SHIRO みんなのすながわプロジェクト「夢や希望に溢れるまちづくり」に繋がり、野球によって活気を生み出す、新球団『すながわリバーズ』設立記者発表会を開催

コスメティックブランドSHIROを展開する、株式会社シロ(本社:東京都港区、代表取締役:福永敬弘)が創業の地である北海道砂川市で進めている、『みんなのすながわプロジェクト』は、2021年10月16日(土)に独立リーグ新球団『すながわリバーズ』設立を正式発表いたしました。

左から、盛川竜太(すながわリバーズ応援団長)、福永敬弘(株式会社シロ代表取締役 兼 すながわリバーズ球団代表)、齋藤邦宏(すながわリバーズ球団副代表)左から、盛川竜太(すながわリバーズ応援団長)、福永敬弘(株式会社シロ代表取締役 兼 すながわリバーズ球団代表)、齋藤邦宏(すながわリバーズ球団副代表)


『すながわリバーズ』は、地域に根ざす球団として、次のような価値創造を目指します。
市民にはスポーツを通じたコミュニティの創出や学びの機会、地元に応援したいチームがある楽しさや充実感の提供。選手や監督、運営スタッフなどの所属メンバーには、中期的な契約による継続的な育成と就労サポート及び、野球だけでなく、地域社会に貢献できる経験機会の提供。そして砂川市には、砂川市民となる選手(と家族)の市内居住と就労することでの人口減少への対策、試合やイベントを契機に市内での消費活動の活性化。これらを実現させながら、長く市民に愛される球団を作り上げていきたいと考えています。

「すながわリバーズ」名称への想い
砂川市には、北海道遺産であり日本三大河川のうちの1つの「石狩川」があります。
石狩川がもたらす豊かな水資源が砂川の農業や工業、食品加工業の興隆を支えてきましたが、度重なる大洪水により住宅・農地は大きな被害にも遭ってきました。砂川市の歴史は良い時代もそうでない時代も石狩川とともにあることから、川=riverを象徴として用いて、このたび『すながわリバーズ』と球団名を名付けました。

記者会見にて、公開された『すながわリバーズ』公式ロゴと、ロゴマーク記者会見にて、公開された『すながわリバーズ』公式ロゴと、ロゴマーク

 


球団では、【砂川市に貢献できる人材を育成する】、【砂川市に愛される野球を実現する】、【砂川市の子供たちに野球を通じて夢を与える】、【砂川市民の誇りとなるよう競技力向上に努める】の4つの行動方針を定めています。

■砂川市に貢献できる人材を育成する
『すながわリバーズ』に所属する選手や球団スタッフは、球団員であると同時に、砂川市民であり社会の一員であることを全うするのが選手の務めだと考えます。
そこで、全員市内で就業し、球団がキャリア形成を行なってまいります。また、選手の個人SNS等を通じて、積極的に球団のみならず砂川市についてもPRしていくことで、砂川の認知向上や市への観光誘致に貢献します。市内で救援が必要な有事の際には、いち早く駆け付ける戦力になるよう、関係各所と連携を行ないます。
選手はSNSなどを通して周囲から「見られる」立場であることを認識し、地球環境や社会への配慮を理解した言動で生活、発信を行っていきます。

■砂川市に愛される野球を実現する
『すながわリバーズ』は、野球少年だけでなく、「大人にとっての憩いの場」となることを目指します。
まずは、市民に受け入れられる存在となることを目標にし、今後公開予定の球団公式ウェブサイトにて、チームの近況や最新情報を積極的に配信しながら、親しまれる球団運営に努めます。また、市内のイベント等へ積極的に参加し、市民の皆さまと直接交流を深めていきたいと考えています。

■砂川市の子供たちに野球を通じて夢を与える
『すながわリバーズ』は、野球少年だけでなく、「大人にとっての憩いの場」となることを目指します。
まずは、市民に受け入れられる存在となることを目標にし、今後公開予定の球団公式ウェブサイトにて、チームの近況や最新情報を積極的に配信しながら、親しまれる球団運営に努めます。また、市内のイベント等へ積極的に参加し、市民の皆さまと直接交流を深めていきたいと考えています。

■砂川市民の誇りとなるよう競技力向上に努める
『すながわリバーズ』は、砂川の名に恥じない野球を目指し、道内外、相手チームのリーグ属性問わず積極的に試合に参加し、「勝ち」に繋がる野球を目指し、日々修練に励みます。そのためには、選手の住環境整備や就労サポート充実により選手の離脱を防ぎ、中長期的に戦力を積み上げていける体制を整えていきます。
また、砂川にゆかりがあり、プロ野球を経験した監督やコーチ、トレーニングスタッフの招聘を目指します。

球団運営について
『すながわリバーズ』は、砂川市をはじめ、関係各所との連携を図りながらチームを運営していきます。
※下記、一例

また、運営面でも市民参加型の球団を希求し、どなたでも球団運営に参加しやすいように、経営と運営を分割しています。
球団経営を行う「株式会社すながわリバーズ」と、球団運営を行う(任意団体)「すなリバ応援団」が、常に連携を図ることで、持続的な球団運営を執り行ないます。


『すながわリバーズ』今後のスケジュール
まずは基幹人事と選手の獲得が最重要と考え、選手への説明会を開催し、球団方針と待遇面などの理解を図ります。
 

 

 

『すながわリバーズ』についてはこちら
【公式ウェブサイト】
sunagawa-riverz.com
※10月下旬にサイトオープン予定です。

【公式SNSアカウント】
Twitter:@sunagawariverz
https://twitter.com/sunagawariverz

「北海道ベースボールリーグ」についてはこちら
【公式ウェブサイト】
https://league.japan-hba.com

【2022トライアウトサイト】
https://japan-hba.com/2022tryout/

【公式SNS】
YouTube:https://m.youtube.com/channel/UCU2r6BURix7nNpUxj1MwwaA

『みんなのすながわプロジェクト』についてはこちら
【公式ウェブサイト】
https://shiro-sunagawa.jp/

【公式SNSアカウント】
YouTube   :https://www.youtube.com/channel/UCGgdm3GbSP0zqPUoqpvBsUQ
Instagram :@shiro_sunagawa
https://www.instagram.com/shiro_sunagawa/
Twitter     :@shiro_sunagawa
https://twitter.com/shiro_sunagawa
Facebook  :https://www.facebook.com/SHIRO.SUNAGAWA/


SHIROについて
「自分たちが毎日使いたいものをつくる」というシンプルな想いからスタートしたコスメティックブランド。自社内に開発から販売まですべての機能を持ち創業当初からエシカルな信念に基づくものづくりを続けている。国内外で出会った素材のちからを最大限に引き出すスキンケア、コスメ、フレグランスを提案。日本全国に展開する直営店の他、ロンドンにも出店。

会社概要
企業名  :株式会社シロ
所在地  :〒107-0061東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー9F
設立   :1989年10月23日
代表取締役:福永 敬弘(ふくなが たかひろ)
事業内容 :自社ブランド「SHIRO」の企画、開発、製造、販売、店舗運営(「SHIRO/化粧品、雑貨」」「SHIRO LIFE/食物販」「SHIRO CAFE/飲食」「SHIRO BEAUTY/サロン」)、SHIROオンラインストア等、通販事業運営
URL     :https://shiro-shiro.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SHIRO >
  3. SHIRO みんなのすながわプロジェクト「夢や希望に溢れるまちづくり」に繋がり、野球によって活気を生み出す、新球団『すながわリバーズ』設立記者発表会を開催