チャネルアイランズサーフボードをブリット・メリック及び従業員へ譲渡

(カリフォルニア州カーピンテリア)Burtonはチャネルアイランズサーフボードのブランドを、ブリット・メリックが率い、チャネルアイランズの経営幹部、従業員、そしてチームライダーが参加するCI Surfboards LLCへ譲渡する条件に合意しました。

Burtonのオーナー兼チェアマンであるドナ・カーペンターは以下のコメントを発表しました。「私の家族、そしてBurtonの全従業員は、チャネルアイランズサーフボードの歴史の一幕であったBurtonの物語において、今回の合意が最高のハッピーエンディングだと考えています。チャネルアイランズがメリックファミリーのもとに戻る日を心待ちにしています。ブリット・メリック、スコット・アンダーソン、熱意ある従業員たち、そしてチームライダーの皆さんが一緒であれば、チャネルアイランズはうまくいくはずです」

チャネルアイランズで25年にわたってゼネラルマネージャーを務めてきたスコット・アンダーソンは、次のように述べています。「私たちはBurtonのみなさんと一緒に働けて本当によかったと思っています。Burtonには14年間お世話になりました。そして今回の移行期間も引き続き協力していただいています。チャネルアイランズのスタッフは、大人になってからの人生の大半をここで過ごしてきた者が多いので、チャネルアイランズが従業員とチームライダーが経営する形態になるのも自然の流れだと思います」

カリフォルニア州カーピンテリアを拠点とする、アイコニックなサーフブランドであるチャネルアイランズサーフボードは、1969年にアル・メリックとテリー・メリックの夫妻によって創業されました。2006年にBurtonの傘下に入り、パフォーマンスサーフィンの限界に挑めるようなハイクオリティのサーフボードの製造に特化することができるようになりました。この提携のおかげで、地元に最新式の工場を設け、世界をリードするサーフボードのブランドとして、販売を拡大しました。サーフボード市場でトップの地位を得るには大変な競争がありますが、オーストラリアのスタブマガジンが先月実施した読者調査では、チャネルアイランズサーフボードが2020年度の読者お気に入りのボードブランドに選ばれました。さらに、チャネルアイランズの今年の収益は過去10年間で最高の水準にあります。これは、フィッシュベアード、ハッピー、ロケットワイドといった人気デザインや、スパインテックのようなフレックス性能を高める新技術のおかげです。

チャネルアイランズの成功の原動力は、スター揃いのチームサーファーにあります。彼らはチャネルアイランズと密に連携し、競技会や世界大会で優勝できるような世界最高のサーフボード作りに貢献しています。過去40年間にわたり、チャネルアイランズサーフボードは、ケリー・スレーター、トム・カレン、リサ・アンダ-ソン、キム・メアリング、アドリアーノ・デ・スーザ、そしてソフィア・ムラノビッチといったサーファーたちが、世界大会で20回の優勝をおさめるのを支えてきました。現在そのレガシーを礎として活躍しているのが、デーン・レイノルズ、レイキー・ピーターソン、マイキー・フェブラリー、パーカー・コフィン、セージ・エリクソン、ボビー・マーティネス、グダスカス兄弟、ヤディン・ニコル、イーサン・オズボーンをはじめとする多くのサーファーたちで、彼らの背後にはタージ・リンドブラード、アリッサ・スペンサー、ルーク・スワンソンといった才能あふれる若手サーファーたちが控え、今後チャネルアイランズがより大きな功績を成し遂げる支えとなってくれることでしょう。

CI Surfboards の新CEOに就任したブリット・メリックはこう述べています。「私は文字通り、父と母のサーフボード工房で育ちましたから、チャネルアイランズが世界有数のボードメーカーになるまで、両親と、家族同然だった従業員たちがどれほど苦労してきたかを目の当たりにしてきました。Burtonは提携後、私たちに信じられないほどサポートを提供してくれました。そして、私たちが故郷のカリフォルニア州カーピンテリアで最高のサーフボードを作り続けられるように、彼らの持つ知識を共有してくれたのです。この度、ここで一緒に働いてきた長年の友人たちと共に所有権を買い取り、また当社のトップチームのライダーの多くと所有権を共有できる機会は、私にとって長年の夢でした。そして、将来にどんなことが待ち受けているのかと、みな期待に胸を膨らませています」

BurtonからCI Surfboards LLC への譲渡手続きは、慣例的なクロージング条件を前提として、2021年初めまでに完了する見込みです。クロージング時点において、全従業員は会社に留まる予定で、アスリートとの契約は既存の契約を変更することなくCI Surfboards LLC に移行されます。

チャネルアイランズサーフボードについて
カリフォルニア州サンタバーバラで、アル・メリック、テリー・メリック夫妻が1969年に創業したチャネルアイランズサーフボードは、世界トップレベルのサーファーがパフォーマンスサーフィンの限界を打破できるように設計されたハイクオリティなサーフボードの製造で世界的に有名になりました。創業以来数十年にわたって、チャネルアイランズサーフボードのボードにかける情熱は、世界大会でサーファーたちが収めた20回の優勝に貢献してきました。アルと息子のブリットのリーダーシップの下、世界トップレベルのサーファー向けに最高のサーフボードを作ることにフォーカスしながらも、あらゆるレベルのサーファーがパフォーマンスを向上し、サーフィンを楽しめるようにする取り組みも続けています。Burtonが未公開株を所有するチャネルアイランズサーフボードは、カリフォルニア州カーピンテリアを拠点としています。チャネルアイランズサーフボードの詳細はwww.cisurfboards.comをご覧ください。

<Burtonについて>
1977年、ジェイク・バートン・カーペンターはアメリカ・バーモント州のガレージでスノーボード作りを始め、Burton Snow-boardsを設立しました。以後、彼は生涯をスノーボードに捧げました。Burtonは創業時より画期的なプロダクトライン、リゾートに対する草の根的努力、そしてトップレベルのチームライダーにより、スノーボードを裏山での遊び道具から、ワールドクラスのスポーツへと成長させることにおいて、極めて重要な役割を果たしてきました。現在Burtonは、スノーボードギアとアウトドアに関連する業界トップのプロダクトをデザイン、製造しています。アウトドア/ウィンタースポーツ業界のサステイナビリティ・リーダーとして、Burtonはスノーボードの企業として世界で初めてB-Corp認証を取得しました。Burtonはドナ・カーペンターにより所有されているプライベートカンパニーです。アメリカ・バーモント州バーリントンに本社を置き、オーストリア、日本、オーストラリア、カナダ、中国にオフィスがあります。

詳しくはwww.burton.comをご覧ください。

お問い合わせ先: info@cisurfboards.com



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バートンジャパン合同会社 >
  3. チャネルアイランズサーフボードをブリット・メリック及び従業員へ譲渡