【京都水族館】初夏の風物詩「ホタル」を期間限定展示 「ほたるの夜」を開催

~幻想的な光の演出による「京の里山」イルミネーションでホタルの光に包まれる~

『京都水族館』(京都市下京区、館長:下村 実)は、初夏の風物詩であるホタルをテーマにしたイベント、「ほたるの夜」を2017年6月3日(土)~7月9日(日)の期間限定で開催しますのでお知らせします。
  「ほたるの夜」では、期間中の営業時間を20時まで延長し、初夏の風物詩であるホタルが発光する様子や、イルミネーションを用いた演出により、ホタルが光る里山をイメージした幻想的な空間を体感することができます。

 「京の川」エリアでは、「ヘイケボタル」と「ゲンジボタル」の展示を行います。日中はホタルの姿や生態をじっくり観察することができ、18時からは夜の水族館内をホタルの光のようなランタンを持って散策しながらホタルの淡く柔らかい光をお楽しみいただくことができます。

 また、夜の「京の里山」エリアでは、小瓶に入ったホタルを静かに観察しながらホタルの魅力を下村実館長が解説する「ほたるがたり」や、ホタルの光をイメージしたオリジナル照明を作ることができる「なりきりほたる」など、ホタルや初夏の気分に浸ることができる体験プログラムを開催します。

 そのほか「京の里山」エリアでは、ホタルの光を再現したイルミネーション「ヒカリの里山・夏 ヒカリのゆうべ」を期間中に限り、18時から開催します。空中を舞うホタルや、木々に寄り添うように発光するホタルの光をイメージしたさまざまな光彩の中、「京の里山」をゆっくりと散策することができます。

 ホタルの光を満喫することができる「ほたるの夜」をお楽しみください。
 

初夏の風物詩「ホタル」を期間限定展示 「ほたるの夜」を開催初夏の風物詩「ホタル」を期間限定展示 「ほたるの夜」を開催


初夏の風物詩「ホタル」を特別展示
イルミネーションや体験プログラムでホタルの光を満喫する「ほたるの夜」
1.「ヘイケボタル」などの特別展示

 「ほたるの夜」では、期間中営業時間を20時まで延長し、ホタルの中でも水田に多く生息する「ヘイケボタル」など約160匹を4つの水槽内で展示します。10時~16時30分までは日中のホタルの姿やその様子をじっくり観察でき、18時以降は夜の暗い雰囲気の中、水槽の中で柔らかに発光するホタルの光をお楽しみいただけます。

ヘイケボタルヘイケボタル

ヘイケボタルヘイケボタル


2.ホタルの光についての解説パネルを展示
 古くから日本人の暮らしに根付いてきた「ゲンジボタル」や「ヘイケボタル」といったホタルの光について、「京の川」エリアの大型モニター画面にて解説します。日中は「どうしてホタルは光を放つ?」、「ゲンジボタルとヘイケボタルの光り方の違いは?」といった生態に関する解説を行い、18時以降は「ゲンジボタルの名前の由来は?」、「ホタルの光は古くから人の魂に例えられた?」といった文化的な側面から解説します。

18時以降はランタンを持って館内を散策いただけます18時以降はランタンを持って館内を散策いただけます


開催期間 : 2017年6月3日(土)~7月9日(日)
開催時間 : 10時00分~20時00分 (最終入場19時00分)
※18時以降ホタルの発光をお楽しみいただくことができます。
※16時30分から18時の間はホタルの展示水槽を完全遮光するためご覧いただくことができません。
※ランタンの設置は18時以降となります。
開催場所 : 「京の川」
料金 : 無料(別途京都水族館への入場料が必要)

3.体験プログラム 館長の解説ツアー「ほたるがたり」
 「ほたるがたり」では、下村実館長がホタルの光のメカニズムといった生態などを解説しながら、小瓶に入ったホタルを各組一つずつ持って実際のホタルを観察します。暗く静かな「京の里山」でゆっくりとホタルの光に癒される時間を過ごすことができます。
 

 

ホタルを間近で観察しますホタルを間近で観察します


開催期間 : 2017年6月3日(土)~7月9日(日)の土日(17日(土)・18日(日)を除く)
開催時間 : 19時15分~19時45分 
開催場所 : 「京の里山」2階テラス
定員 : 各回5組(1組2名さままで)
対象 : 18歳以上
料金 : 500円/1名(税込み)(別途京都水族館への入場料が必要)
申込方法 : ホームページより事前申し込み(応募者多数の場合は抽選)

4.体験プログラム 「なりきりほたる」
 「なりきりほたる」では、LED照明の入った透明なカプセルに自由に絵を描いて、オリジナル照明を作ります。オリジナル照明を持ちながら夜の暗い空間の館内をゆったりとした気分で歩くと、まるで自分がホタルになりきりふわふわと飛んでいるかのように感じます。

オリジナルの照明でホタルになりきろうオリジナルの照明でホタルになりきろう


開催期間 : 2017年6月3日(土)~7月9日(日)の土日
開催時間 : 16時30分~18時00分(最終受付17時45分)
開催場所 : 「京の海」大水槽(1階)横特設スペース
定員 : 各日先着100名
対象 : 全対象
料金 : 500円/1名(税込み)(別途京都水族館への入場料が必要)
申込方法 : 当日申し込み

5.イルミネーション 「ヒカリの里山・夏 ホタルのゆうべ」
 日本の古くから親しまれてきた伝統工芸品を融合してホタルの光を再現したイルミネーション「ヒカリの里山・夏 ホタルのゆうべ」を期間中18時から開催します。

 

ホタルの光を再現した幻想的なイルミネーションが輝きます(イメージ)ホタルの光を再現した幻想的なイルミネーションが輝きます(イメージ)


「京の里山」エリアでは、グリーンやライトグリーンのイルミネーションが「京の里山」全体を幻想的にライトアップする中、まるでホタルがひっそりと息づいてるかのような光を再現し、竹を使った昔から馴染みのある京都独自の工芸品と融合した新しい光の演出をお楽しみいただけます。

ホタルの光を再現した幻想的なイルミネーションが輝きます(イメージ)ホタルの光を再現した幻想的なイルミネーションが輝きます(イメージ)


 東屋周辺では、樹木で羽を休めるホタルがゆっくりと発光する光や空中を舞いながら輝く光をイメージした演出を行います。また、棚田や池などの水景周辺には光の灯った竹鞠を配置し、水面に映りこむさまや風とともに揺れ動く風情あふれる演出の中、日本ならではの初夏の夜を散策いただけます。
 「京の川」エリアでは、暗闇の中で川の上空をふわりと舞って美しく輝くホタルの光をイメージしたイルミネーションの演出を行います。

川の上空を漂うホタルをイメージした空間演出(イメージ)川の上空を漂うホタルをイメージした空間演出(イメージ)


開催期間 : 2017年6月3日(土)~7月9日(日)
開催時間 : 18時00分~20時00分 (最終入場19時00分)
開催場所 : 「京の川」「京の里山」
料金 : 無料(別途京都水族館への入場料が必要)

6.イベント連動特別メニュー 「ほたるのひかりソーダ」​
 
ホタルの光をイメージした光る氷が入ったオレンジ味のソーダです。初夏にぴったりな見た目にも爽やかなドリンクです。

まるでホタルのように輝く「ほたるのひかりソーダ」まるでホタルのように輝く「ほたるのひかりソーダ」


販売期間 : 2017年6月3日(土)~7月9日(日)
販売時間 : 11時00分~20時00分
販売場所 : 「ハーベストカフェ」
価格 : 600円(税込み)
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. オリックス株式会社
  3. 【京都水族館】初夏の風物詩「ホタル」を期間限定展示 「ほたるの夜」を開催