ノバセルとメディカルノートが協業を開始地方医療機関に向けて「初めてのテレビCMプラン」を提供

〜地方医療機関を中心にマーケティング活動を支援〜

ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝、以下「当社」)が運営する広告のプラットフォーム事業「ノバセル」は、医療情報メディア「Medical Note」を運営する株式会社メディカルノート(本社:東京都港区、代表取締役CEO 梅田裕真、代表取締役 井上祥、以下「メディカルノート」)と協業し、特に地方の医療機関に向けて「テレビCM」と「デジタルマーケティング」の活用を支援する医療機関向け
「 初めてのテレビCMプラン」を提供いたします。

 

 

医療機関向け「初めてのテレビCMプラン」は医療機関の方に特化して、テレビCMやデジタル広告等を活用したマーケティングを総合的に支援するサービスです。医療機関にとって有効なマーケティング施策になるよう、メディカルノートとノバセルが全体構成や訴求ポイントなどの企画をご提案。また、メディカルノートのデジタルマーケティングサービスを併用することで、より多くの患者様に情報をお届けすることが可能です。さらに、安全面に配慮し非対面でCM制作が完結できる点も本プランの特徴の一つです。

 
  • サービス提供の背景
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響によって、感染者数の増加が著しい地域では、医師や看護師、病床の不足など医療機関の逼迫した状況が昨年から続いています。しかしその一方で、感染を恐れて通院を控える患者様が増加したことで経営状況が悪化し、医療提供の場を維持することが困難な状況に陥っている医療機関も少なくありません。患者樣との接点をオンライン上でどのように作っていけばよいのかが大きな課題となっております。このような状況に対し、コロナ禍においても医療を必要とする人が安心して通院できるようにするために、「人々が医療において迷わない」環境作りを進めてきたメディカルノートと、「マーケティングの民主化」をビジョンに掲げ地方の中小企業をテレビCMの力で活性化してきたノバセルが協業することに至りました。特にデジタル広告やテレビCMなどのマーケティング活動に対してハードルを感じられている地方の医療機関に対し、初めてのテレビCMにも安心して挑戦できるようなプランを提供していきます。両社の強みを活かし、コロナ禍においてもマーケティング支援や持続可能な医療提供体制の構築を支援してまいります。

 
  • サービス詳細と利用の流れ
​提供内容
・CMの企画、放映プランの作成、LPの制作プランを無料で提供
・CMの制作/放映
・LPの公開

  • 事例のご紹介
実施法人名:医療法人ひらまつ病院様(佐賀県):2020年12月〜放映開始
医療法人ひらまつ病院様では、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受け、受診を控える患者様が増加。医療に不要不急はなく、適切な時期に受診してもらう必要があるため、どのように患者様に適切な情報を届けるかという点に課題を持っていらっしゃいました。そこで、より多くの人にリーチできるテレビCMの実施を検討。病院ではコロナ対策を徹底しており、安心して受診いただけることを伝えるとともに、「鼠径ヘルニアの日帰り手術」という、従来よりも疾患や対象者を絞った訴求軸の企画を考えCMを制作しました。
クリエイティブは、同病院が持っている素材を活用することで、新規で撮影等を行うことなく制作することができ、安全面への配慮と共に現場への負担も最小限で対応しました。

CMの制作だけではなく、放映後に詳細を調べることができるWEBページも同時に制作することで、患者様にとってより丁寧な情報をお届けすることができました。その結果、予約電話やメールでのお問い合わせ件数が増え、実際にCMを見て来院した患者樣が、手術を受け無事に退院もすることもでき「CMの効果を実感した」と病院のご担当者様からコメントもいただいております。



■株式会社メディカルノートについて
株式会社メディカルノートは、第一線で活躍を続ける医師や専門家の協力のもと「人々が医療において迷わない」環境作りを行っています。「医師と患者をつなぐ」をビジョンとし、医療情報メディア「Medical Note」やオンライン医療相談サービス「Medical Note医療相談」などを提供。ITを活用することで、医療をより身近なものとし、誰もが最適な医療を選択できる社会の実現を目指しています。

会社名:株式会社メディカルノート
設立:2014年10月
所在地:〒105-6414 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー14階
代表取締役CEO:梅田 裕真
代表取締役:井上 祥
事業内容:デジタルヘルスケアプラットフォーム事業・ヘルスケアDX事業
コーポレートサイト: https://medicalnote.co.jp/



■「ノバセル」について
ラクスル株式会社が運営する「ノバセル」は、ラクスル独自の広告手法とクラウド型 テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」の活用により“運用型のテレビCM”を提供しています。企画・制作・放映・分析まで一気通貫して行い、効果分析ツール「ノバセルアナリティクス」を活用することで、従来、難しいとされていたテレビCMの広告効果測定可能にし、広告投資の最適化を通して、企業の成長を実現しています。デジタルマーケティング領域、クリエイティブ領域、ファイナンス領域におけるパートナー提携等を通じて、企業の事業成長を最大限に伸ばすサポートを今後も行なってまいります。
サービスサイト: https://novasell.com/



■ノバセル×メディカルノート共催セミナーのご案内
「 初めてのテレビCMプラン」提供開始を記念して、無料の共同セミナーを開催します。withコロナ、afterコロナ時代の「地域医療」×「テレビCM」を切り口として、テレビCMなどを活用した今後の病院マーケティングについてご紹介します。

開催日:2月2日(火) 16:00~17:30
対象者:病院経営者、病院経営関係者、広報担当の方
料金:無料
定員数:限定100名
URL:https://medicalnote-webinar.com/cm/?utm_source=raksul&utm_medium=pr&utm_campaign=cm_0120
 

 

 

 


【ラクスル株式会社について】
「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という企業ビジョンのもと、印刷や物流といったデジタル化が進んでいない伝統的な産業に、インターネットを持ち込み産業構造を変えることで、より良い世界にすることを目指します。現在、印刷・広告のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」と、物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」のサービスを提供しております。


【ラクスルが掲げる“DX生産性革命”とは】
ラクスルはシェアリングプラットフォームの構築による取引の効率化に加えて今後、ソフトウェア(SaaS)の提供などにより業務の効率化を行っていきます。「取引」と「業務」の改善を実施することで、日本企業と業界の生産性向上を実現していきます。ラクスルは産業変革者として、デジタル化が進んでいない伝統的な産業に対して、ITの力を用いて「DX生産性革命」を起し、日本経済の未来をより良いものにしていきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ラクスル株式会社 >
  3. ノバセルとメディカルノートが協業を開始地方医療機関に向けて「初めてのテレビCMプラン」を提供