緊急事態宣言延長を受け『ドライブスルー八百屋』販売延長が決定

緊急事態宣言延長を受け『ドライブスルー八百屋』販売延長が決定

緊急事態宣言延長を受け外食向け業務用青果卸のフードサプライ(東京都大田区、代表取締役:竹川敦史)は、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、農家、製造業、物流業を守るために接触を極力無くした安心・安全な「ドライブスルー八百屋」のサービス延長を決定いたしました。

URL: https://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/
 


■継続決定の背景

1月9日より再スタートした『ドライブスルー八百屋』ですが当初予定の緊急事態宣言解除2月7日までの開催でしたが、緊急事態宣言延長を受け3月7日迄の延長を決めました。
契約農家から届く野菜を廃棄、流通を止めない為に少しでも多くの野菜をドライブスルー八百屋で消費していただきたく続けてまいります。

 


■『ドライブスルー八百屋』販売継続の効果について

・非接触型販売により未だに続くコロナウィルス感染拡大の防止
・少しでも農家の方々に元気になってもらいたい
・食材の廃棄ロスを防ぐ
・ドライブスルー形式なので人との接触が少ない
・セット販売のため商品の購入時間の短縮につながる
・卸業者から直接購入できるので安価で安心して気軽に購入できる
・店頭で元気よく販売することで、街を明るくし地域に貢献することができる
・社員のモチベーションも上がり雰囲気も良くなる


≪引き渡し場所、日時≫
・京浜島物流センター、千葉県野田センター、北海道札幌センター、宮城県仙台センター
 埼玉県八潮センター、神奈川県横浜センター、京都府京都センター、大阪府大阪センター

詳しい日時は下記サイトよりご確認ください。

https://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/



【株式会社フードサプライ】
設立:2009年4月27日 資本金:8050万円 代表取締役:竹川敦史
本社:東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田6F 
事業内容:業務用野菜の卸売販売
URL:https://www.foodsupply.co.jp/

理念に“YASAI LIFE LINE”というキーワードを用い、自社を「野菜の流通」、「八百屋」ではなく「野菜のライフラインをつくる企業」と定義。東京・千葉に物流センターをかまえ、「流通業を行う企業」ではなく「新しい流通をつくる企業」として「ドライブスルー八百屋」をはじめとした新しいモデルを構築し続けている。
「2020年外食アワード受賞」
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フードサプライ >
  3. 緊急事態宣言延長を受け『ドライブスルー八百屋』販売延長が決定