報機能」を皮切りに開始したエンゲージメント事業のさらなる拡大を進めてまいります。

スローガン詳細について:https://www.wantedly.com/companies/wantedly/post_articles/235003

 
  • 独自調査結果について
ウォンテッドリーは、つながり管理アプリ Wantedly People 利用ユーザーに対し、アプリ内投票機能による「新型コロナウイルス感染拡大に関する調査」を実施し、81,572名からの回答が集まりました。

 
■ 主な調査結果
  • 在宅勤務していた人の割合は4月の22.6%から、5月は46.1%と約2倍に
  • 在宅勤務者の割合は職種別ではマーケティング、エンジニア関連、年代別では若年層が大きいという結果に
  • コロナショックで働き方が変わったという人は7割強
  • コロナ禍で、会社との心理的距離が広がった、という回答が6割強
  • 社会はいま、大きな転換点にいると思う、という回答が約9割

 
■ 在宅勤務をしてる?                                                                 
対象:34,126名                                                                              
期間:2020年4月1日〜4月8日


■ コロナショックで働き方への意識は変わった?
対象:25,908名
期間:2020年4月8日〜4月15日

 


■ 社会はいま、大きな転換点にいると思う?                 
対象:25,618名                                                                               
期間:2020年4月15日〜4月22日                                                      


■ コロナ禍で、会社との心理的距離はどうなった?
対象:13,132名
期間:2020年4月22日〜4月29日


■ 在宅勤務をしてる?
対象:30,692名
期間:2020年4月29日〜5月6日

 

■「在宅勤務をしてる?」に対する職種別回答
対象と期間:4,277名(2020年4月1日〜4月8日)、3,596名(2020年4月29日〜5月6日)
※職種を登録しているユーザー対象
4月から5月にかけての伸び率では総務が254%、営業が215%と、マーケティングの137%に対して1.5倍以上の伸びが見られた。


■「在宅勤務をしてる?」に対する年代別回答
対象と期間:6,040名(2020年4月1日〜4月8日)、5,328名(2020年4月29日〜5月6日)※生年月日を登録しているユーザー対象
4月から5月にかけての伸び率では50代が210%、60代が199%と、20代の142%の伸びに対して約1.5倍という結果になった。


※本リリースの調査結果を引用する際は「ウォンテッドリー調べ」と記載ください。
 
  • Feed特集「#シゴトの未来」について
本スローガン発信に伴い、5月18日(月)より、Wantedly Feedにおいて「#シゴトの未来」と題して特集企画を行います。タグ「#シゴトの未来」をつけて記事を投稿すると、Wantedlyのサイト及びアプリ内で特集されます。

 
  • ウォンテッドリーについて
ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。2012年2月のサービス公式リリースから現在まで、登録会社数35,000社、個人ユーザー数240万人を突破し、国境を越えて『はたらくすべての人のインフラ』を創っていきます。

<会社概要>
会社名               : ウォンテッドリー株式会社
URL                : https://www.wantedly.com
本社所在地          : 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F
代表取締役          : 仲 暁子                                    
設立             : 2010年9月
事業概要            :
240万人以上が利用するビジネスSNS「Wantedly」
- 会社訪問アプリ「Wantedly Visit」
- つながり管理アプリ「Wantedly People」
ビジネス向け
 - 採用マーケティング
 - エンゲージメントSuite
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウォンテッドリー >
  3. 「4月から約1ヶ月で在宅勤務者の割合が22%増」新型コロナウイルス感染拡大に関する調査結果及びはたらく全ての人へ向けたスローガン「これから、シゴトとどう生きる? #シゴトの未来」を発表