電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」「iF DESIGN AWARD 2021」を受賞

10.8Vシリーズ/ 36Vコードレスジグソーの2シリーズ/製品

 電動・空気工具を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:森澤篤)は、10.8Vシリーズ(DS 12DD/DS 12DA/DV 12DD/DV 12DA/WH 12DD/ WH 12DA/DB 12DD/CV 12DA/CR 12DA)、36Vの「コードレスジグソー」(CJ 36DA/CJ 36DB※1)で、国際的に権威あるデザインアワード「iF DESIGN AWARD 2021」を、プロダクト部門にて受賞しました。
 当社は、同賞を2003年に初めて受賞しており、今年で12回目の受賞となります。今後も引き続き、「製品デザイン力」と「技術力」を備えた「ユーザー志向のモノづくり」を進めてまいります。

 10.8Vシリーズは、小形でありながら高性能な10.8Vスライド式リチウムイオン電池を開発したことで、力強い適正な性能且つ小形で軽量なダウンサイジングを実現したコードレス電動工具シリーズです。狭い現場での仕事が多く、軽くて取り回しの良い電動工具を求める電気工事や設備工事の職人を中心に支持されています。

 「コードレスジグソー」(CJ 36DA/CJ 36DB※1)は、当社独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池(36V⇔18V)」を搭載した36Vコードレスジグソーです。近年、取り回しの良さから、コードレス製品を使う職人が増加しています。本製品は、高耐久・長寿命で高効率なブラシレスモーターと「マルチボルト蓄電池(36V⇔18V)」を搭載することで、クラストップ※2の切断スピードと高い切断性能による綺麗な仕上げ面をコードレスで実現しました。職人が求める良質な仕上がりを、スムーズに素早く作業できるジグソーです。
※1 CJ 36DBは海外のみで販売しています。
※2 2019年10月現在。国内電動工具メーカーにおいて(当社調べ)(コードレスジグソー)

 

 

10.8Vシリーズ10.8Vシリーズ


 

 

 



 

CJ 36DA/CJ 36DBCJ 36DA/CJ 36DB








■「iF DESIGN AWARD」について
 「iF DESIGN AWARD」は、1953年にドイツのiF International Forum Design GmbHによって設立された、全世界のさまざまな分野の製品を対象にした国際的なデザインアワードです。新型コロナウイルスの影響により初の完全デジタル審査となった「iF DESIGN AWARD 2021」では、過去最大の52の国と地域から10,000点近い応募があり、98人の著名な審査員によって厳正な審査が行われました。
 iF DESIGN AWARD公式サイト(英語):https://ifworlddesignguide.com/

■受賞製品について
受賞製品情報については、以下のサイトをご覧ください。
・10.8Vシリーズ
DS 12DD:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-drill/ds12dd/ds12dd.html
DS 12DA:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-drill/ds12da/ds12da.html
DV 12DD:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-drill/dv12dd/dv12dd.html
DV 12DA:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-drill/dv12da/dv12da.html
WH 12DD:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-drill/wh12dd/wh12dd.html
WH 12DA:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-drill/wh12da/wh12da.html
DB 12DD:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-drill/db12dd/db12dd.html
CV 12DA:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-cutter/cv12da/cv12da.html
CR 12DA:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-cutter/cr12da/cr12da.html

・コードレスジグソー
CJ 36DA:https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-cutter/cj36da/cj36da.html
CJ 36DB※1(英語):https://www.hikoki-powertools.com/products/powertools/li-ion-saw/cj36da/cj36da.html

 工機ホールディングスは、今後とも、お客さま視点に立ったより良い製品とサービスの開発に努め、お客さまであるプロのための「極上」の製品体験を創出し、その情熱と信頼に応えていきます。
 

<ご参考>
「マルチボルト蓄電池」について
 2017年8月に誕生した当社独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池」は、大容量と高出力によりAC100Vの電動工具に匹敵するパワフルさを実現しており、これまでコードレス工具で同時に兼ね備えることが困難とされてきた課題「ハンディかつパワフル」を実現する製品です。

 18Vと36Vの互換性があり※3、当該電池を電動工具本体に装着するだけで自動的に電圧を切り替える(36V⇔18V)ことができる画期的な新技術を導入しています。パワフルな仕事から気軽に使えるものまで、お客さまの様々な仕事に対応できるシリーズが合計123モデルも揃っています※4。
 さらに、お買い上げ日から2年間または充電回数1,500回(BSL 3660は1,000回)以内の範囲で保証しています。(ただし、いずれか先に到達するまでの期間。取扱説明書に従った正常なご使用状態で故障した場合)
※3 一部ご使用いただけない製品があります。
※4 2020年10月6日時点。36V製品群48モデル、工具・サポートツールなどの18V製品群75モデル、合計123モデル。

電動工具の日

 2018年より、10月1日は「電動工具の日」である、と一般社団法人日本記念日協会によって認定されました。十月一日はプラスとマイナスドライバ、10月1日はイチとゼロでスイッチを意味し、電動+工具の記念日にふさわしいとされました。「HiKOKI」(ハイコーキ)ブランド要諦発表の日が電動工具の日になったことを歴史に刻み、業界発展のためにさらなる貢献をしてまいります。 

工機ホールディングス株式会社について
 工機ホールディングス株式会社は、ドライバ、ドリルなど約1,300 機種の電動工具、釘打機などの空気工具、刈払機や植木バリカンなどの園芸工具、クリーナや高圧洗浄機などの家庭用電化製品群を製造販売するリーディングカンパニーの一つです。
 70 年の歴史に裏打ちされた高い信頼性と世界最高水準の技術力を誇り、日本はもとより、欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカにおよぶ世界95ヵ国に販売拠点を持ち、グローバルに事業を展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 工機ホールディングス株式会社 >
  3. 電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」「iF DESIGN AWARD 2021」を受賞