生産性向上を図る必須ツール「RPA導入サービス」の提供を開始

マンパワーグループ、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入サービスを企業に提供

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下「マンパワーグループ」)は、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入から運用支援まで、生産性向上を目的とした最適なサービスを各企業・組織に提供開始します。
◇スマートワーク時代の必須ツールRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは
少子高齢化を起因とする労働力不足が急激に進む中、企業・組織はその対策として業務のデジタル化や、人工知能の導入等生産性の維持・向上を検討しています。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、手作業による定型処理のパソコン操作を、ロボットが代行して自動化することを得意とするシステムです。人間が行う業務の処理手順に関してルールエンジンを活用し操作画面上から登録することで、ソフトウェアやブラウザ、クラウドなどさまざまなアプリケーションを横断して処理が可能です。

◇ RPA導入事例とその効果

◇ 導入プロセス

◇ 導入ツール

 

 

※マンパワーグループは、WINACTORの正規代理店です。詳細は、下記URLよりご確認ください。
https://www.manpowergroup.jp/client/serve/rpa/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マンパワーグループ株式会社 >
  3. 生産性向上を図る必須ツール「RPA導入サービス」の提供を開始