プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社UPSIDER
会社概要

AIチャット型業務ツール「UPSIDER Coworker」、Microsoft Teams との連携に対応

領収書などの証憑回収など、UPSIDERにおける業務をAIに依頼することが可能に

株式会社UPSIDER

「挑戦者を支える世界的な金融プラットフォームを創る」をミッションに、法人カード「UPSIDER」(以下、UPSIDER)をはじめとする金融サービスを提供する株式会社UPSIDER(代表取締役:宮城徹・水野智規、本社:東京都港区、以下 当社)は、UPSIDERの付帯サービスとして提供するAIチャット型業務ツール「UPSIDER Coworker」のチャットツール連携に、従来のSlackに加え、Microsoft Teams を追加したことをお知らせいたします。

今回、Microsoft Teams 連携への対応開始により、社内のコミュニケーションツールとしてMicrosoft Teams を利用するユーザーが、UPSIDER Coworkerを用いて、UPSIDERのカード制御に関する業務を、AIと人により一部自動化することが可能となります。

・UPSIDER Coworker:https://ai-coworker.up-sider.com/

UPSIDER CoworkerとMicrosoft Teams の連携について

2023年9月に、UPSIDERユーザーを対象としてリリース*した「UPSIDER Coworker」は、Slackと連携し、UPSIDERにおけるほぼ全てのカード関連業務をAIと人が自動化する業務ツールです。UPSIDER Coworkerユーザーは、カード発行やロック/アンロック、利用先制限や利用上限の変更などのカードに関する業務を、UPSIDERのWebブラウザアプリやモバイルアプリに遷移することなくSlack上で行うことが可能です。

* 想定を上回るお引き合いを頂いているため、現在、UPSIDER Coworkerの利用開始には一定の条件を設けさせていただいております。詳細はUPSIDER Coworker サービスサイトよりお問い合わせください。


今回、Microsoft Teams を利用するユーザーも、Microsoft Teams 上でUPSIDERをメンションすることで、領収書などの証憑を回収するなどのUPSIDERにおける業務をUPSIDER Coworkerに依頼することができるようになります。
すでにSlackで可能なアクションは、Microsoft Teams でも順次実装していく予定です。

<Microsoft Teams 上から行えること>

  • カード発行

  • カードロック/アンロック

  • 利用先制限の設定

  • カード名称の変更

  • ユーザーの追加/削除

  • オンデマンドカード発行

  • ユーザー権限の変更

  • カード利用上限、取引あたりの上限設定

  • 決済可能な通貨の設定

  • カード保有者の変更

  • カードの凍結、解除

  • 証憑提出リマインド

  • 決済メモの記入

  • 証憑添付 など

UPSIDER Coworkerの利用を開始されたいUPSIDERユーザーは、下記のURLよりお申し込みいただくことが可能です。

・UPSIDER Coworker:https://ai-coworker.up-sider.com/

法人カード「UPSIDER」について

UPSIDERは、利用限度額や会計処理などの財務課題を解決する法人カードです。特に、最大10億円以上の利用限度額(前払い・後払い)や、バーチャルカードの発行・管理機能、会計処理の早期化を助けるSaaS機能が好評で、アクティブな利用企業は数千社以上、利用継続率は99%以上、累計決済額は1,500億円を突破しています。

・サービスページ:https://up-sider.com/

さらに、上場企業のお客様が急増しています。決済だけではなく、決済前の利用先制限・上限設定・稟議申請など決済前の手続きから、決済後の利用履歴の即時管理画面反映、証憑回収・紐付け、稟議への紐付け、Slack連携による通知・証憑提出といった、一気通貫した幅広い機能が好評で、法人カードを安全に運用することが可能になっています。ガバナンスやアカウンタビリティーが重要な上場企業のお客様にとって、全社的な支出管理の厳格化、経費精算業務の簡略化、会計処理の早期化に繋げられます。

当社が提供するサービスについて

当社は、「挑戦者を支える世界的な金融プラットフォームを創る」をミッションに、法人カード「UPSIDER」およびビジネスあと払いサービス「支払い.com」を提供しており、両サービスの利用社数は25,000社を超えています。

個人事業主・法人企業を対象とした「支払い.com」は、株式会社クレディセゾンと共同で運営しており、企業間の取引におけるあらゆる銀行振込のお支払いを、ユーザーがお持ちのクレジットカードで決済できるサービスです。お支払いをクレジットカードのお引落日まで延長することで、ユーザーは資金繰りの改善が可能となります。ユーザーは書類の提出や面談、審査は必要ありません。

また、2023年9月には新たにAIチャット型業務ツール「UPSIDER Coworker」 をリリースしました。SlackやMicrosoft Teamsなどのチャットツールと連携し、ほぼ全てのカード関連業務をAIと人が自動化します。

さらに、 グロースステージ以降のベンチャー企業に対する融資を進めていくための子会社「株式会社UPSIDER Capital」を2023年5月に設立。2023年11月には、株式会社みずほフィナンシャルグループとの合弁事業として、UPSIDER Capitalを運営会社とするスタートアップ向けデットファンド「UPSIDER BLUE DREAM Fund」の運営を発表しました。総額100億円となった第一弾ファンドでは、グロースステージのスタートアップ向けに、これまでにないデット調達環境を提供します。

当社は、『成長企業を支援する法人カード「UPSIDER」を提供する会社』から、『世界で戦える日本企業を生み出し、日本の競争力を再び上げることを支援する、AI化された総合金融機関』へと進化してまいります。

株式会社UPSIDER

株式会社UPSIDER

・社名:株式会社 UPSIDER
・WEB:
 法人カード「UPSIDER」:https://up-sider.com/
 請求書カード払いサービス「支払い.com」:https://shi-harai.com/
 AIチャット型業務ツール「UPSIDER Coworker」:https://ai-coworker.up-sider.com/
 「UPSIDER BLUE DREAM Fund」:https://capital.up-sider.com/
 お役立ちコンテンツ:https://up-sider.com/media/
・設立:2018年5月
・代表者:宮城 徹、水野 智規
・資本金:8,794百万円(資本準備金等含む)
・本社所在地:東京都港区六本木 7-15-7
・加入協会・認定: 一般社団法人日本資金決済業協会、セキュリティ認定 PCI DSS v3.2.1、JIIMA認証「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」

本件に関するお問い合わせ先

ご導入のご相談や、取材申し込み、提携のご連絡は、pr@up-sider.com までご連絡ください。

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。

※ Microsoft Teams は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
位置情報
東京都港区本社・支社
関連リンク
https://up-sider.com/
ダウンロード
プレスリリース添付資料.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

株式会社UPSIDERのプレスキットを見る

会社概要

株式会社UPSIDER

46フォロワー

RSS
URL
https://up-sider.com/
業種
金融・保険業
本社所在地
東京都港区六本木7丁目15−7 新六本木ビル
電話番号
-
代表者名
宮城徹・水野智規
上場
未上場
資本金
87億9400万円
設立
2018年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード