高山市役所と実証実験を実施

おくやみ窓口システム、観光宿泊統計調査システムにkintoneを活用

サイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)は、高山市役所と連携し、kintone(キントーン)を利用したおくやみ窓口システム(※1)及び観光宿泊統計調査システム(※2)の開発、実証実験を行うことを発表いたします。
■実証実験の内容
サイボウズが提供するクラウドサービス「kintone」等を利用し、高山市自ら、おくやみ窓口システム(※1)、観光宿泊統計調査システム(※2)を開発し、業務での利用を通じて導入効果の実証を行います。業務システムを職員自ら設計・改修することができるkintoneの利点を活かし、低コストかつスピーディに本実証実験を展開します。

※1:おくやみ窓口システムについて
死去に伴う各種手続は、当該者がお亡くなりになっており必要となる手続を本人から聴取できないため、親族等届出者が関係課窓口で内容を確認しています。関係部署が多岐にわたるだけでなく、一度の市役所訪問で完了できない手続きもあり、届出者及び関係事業者にとって大きな負担となっています。
そこで、本実証実験においては、kintoneを利用し、当該者の死去に伴い発生する全ての手続を関係部署が事前に把握して届出者にご案内し、市役所訪問時にワンストップでの手続を可能とするシステムを構築し、利用者の利便性向上と業務効率化を目指します。年間死亡者数の増加が予測されている中、本システムを実現することにより、全国の自治体が導入しやすいモデルケースを創出します。

※2:観光宿泊統計調査システムについて
高山市の宿泊者数を調査するため、市内約350の宿泊施設から、毎月の宿泊者数に関する各種情報をFAX、Excelデータで収集しています。職員が手入力で集計を行っているため時間がかかってしまう問題がありました。本実証実験においては、kintoneを利用し、市内宿泊施設からの宿泊者数報告等をインターネット上で行うことができるシステムを構築し、自動集計することで、業務効率化及び分析結果の活用促進を目指します。

■実証実験期間
2020年1月~3月(3ヶ月間)

■kintoneとは
製品サイト:https://kintone.cybozu.co.jp/
サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。


※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、下記をご参照ください。
https://cybozu.co.jp/logotypes/other-trademark/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サイボウズ株式会社 >
  3. 高山市役所と実証実験を実施