WMH がジャパンクオリティの海外進出を トータルサポート 台湾初上陸するMOUSSY OUTLET(マウジー アウトレット)を代理運営

WMH
ファッション・ビューティー業界に特化したソリューションカンパニーのワールド・モード・ホールディングス株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表: 加福真介、以下「WMH」)は、アジアパシフィック地域における、日本のファッション・ビューティ企業の海外進出をサポートする体制を強化しております。
2021年4月29日、台湾に初上陸する株式会社バロックジャパンリミテッド(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:村井博之、以下バロック)が出店する基幹ブランド「MOUSSY」(マウジー)のアウトレット店舗の運営代行をWMHは受託しました。

 

■台湾での展開を開始するバロックジャパンリミテッド アウトレットの運営を受託
コロナ感染者数が激減している台湾では、経済成長も好調を維持しており、今後2025年まで商業施設の新設・リニューアルの計画が多数あります。4月29日台湾北部最大級のアウトレットモール、三井アウトレットパーク台湾林口のリニューアルオープンに合わせて、バロックの基幹ブランド「MOUSSY」のアウトレット店舗が台湾初出店をします。既に中国にてジャパンクオリティで成功しているバロックでは、今後台湾国内での展開を拡大していく予定であり、バロックの台湾展開を支える為、台湾現地に拠点を持つWMHが輸入代行や店舗運営、人材手配だけでなく教育の体制も拡充し、その展開を多面的にサポートする事となりました。1号店出店に向け、WMH社員として日本で活躍していた台湾出身の販売員を中核に据え、合計8名のスタッフを揃えて研修を行いチームアップしました。また豊富な事業運営経験者をWMH台湾の代表として迎え、運営体制を強化し、今後の日本企業の台湾進出への加速化に向けた基盤を整備しました。

 


台湾の景気について (参考資料:日本台湾交流協会)

台湾の景気総合判断 出所:日本台湾交流協会台湾の景気総合判断 出所:日本台湾交流協会

・台湾経済は回復の動きが顕著
・2020年第4四半期における実質GDP成長率は+5.09%
・2020年の通年の実質GDP成長率は3.11%
・先行きについては注視する不安要素もあるが今後も同様の傾向が続く見込み
・2021年の通年の実質GDP成長率は4.64%(見込)
・生産・雇用・消費・貿易・株価等の主要な経済指標を指数化した「景気総合判断」(右図)は回復傾向

 

WMH代表取締役CEO 兼 海外事業総責任者  加福 真介WMH代表取締役CEO 兼 海外事業総責任者 加福 真介

<今なぜ海外事業を強化するのか? WMH代表取締役 加福真介談>

新型コロナ感染により日本では緊急事態宣言が度々発出され、日本経済は不安定な状況にあり、弊社も社員全員が将来ともに笑っていられる為にどうするべきか常に考えています。人口減少も進む日本で、今後企業は海外市場で勝てる戦略と人材を求めていくと考えます。WMHのもつ海外の最新情報と幅広いリソースを活かし、海外進出を考える日本の企業や人のパートナーとして支えていきたい、その為にWMHでは日本と海外に、ファッション・ビューティー業界での経験豊富なプロフェッショナルを集めWMHの海外事業を強化する体制を整えました。本年5月から弊社の海外事業開発責任者は成長著しいベトナムに拠点を移し、ASEAN全域で活動していきます。現在、WMHでは海外展開を希望する日本企業からの問い合わせが増えており、タイやマレーシアなど複数のプロジェクトが進んでいます。海外拠点は4カ国、海外で業務提携する企業は現在8社、ネットワークを拡大中です。今後はウェビナーの実施などを通して現地の情報を日本国内に届けていく予定です。クオリティの高い日本ブランドや人材が海外でも活躍できるようしっかりサポートして参ります。


■WMHによる海外展開のトータルサポート
WMHはこれまでファッション・ビューティー業界に専門特化し多様なプロフェッショナルとサービスを融合させ、クライアントの成功、業界の発展、地域社会への貢献を目指してきました。企業の発展へのサポートは、日本国内に限らず海外進出のサポートにも広がっています。世界的に新型コロナウィルスの抑制が奏功している台湾やベトナムなどのAPAC各国では、経済成長が加速する兆しがみられます。WMHはこれまでシンガポール、オーストラリア、台湾、ベトナムの4つの海外拠点を持ち、各拠点での市場を熟知しています。日本企業による海外事業を成長に導くために、WMHは長期的なビジネスパートナーとして市場参入から、輸入代行、ブランド事業運営、経営までをワンストップで全面サポートをしています。

言語の壁や商習慣など、日本企業が海外進出における様々な壁を感じることなく、日本国内で準備をスタートすることをWMHは可能としています。ハイスタンダードなVMDをはじめとし、豊富な人材データベースによる専門知識をもった人材の確保、充実した販売員トレーニング、現地におけるブランドコントロールも視野にいれたマーケティング活動全般を顧客の意向に沿いながら行っています。各国での市場トライアルとして、ポップアップなどの小規模での展開からのスタートをWMHはサポート。海外進出を検討している顧客の不安を取り除く事で、成長著しいAPACでの日本企業の成長を促し、海外展開のハードルを下げています。

市場参入からブランド事業運営・経営までワンストップ市場参入からブランド事業運営・経営までワンストップ

 

 

 

 


本事業の詳細およびお問い合わせ: info-global@wmh.co.jp
国際事業統括本部 https://studio.ida-mode.com/wmh/ap

【World Mode Holdings(WMH)について】
ファッション・ビューティ業界を専門に人材やデジタルマーケティング、店舗代行など様々なソリューションを提供するグループ。iDA、BRUSH、AIAD、AIAD LAB、フォーアンビション、VISUAL MERCHANDISING STUDIO の 6 社の国内事業会社および シンガポール、オーストラリア、台湾、ベトナムの4 つの海外拠点を持ち、専門性の高い各社のシナジーによって、お客様の課題に応じた実効性の高い ソリューションを提供している。業界のサステナブル化促進を目指して活動中。https://wmh.co.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WMH >
  3. WMH がジャパンクオリティの海外進出を トータルサポート 台湾初上陸するMOUSSY OUTLET(マウジー アウトレット)を代理運営