社会人で朝起きるのが全く辛くない人はたったの3%だけ?!飲み会の次の日はどうしても起きられない?朝起きるのが辛くならない対処法は?

ベースメントアップス株式会社が「社会人の朝についての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年12月7日 〜2019年12月14日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :210名
■調査対象 :社会人
ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「社会人の朝」について調査しました。

仕事で嫌なことがあった時や忙しい時、疲れている時は、朝起きるのが辛いですよね。誰しも朝起きる時に、もう少し布団の中にいたいと思ったことはあるのではないでしょうか。

朝起きることが辛い時は、休息の時間ををとることが大切と言われています。毎朝憂鬱な朝を迎えていると、精神的、心理的にによくありません。

また、朝起きるのが辛い、仕事に行きたくないというような負の感情を持っていると、仕事のパフォーマンスが下がってしまいます。結果を残したいのであれば、前向きな気持ちで朝を迎えることが大切です。

それでは、社会人の朝起きることの辛さへの本音は一体どうなのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「朝起きるのが辛いですか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。

【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com/articles/491

社会人を対象に、「朝起きるのが辛いですか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

とても辛い:69%
少し辛い:20%
あまり辛くない:8%
全然辛くない:3%

 
  • とても辛い:69%

とても辛いと回答した人は、全体の69%でした。休日明けは特に朝起きるのが辛いと感じるのではないでしょうか。仕事に追い詰められている人は、休日は仕事のことを一切考えないほうがいいと思います。休日まで仕事のことを考えると、結局体が休まらないので、オンとオフの切替を大切にしましょう。
 
  • 少し辛い:20%

少し辛いと回答した人は、全体の20%でした。朝型の人や、朝起きるのが苦ではないという人でも、やはり仕事前は少し辛いなと感じてしまうと思います。そんな時は朝の光を浴びたり、好きな音楽を聴いたりして起きると少しでも楽になるのではないでしょうか。
 
  • あまり辛くない:8%

あまり辛くないと回答した人は、全体の8%でした。仕事が多少辛くてもしっかり睡眠時間が取れていれば、あまり辛くないのかもしれません。朝が辛いと感じた時は、理想の睡眠時間と言われている7〜8時間の睡眠を取るようにしましょう。
 
  • 全然辛くない:3%

全然辛くないと回答した人は、全体の3%でした。仕事やプライベートが充実していると、爽やかな気持ちで朝を迎えることができると思います。そうすると、モチベーションも上がり生活がより良くなっていくのではないでしょうか。全然辛くないと回答した人は、朝起きるが楽しいと思えるような今の生活を続けていきましょう。

下記記事では、「朝起きれない時の対処法」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。

https://taisyokuagent.com/articles/491
 
  • 関連サイト

■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. べースメントアップス株式会社 >
  3. 社会人で朝起きるのが全く辛くない人はたったの3%だけ?!飲み会の次の日はどうしても起きられない?朝起きるのが辛くならない対処法は?