自動運転車を実現する最新テクノロジーが出展 自動運転EXPO 初開催!

リード エグジビション ジャパン(株)(本社:新宿区西新宿/代表取締役社長:石積 忠夫)は2018年1月17日(水)より3日間、東京ビッグサイトにて日本初の自動運転に関する専門展「第1回 自動運転EXPO 」を開催いたします。

本展はクルマの先端技術分野世界最大の「オートモーティブ ワールド2018」内にて新規開催、初回から100社が出展します。
近年、IT業界をはじめとした異業種との連携を進めつつ、実用化に向け開発競争が加速する自動運転車。特に2020年の東京五輪に向けて自動運転実現のため、自動車メーカーは日々鎬を削っています。本展にはセンサ/LiDAR、ADAS技術、ダイナミックマップ、半導体・AI(人工知能)など、自動運転を実現するために必要な技術・製品が出展。ぜひご来場ください!

◆製品紹介(一部抜粋)◆

高精度3次元地図
ADASmap/アイサンテクノロジー (株)

当社が作成する高精度3次元地図は道路周辺地物、白線データ、各走行車線の道路中心線等の様々な道路地物を生成することにより、自動運転、安全運転支援の研究開発に向け、自動車関連企業様や大学様にご活用いただいております。様々な端末・データベースや、地図システムともマッチング可能なフォーマットでの提供をしております。

 

“世界初!自動運転用ステレオカメラ”
ISC-100VM (インテリジェント・ステレオカメラ) / ITD Lab (株)

スバル アイサイト発明者である実吉 敬二 (当代表取締役 会長 兼CTO) が保有する『ステレオカメラ3次元距離測定技術』を基幹技術に据え、障害物回避のみならず、自己位置認識、自動地図生成機能を持った自動運転用ステレオカメラを展示します。このカメラを搭載したデモカーも展示。
 

ワイドアングルの映像を提供 死角検知機能により側方障害物の検知も
電子ミラーADASソリューション/ (株) ウィセン・オートセンシング

リアビューモジュールと死角検知用カメラモジュールを組み合わせ、画像補正とステッチング技術によりワイドアングルの映像を提供します。カメラモジュールは、高感度、ワイドダイナミックレンジを特徴とし夜間や明暗の大きい環境での高い視認性を実現しています。
死角検知機能により側方障害物の検知も可能です。
 

自動車向けのアイトラッカー
アイトラッカー FX3 ( EyeTracking, Inc. ) / (株) クレアクト・インターナショナル

自動車向けのアイトラッカーです。外乱光に強く、実車環境でも安定して視線計測が可能。アドオンソフトによりフェイストラッキングやまぶたの開閉度も同時に計測でき、ドライバーの疲労研究にも利用できます。さらに複数台のFX3を接続することで視線検出エリアを拡張できます。自然な状態でドライバーの視線を計測できます。

 

ADAS/自動運転、次世代HMI、ITS(5G)に関わる海外実績豊富なセンサ/モジュール、測定機を展示
V2X/5G通信用 車載搭載アンテナ計測装置 / コーンズテクノロジー(株)

自動車搭載用アンテナの品質は、自動車を含む送受信モジュールと一緒にテストする必要があります。特に、郊外/高速道路環境では、携帯電話基地局から見通し環境(LOS=Line Of Sight)で接続が行われます。RanLOS社では、LOS且つ自動車(アンテナ)の向きがランダムな環境を模擬するために電波暗室、アレーアンテナ、リフレクタを用いたソリューションを提供します。
 

自動運転を実現するクルマの未来に「安全性と信頼性」の観点からサポート
車載機器、携帯端末の相互接続性試験/ (株) UL Japan

Bluetooth, Wi-Fi, NFCなどのワイヤレス技術を使用した製品に対し、ユーザーの使用環境を想定し、スマートフォンとの相互接続性を試験いたします。また国内のみならず海外4カ国に拠点を設けており、海外への製品展開時に現地の実網環境下で現地のスマートフォンとの相互接続性試験をご提供。お客様の目的にあった最適なサービスをご提案いたします。

 

ジェスチャーのみで反応!
インフォテイメントコントロール / EYESIGHT TECHNOLOGIES LTD.

ジェスチャーのみで反応するタッチフリー技術。ほかにもまぶたや頭の動きから、眠気のサインや集中力を検知するドライバーモニタリングシステムや運転者を認識、特定し好みに合わせ車内環境を自動変更できる装置なども。
 

ADAS と自動運転に革命を!
Eyes-On/ FORESIGHT AUTOMOTIVE LTD.

Eyes-On は、自動車、歩行者、自転車に乗る人、そしてその他のあらゆる障害物との間で起こりうる衝突の可能性を見通すために比類のない最高の 3D 画像を作成し分析します。そして、間違ったアラームの発生回数を最低限に抑えながら、非常に正確でリアルタイムのアラートを提供します。
 

顔・視線・生体・人物等、映像から運転者・乗員の状態を検知!
CoDriver / JUNGO CONNECTIVITY LTD.

顔・視線・生体・人物等、映像から運転者・乗員の状態を検知するソフトウェア。



※ご紹介した製品は出展企業様にご登録いただきました製品情報・各企業HPより引用。当日出展製品が変更となる可能性もあります。予めご了承ください。

 

━━━━━━━━━━━━━<展示会概要>━━━━━━━━━━━━━━
           ◆◇   第47回 ネプコン ジャパン ◆◇
           http://www.nepconjapan.jp/          
     ◆◇   第10回 オートモーティブ ワールド   ◇◆
                  http://www.automotiveworld.jp/
              ◆◇   第4回 ウェアラブル EXPO  ◇◆
             http://www.wearable-expo.jp/
           ◆◇   第2回 ロボデックス  ◇◆
                    http://www.robodex.jp/
        ◆◇   第2回 スマート工場 EXPO  ◇◆
         http://www.sma-fac.jp/
会  期:2018年1月17日(水)~19日(金)
会  場:東京ビッグサイト
主 催:リード エグジビション ジャパン株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪主催:リード エグジビション ジャパン株式会社 
オートモーティブ ワールド   事務局 電話番号:03-3349-8502≫
◆招待券(無料)請求は⇒  http://www.autonomous-drive.jp/inv/
(招待券をお持ちでない場合、入場料 ¥5000/人)

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リード エグジビション ジャパン株式会社 >
  3. 自動運転車を実現する最新テクノロジーが出展 自動運転EXPO 初開催!