Luupが準天頂衛星システム「みちびき」を利用した電動キックボードの走行位置把握のための実証を開始

機体が歩道と車道のどちらを走行しているか高精度で検知し、人と乗り物と街のすべてが共生できる社会の実現を目指す

電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの「電動マイクロモビリティ」を取り扱うシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)の電動キックボードサービス走行位置把握実証事業が、内閣府及び準天頂衛星システムサービス株式会社が2021年4月12日から5月28日にかけて公募した「みちびきを利用した実証事業」において採択されました。それを受け、準天頂衛星システム「みちびき」のサブメータ級測位補強サービスを用いて、高精度な機体の走行場所検知のための実証を開始します。

 
  • 採択の背景
Luupは、2021年4月より経済産業省の「新事業特例制度」の認定を受け、電動キックボードシェアリングサービスの実証実験を行っています(※1)。サービス開始以降、多くのユーザーにご利用いただく中で、電動キックボードのシェアリングサービスで一般的に活用されているGPS(※2)では、車道と歩道の区別など機体の正確な走行位置が測位しきれないという課題がありました。安全かつ正しい走行ルールで電動キックボードをご利用いただくためには、位置情報をより精緻に把握できる体制も求められ、その実現に向けた検証の必要性を評価いただき「みちびきを利用した実証事業」に採択いただきました。

※1…参考プレスリリース「Luupが国内初・ヘルメット着用任意の電動キックボードシェアアプリを4月23日より提供開始」(https://luup.sc/news/2021-04-23-escooter-start/
※2…米国によって運用される衛星測位システム
 
  • 「みちびき」を利用した電動キックボードサービス走行位置把握実証事業について
準天頂衛星システム「みちびき」とは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システム(※3)のことで、「日本版GPS」と呼ばれることもあります。これまでの衛星測位サービスは米国が運用するGPS衛星を利用していましたが、都市部や山間部ではビルや樹木などに電波が遮られて位置情報が安定的に得られないことがありました。そこで、GPSを補完し、高精度で安定した衛星測位サービスを実現するみちびきの運用が2018年11月より開始されました。その優位性から、地理空間情報を高度に活用した位置情報ビジネスの発展が期待されています(※4)。

みちびきのイメージ 出典:qzss.go.jpみちびきのイメージ 出典:qzss.go.jp


今回Luupは、みちびきを利用した電動キックボードサービス走行位置把握実証事業が採択されたことにより、サブメータ級測位補強サービス(※5)を用いて、精度の高い走行場所検知の実現に向けた実証を行ってまいります。
 

サブメータ級測位補強サービスのイメージ 出典:qzss.go.jpサブメータ級測位補強サービスのイメージ 出典:qzss.go.jp


※3…衛星からの電波によって位置情報を計算するシステム
※4…出典:みちびきウェブサイト(https://qzss.go.jp/overview/services/sv01_what.html
※5…衛星測位による誤差を減らすために、電離圏(電子やイオンが分離したまま漂う空間)遅延や軌道、クロック(時刻)等の誤差の軽減に活用できる情報をみちびきから送信します。一般に、GPSなどによる1周波の衛星測位では誤差は10m程度になると言われていますが、サブメータ級測位補強により、誤差1m以下で測位を行うことが可能となります。
出典:みちびきウェブサイト(https://qzss.go.jp/overview/services/sv05_slas.html

 
  • 実証内容及びスケジュールについて
実証内容
以下の内容を予定しています。
①サブメータ級測位補強サービス対応受信機 QZ1を電動キックボードに取り付け、走行データの収集と定期的な分析を実施
②歩道走行/車道走行を判定(※6)可能か検証し、今後の実用化に向けた指針を作成
 

サブメータ級測位補強サービス対応受信機 QZ1サブメータ級測位補強サービス対応受信機 QZ1


※6…歩道走行を判定する際は、押し歩きをします。実証において違反行為を行うものではありません。

スケジュール
2021年7月〜2021年11月:実証用電動キックボードの調達及び受信機装着のための改造(※実施済み)
2022年1月〜2022年2月:都内エリアでの走行を通じて、位置情報測位データを収集
2022年3月〜:走行データの分析を行い、走行箇所判定の精度を検証

Luupは、電動キックボードの安全な走行環境の整備に向けた取り組みを通じて、人と乗り物と街、それらすべてが共生できる社会の実現を目指してまいります。

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと小型電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・取引先金融機関:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a
※LUUPアプリは、iOS 13 以降、iPhone 6 以降、Android OS 6.0 以降の端末でお使いいただけます。



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Luup >
  3. Luupが準天頂衛星システム「みちびき」を利用した電動キックボードの走行位置把握のための実証を開始