ゲーマーのSNSや投稿サイトの利用状況を調査_SNSや投稿サイトの利用は8割以上

ゲーム情報だけでなく何気ない日常の出来事を気軽に発信しているゲーマー

昨今、様々なSNSや投稿サイトが登場し、誰でも発信できるツールが身近にあります。ゲームに関しても、タイトルの話題やレビュー等、様々な情報を発信したり見ることができる便利なツールですが、ゲーマーはどのようにSNSや投稿サイトを活用しているのでしょうか。今回はゲーム関連以外での利用も含め、ゲーマーのSNSや投稿サイトの利用状況を調査してみました。
株式会社ゲームエイジ総研(代表取締役社長:光井誠一)は、国内唯一の「ゲームビジネスに特化したマーケティングリサーチ&コンサルティングファーム」として様々な分析を行って参りました。昨今、世界中で話題となっているVRやeスポーツといった、いわゆるゲームの枠にとどまらない新たな“エンタテイメント”の隆盛により、旧来のゲーム市場は過渡期を迎えています。そのため、改めて現在の“ゲーマーとは?”をテーマに、ゲーマーのライフスタイルを掘り下げる分析を、継続して実施していきます。

昨今、様々なSNSや投稿サイトが登場し、誰でも発信できるツールが身近にあります。ゲームに関しても、タイトルの話題やレビュー等、様々な情報を発信したり見ることができる便利なツールですが、ゲーマーはどのようにSNSや投稿サイトを活用しているのでしょうか。今回はゲーム関連以外での利用も含め、ゲーマーのSNSや投稿サイトの利用状況を調査してみました。


■   SNSや投稿サイト利用は8割を超えるが、発信・投稿は3割未満
ゲーマーに利用しているSNSや投稿サイトがあるかどうかを聞いてみたところ、80.2%が利用していると回答しています。一方、自ら発信・投稿を行うかどうかを聞いたところ、29.2%が発信・投稿すると回答しました。【グラフ①②】

ゲーマーの約8割程度がSNSや投稿サイトを利用していますが、発信・投稿するのは3割程度であることがわかります。

上記の結果を年代別で見てみると、利用が最も高いのは20代で91.1%となり、10代と30代は8割以上となりました。【グラフ③】
発信・投稿も同様に、20代や10代30代が高い傾向ではありますが、特に20代は51.4%と、半数以上のゲーマーが何らかの発信・投稿をしています。【グラフ④】
SNSや投稿サイトの利用については、年代でそれほど大きな差は見られませんでしたが、発信・投稿するのは20代が非常に多いことがわかります。
 

■   20代は「Twitter」「Instagram」、10代は「TikTok」の利用率が高い
では、ゲーマーはどのようなSNSや投稿サイトを利用しているのでしょうか。利用しているSNSや投稿サイトを聞いてみたところ、最も利用が多いのは「YouTube」の69.9%。「Twitter」は44.8%が利用していました。

「YouTube」はどの年代でも利用率が高かったのですが、20代は他の年代よりも「Twitter」「Instagram」の利用が高く、10代は「TikTok」の利用率が他の年代よりも高い結果となっています。【グラフ⑤】

また、SNSで投稿されている情報をきっかけに、何らかの購入やアクションにつながったかどうかを聞いてみたところ、「ゲームソフトの購入の一部がSNSの情報がきっかけとなった」(女性/10代)、「ゲーム実況者が実況したゲームを購入した」(女性/20代)など、ゲームの購入につながったという意見のほか、「コスメや洋服のブランドの公式のインスタアカウントの投稿を見て、そのまま購入ページに飛んで購入した」(女性/20代)や、「子供が好きなキャラクターのキャンペーンコラボ商品を見て買いに行った」(女性/30代)、「コンビニスイーツや飲食店のスイーツなど、食レポの投稿を見て買いに行ったり食べに行ったりした」(女性/30代)などのように、ゲームに限らず様々な情報をキャッチし、購入やアクションにつながっていることがわかります。このようなコメントは、特に女性に多く見られました。

■   「Twitter」や「Instagram」に何気ない毎日の出来事を気軽に発信・投稿
続いて、発信・投稿するSNSや投稿サイトを聞いてみたところ、「Twitter」が59.5%と半数以上、次いで「Instagram」が46.9%となりました。

「Twitter」は20~40代、「Instagram」は10~20代で発信・投稿が多く、「Facebook」については40~50代での発信・投稿が多い傾向が見られました。「YouTube」は、利用は多かったものの、発信・投稿は11.7%と低い結果となっています。【グラフ⑥】

そこで、発信・投稿の状況を知るため、どのような頻度で発信・投稿しているのかを聞いたところ、1日に1回以上発信・投稿しているのは44.3%、週に1回以上で31.9%となっています。7割以上が週に1回以上は発信・投稿していることがわかります。【グラフ⑦】

また、どのような内容を発信・投稿しているのかを聞いたところ、「ライフスタイル関連情報」や「飲食関連情報」「エンタメ関連情報」などが、「ゲーム関連情報」16.5%よりも高い結果となっています。【グラフ⑧】

決まった情報をしっかりと発信・投稿するよりも、今日あった何気ない出来事や、誰にでも身近な飲食の話題などを気軽に発信・投稿している様子が窺えます。
 

​ゲーマーのSNSや投稿サイトの利用を見てみた結果、年代によってツールの違いはあるけれど、多くのゲーマーはゲームの情報だけでなく、様々な日常の情報をSNSや投稿サイトから得ており、そこから得た情報で日常生活のちょっとした楽しみや充実を図っていることがわかりました。

また、発信・投稿する人は利用者全体と比較するとまだ限られているようですが、ゲームなど何かテーマを絞った発信・投稿よりも、日常での出来事や考えたこと、美味しかった食べ物、面白いエンタメの話題などを気軽に発信していることがわかりました。

SNSや投稿サイトが浸透する前は、情報誌やトレンド雑誌など、限られた情報、限られた手段でしか得ることができませんでしたが、現在ではこのように何気ない日々の情報を発信し、それらを何気なく利用者が利用するという形が浸透しており、それらを双方向で楽しみながら利用することで、ゲームに限らず様々な情報伝達や拡散、自己表現のカタチができていくのでしょう。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゲームエイジ総研 >
  3. ゲーマーのSNSや投稿サイトの利用状況を調査_SNSや投稿サイトの利用は8割以上