ディノスキッズ保育園、オンラインクレーンゲームを無償提供

各ご家庭におけるお子様の「遊育」をサポート。

SDエンターテイメント株式会社(北海道札幌市、代表取締役社長 長谷川 亨 JASDAQ4650)は、2021年9月1日より運営する保育園「ディノスキッズ」を利用されている各ご家庭にオンラインクレーンゲームを無償提供いたします。


現在、新型コロナウイルス感染症の影響により子どもの外遊びが制限されております。こうした家中需要が高まる状況を受けて、ディノスキッズをご利用いただいている各ご家庭に、オンラインクレーンゲーム「ぽちくれ」のポイントを無償提供することといたしました。幅広い年齢の方が室内で遊べる環境を提供し「室内遊びでの遊育」「日々の育児の息抜き」のサポートをすることを目的としております。 
 
  • 無償提供内容
期間:2021年9月~2021年12月
内容:オンラインクレーンゲーム「ぽちくれ」にて毎月3,000PPをご提供。
(※1プレイ 99PPからお楽しみいただけます)
 
  • オンラインクレーンゲーム「ぽちくれ」とは?

自宅にいながらパソコン・スマホで誰でも簡単に楽しめるリアルなクレーンゲームです。本物のクレーンゲームをスマートフォンアプリで遠隔で操作し、獲得した景品はご自宅へ配送!人気のフィギュア、ぬいぐるみ、話題の商品など300種類以上の景品を用意しております。
 
  • 「遊育」とは?
「【遊育(あそいく)】は、将来の生活に必要な基本動作を“からだを使った遊び”の中でバランスよく身につけてもらい、元気な子ども=健全な人間を育てることです。体力の向上に限らず、コミュニケーション能力や創造力の発達、表現力や自主性の向上、意欲心の育成など幅広くバランスのとれた「生きる力」を子どもたちに備える手助けにもなると考えています。」

出典:【遊育(あそいく)】あそいくイベントパッケージ|教育コンテンツならNHKエデュケーショナル
https://www.nhk-ed.co.jp/business/event/stage/asoiku/
 
  • 企業主導型保育園「ディノスキッズ」

ディノスキッズは北海道・札幌市内4箇所に開園している企業主導型保育園です。内閣府の定める企業主導型保育事業に則り運営しており、国と札幌市の両方から施設設備のチェックを受けております。ディノスキッズが参画する企業主導型保育事業の目的は、男女問わず仕事と子育ての両立をさせることです。働き方改革による多種多様な就労形態を実現することを目的としています。働く保護者の方への支援を拡充させ、教育・保育の受け皿を増やすことにより待機児童の解消に向けて取り組んでいます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDエンターテイメント >
  3. ディノスキッズ保育園、オンラインクレーンゲームを無償提供