デジタル&リアル基点の「アクティベーション」セミナー開催!

デジタル&リアル基点の「アクティベーション」で、効かせる統合へ。~「生活者の行動」をシナリオ化する、次世代型統合マーケティング Vol.2

マーケティング目標を達成する、実効性の高い統合マーケティングに、いま必要なメソドロジーとは?

世界のマーケティングの潮流は、「アクティベーション」に向かっています。

中でもアメリカ企業がブランドアクティベーションに投じる金額は、マーケティング総予算の60%を占めるまでになっています(全米広告主協会2015年報告)。

昨今、従来からの「メッセージ」を共通化した統合マーケティングだけでは、なかなかビジネス成果に直結しない場合が増えてきました。

好意や共感といったブランド指標の向上に加えて、「生活者の行動」をリアルに生み出し、より実効性の高いマーケティングを実現するにはどうすればいいのか?

博報堂では、「生活者の行動」を連鎖=シナリオ化することで、事業成果にコミットする次世代型統合マーケティングとして、「アクティベーション」発想による独自のプラニングを体系化し、さまざまな業務で実践しています。

今回のセミナーでは、「デジタルを基点とするアクティベーション」、「リアルを基点とするアクティベーション」という、二つのメソドロジーをご紹介します。

一般的な統合マーケティングとの違い、その強みは何か?そして、なぜ行動や成果につながるのか?
次世代型統合マーケティングとしての「アクティベーション」の発想力と解決力にご期待ください。

 ▼詳細はコチラ▼
https://consulaction.hakuhodo.co.jp/seminar/20170517_1271.php?utm_source=prtimes&utm_campaign=202&utm_medium=prtimes&utm_content=202

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博報堂 >
  3. デジタル&リアル基点の「アクティベーション」セミナー開催!