【八重洲ブックセンタービジネス書ランキング1位!】弱みを克服した人にクリエイティブな人はいない!?『クリエイティブ思考の邪魔リスト』

「邪魔」さえ除けば創造的思考は湧いてくる。


マイクロソフト、デル、フィットビットなどで活躍してきた凄腕マーケッターである瀬戸和信氏による「NewsPicks」人気連載を書籍化した『クリエイティブ思考の邪魔リスト』が、八重洲ブックセンター本店の経済・経営・ビジネス書部門(2016年7月17日~7月23日)にて1位を獲得いたしました。

「これは『非合理的に真面目』な日本人が 世界一クリエイティブになるための本である」

(「NewsPicks」佐々木紀彦編集長)

「規則の島」で仕事や通勤に長時間を費やす私たちは、生来持つ「クリエイティブ思考」を封印されてしまっている。創造性の“芽生え” を邪魔する15 の悪習慣さえ取り除けば、誰だって豊かな思考を持てる!

たとえば……
◆徹夜をしてはいけません
◆制約をあなどってはいけません
◆慎重に計画を練ってはいけません
◆「考えても仕方のないこと」を考えてはいけません
◆弱みを克服してはいけません
◆「自己ブランディング」に罪悪感を持ってはいけません
◆惰性リズムを積み重ねてはいけません
 
著者の地元、金沢市長もブログで絶賛!
 http://ameblo.jp/yamano4455/entry-12186988215.html

【著者略歴】

瀬戸和信(せと・かずのぶ)

テクノロジーマーケター。1978 年、石川県金沢市出身。元ラガーマン(学生+社会人の合計8年間)。フィットビット・ジャパン勤務。地元の高校を卒業後、地元の企業アイ・オー・データ機器に入社。営業職を務める。しかし、世界を舞台に仕事がしたいという野望を抱き、英会話を猛勉強、20代後半に足を踏み入れようとするタイミングで、デルの採用試験に合格。中国・大連に赴任する。その後、日本エイサー、日本オラクル、日本マイクロソフトで営業、マーケティング、プロダクトマネジメント、ビジネスデベロップメントの現場においてシニアマネジメント職を歴任。マイクロソフトで「2 in 1(Surface)」、エイサーで「ネットブック」という新しい概念を日本に定着させ、商品をヒットさせた。


現在は、ウェアラブル端末の出荷数世界1位(2015年)のメーカー、フィットビット・ジャパンで「ウェルネス+ウェアラブル」という新しい概念を日本に展開中。「東洋経済オンライン」や「NewsPicks」で連載を執筆。2016 年より法政大学統計実習特別講師、14 年1月より東京から石川県をおもしろくするコミュニティ「DOKYO FESTIVAL」エバンジェリストも務める。家族はカナダ人の妻と二人の子ども。

【書籍情報】
『クリエイティブ思考の邪魔リスト』
瀬戸和信 著
朝日新聞出版
定価:1400 円+税
四六判並製256 ページ
ISBN 978-4-02-331521-1
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 【八重洲ブックセンタービジネス書ランキング1位!】弱みを克服した人にクリエイティブな人はいない!?『クリエイティブ思考の邪魔リスト』