内閣官房が推進する引越しワンストップサービスの実証実験開始 「LIFULL HOME’S引越し手続き」で引越しに伴う手続きを一括申請

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)が協力主体(ポータル事業者)として選定されている内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室が推進する「引越しワンストップサービス」の実証実験(民間の手続に係る検証)が12月2日(月)より開始しました。
政府においては、引越しに伴う各種手続について、デジタル技術を活用して効率化を図り、引越しをされる方の手続負担の軽減や手続漏れの防止等を実現するため「引越しワンストップサービス」を推進しています。LIFULLは、引越しに伴う手続きの負担を軽減すべく、電気・ガス・水道等を一括で手続きできる「LIFULL HOME’S引越し手続き」サービスを構築し、2019年10月より提供を開始しています。

https://www.homes.co.jp/procedure/

「LIFULL HOME’S引越し手続き」は、これまで引越しの際に、契約ごとに必要だった「電気・ガス・水道」の手続きを、一括で無駄なくスムーズに行うことができ、それぞれの申請の内容や状況も一元管理することができるサービスです。さらに、協力事業各社が提供する「電気・ガスセット」などのお得なプランへの切り替えも簡単に行えます。
※現在の対応エリアは、東京都(一部エリア除く)のみ。

今後、「LIFULL HOME’S引越し手続き」は、対応エリアの拡大、「電気・ガス・水道」だけでなく、引越しに伴う 行政手続き、宅配便、銀行口座、インターネットなどでも、登録している居住情報の切り替えをワンストップで行えるよう、対象サービスを拡充してまいります。

参考情報
政府CIOポータル:引越しワンストップサービスの実証実験(民間の手続に係る検証)を開始しました
(リンク:https://cio.go.jp/jisshou_minkan) 

参考画像:

■株式会社LIFULLについて (東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/)

LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、現在はグループとして世界63ヶ国でサービスを提供しています。

主要サービスである不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」をはじめ、空き家の再生を軸とした「LIFULL地方創生」、シニアの暮らしに寄り添う「LIFULL介護」、ママの子育てと仕事の両立を支援する「LIFULL FaM」など、 人生・暮らしを豊かにするさまざまな領域に事業拡大しています。LIFULLグループは、より多くの人が心からの安心と喜びを得られる社会の実現のため「世界一のライフデータベース & ソリューション・カンパニー」 を目指します。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LIFULL >
  3. 内閣官房が推進する引越しワンストップサービスの実証実験開始 「LIFULL HOME’S引越し手続き」で引越しに伴う手続きを一括申請