〔埼玉〕10月8日(土)浦和で「健康と平和」フェスタ 人体も地球もすこやかにするには

あの世界的名著を彷彿させる医療と宅配のコラボレーション

生活協同組合パルシステム埼玉(本部:蕨市錦町、理事長:樋口民子)と医療生協さいたま生活協同組合(本部:川口市木曽呂、雪田慎二理事長)は10月8日(土)、さいたま市の組合員活動施設「ぱる★てらす」で「健康と平和フェスタ」を開催します。
自分の健康をみつめ他者への思いやりを広げよう
イベントでは、来場者の健康や体力がチェックできる体組成測定や、専門職員による健康・介護相談などが実施されます。免疫力を高めると言われる「笑いヨガ」や「脳トレ体操」の体験会、「ミニ認知症講座」も開催され、楽しみながら健康意識の向上を図れます。
会場では、生活困窮者への各種支援活動を行う(一社)反貧困ネットワークの協力のもと、難民支援団体による展示・物販コーナーも設置します。自身の健康意識を高めるだけでなく、国を追われた人々の実情や生活にも思いをはせてもらえるよう呼びかけます。

協同組合間連携で明るいまちづくり
今年で合併30周年を迎える医療生協さいたまは、「昨日よりも今日が、そして明日が、いっそう意欲的に生きられる」との健康観の実現のため、地域活動に取り組んでいます。明るいまちづくりをめざし、地域内の助け合い活動や平和を考えるイベントも多数実施しています。10周年を迎えたパルシステム埼玉も同様の活動を行っており、このたび共同開催が実現しました。
 本イベントでは、両生協の連携により、利用組合員や地域住民に向けて健康の大切さ、平和の尊さを伝えていきます。SDGsの掲げる「すべての人に健康と福祉を」「人や国の不平等をなくそう」の目標に向け、健康増進や平和について理解を深める機会になることを願います。

 

ともに周年を迎える医療生協さいたまとパルシステム埼玉ともに周年を迎える医療生協さいたまとパルシステム埼玉

■「健康と平和フェスタ」開催概要
日 時:2022年10月8日(土)、12時30分~16時 *12時受付開始
会 場:組合員活動施設 ぱる★てらす(さいたま市浦和区東仲町10-7)
参加費:無料 *申し込み不要
持ち物:筆記用具
内 容:1F受付
    2F会場 ― 難民支援団体の展示・物販コーナー
    3F会場 ― フレイル度を確認する「健康チェック」/「健康相談コーナー」
    4F会場 ― 「笑いヨガ」12:30~12:50/ミニ認知症講座」13:00~13:20
         その他、脳トレ体操や介護相談(随時)を開催
    5F会場 ― 「手洗い教室」13:00~13:30、14:30~15:00
          「歯磨き教室」13:45~14:15、15:15~15:45

▼パルシステム埼玉10周年記念動画「パルシステム埼玉の挑戦」

【組織概要】

生活協同組合パルシステム埼玉
所在地:埼玉県蕨市錦町2-10-4、理事長:樋口民子
出資金:87.3億円、組合員数:219,059人、総事業高:325.3億円(2022年3月末現在)
HP:https://www.palsystem-saitama.coop

医療生協さいたま生活協同組合
所在地:埼玉県川口市木曽呂1317、理事長:雪田慎二
出資金:65.4億円、組合員数:236,022人、総事業収益:229.5億円(2021年3月末現在)
HP:https://www.mcp-saitama.or.jp

パルシステム生活協同組合連合会
所在地:東京都新宿区大久保2-2-6 、理事長:大信 政一
13会員・統一事業システム利用会員総事業高2,569.1億円/組合員総数168.3万人(2022年3月末現在)
会員生協:パルシステム東京、パルシステム神奈川、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城栃木、パルシステム山梨、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム静岡、パルシステム新潟ときめき、パルシステム共済連、埼玉県勤労者生協、あいコープみやぎ
HP:https://www.pal.or.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パルシステム連合会 >
  3. 〔埼玉〕10月8日(土)浦和で「健康と平和」フェスタ 人体も地球もすこやかにするには