LayerX、本社オフィス移転のお知らせ

すべての経済活動をデジタル化したい株式会社LayerXは、本日2022年1月17日付で本社を移転したことをお知らせいたします。

<新住所>
〒103-0012 中央区日本橋堀留町1-9-8 人形町PREX 2階

<アクセス>
東京メトロ日比谷線、都営浅草線「人形町」駅徒歩4分、
東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅徒歩5分、
都営新宿線「馬喰横山」駅徒歩7分、
JR総武本線「新日本橋」駅徒歩8分、
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅徒歩8分、
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅徒歩8分
※Googleマップでのアクセスはこちら https://goo.gl/maps/XEqPjeRZ49EqFT6A6

■ オフィス移転の背景

LayerXは2018年8月に創業。創業初期はブロックチェーンを中心とした産業のDX(デジタル化)を支援していましたが、現在はコーポレートDXを加速する「バクラク」シリーズを中心としたSaaS事業、三井物産らとの合弁会社「三井物産デジタル・アセットマネジメント」によるFinTech事業、次世代のセキュリティ・プライバシー保護技術「Anonify」などを開発するPrivacy Tech事業の3つの事業を運営しています。

今回、各事業の成長に伴った組織拡大、また新しいワークスタイルの浸透に合わせてオフィスを増床・移転いたします。リモートワークと出社を選べるようになった今だからこそ、オフィスに来たときの価値を最大化できるようにオフィスデザインや什器にも配慮。「長時間より長期間」をコンセプトに、今後増えてくる多様な人材やお客様が居心地よく過ごせる空間づくりを目指しました。

新しいオフィスで、たくさんの方々にお会いできるのを楽しみにしています。

■ LayerXの働き方について

新しいワークスタイルの浸透や多様な人材の採用にあわせて、LayerXでは柔軟な働き方を選べるようになっています。行動指針である「Trustful Team」を前提とした「互いへの信頼」と「透明なコミュニケーション」が両立している環境です。

・リモートOK!(出社もOK)
・フレックスタイム
・会議は9:30-18:30(通称LayerXタイム)に行う。その時間に参加できないメンバーに対しては議事録や録画を活用
・メンバーだけでなく代表や執行役員も育休取得

詳しくは代表 福島のnoteをご覧ください。
LayerXは柔軟な働き方ができる会社ですという話|福島良典
https://note.com/fukkyy/n/nebf28879068a

■ 株式会社LayerXについて

「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに、業務や生産をはじめとした経済活動の摩擦を解消し、この国の課題である生産性向上を実現するべく、様々な産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。SaaS事業においては、請求書の受け取りから経理の会計処理・支払処理を一気通貫で自動化する「バクラク請求書」をはじめコーポレートDXを支援するサービスを提供しています。

[設立]2018年8月
[代表者名]代表取締役CEO 福島良典
[資本金]31億円(資本準備金含む)
[事業内容]「バクラク請求書」「バクラク申請」「バクラク電子帳簿保存」の提供(SaaS事業)、アセットマネジメントを扱う合弁会社の運営(Fintech事業)、プライバシーテックのR&Dと事業化(Privacy Tech事業)
[コーポレートサイト]https://layerx.co.jp/ 

■ LayerX 採用情報

LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。
バクラク請求書の本提供開始に伴い、ソフトウェアエンジニアをはじめとしたあらゆる職種において採用活動を強化しています。ご興味をお持ちの方は以下よりエントリーをお待ちしています。
https://jobs.layerx.co.jp/

■ 本プレスリリースに関するお問合せ

pr@layerx.co.jp(担当:広報)
  1. プレスリリース >
  2. LayerX >
  3. LayerX、本社オフィス移転のお知らせ