ウフル、スタジアム・アリーナ向けソリューション「売り子―ル」を鹿児島ユナイテッドFCの主催試合で導入

事前予約形式によるスタジアムグルメ販売を実施

株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇 以下、ウフル)は、スポーツ×IoT事業で開発したスタジアム・アリーナ向けソリューション「売り子ール」を、株式会社鹿児島プロスポーツプロジェクト(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役社長:徳重 剛)が運営する鹿児島ユナイテッドFCのJリーグ公式戦にて導入・実施されることとなりましたのでお知らせします。

鹿児島ユナイテッドFCでは新型コロナウイルス感染防止策の一環として、スタジアムグルメ売店における密集を減らすため、販売の一部を「事前予約」「通常販売とは別レーンでの引渡し」「キャッシュレス決済」というスキームに変更します。この度、各スキームの実施を売り子ールがご支援させていただくこととなりました。

売り子―ルはデリバリー形式による商品提供と、「その場で注文。呼ばれたら取りに行く」ピックアップ形式による商品提供機能を備えています。今回、機能拡張に向けたPoCとして、事前予約でピックアップ形式による商品提供を実施いたします。

■実施概要
<日 程>

2020年8月15日(土)
明治安田生命J3リーグ 第10節
vsカターレ富山
※第11節以降の実施も予定しております

<導入スタジアム>
白波スタジアム
鹿児島県鹿児島市与次郎2-2-2(アクセス:http://www.kufc.co.jp/access/


<企 画>
前日までにご予約いただいたスタジアムグルメを当日の試合開始前にお受け取りいただけるというサービスです。8月13日から8月14日の予約期間内に、売り子ール上で受取時間帯を指定して注文をしていただきます。
また、試合当日にハーフタイム時に受取の事前予約ができるスキームもご提供予定です。
予約受付期間や対象店舗などの詳細は鹿児島ユナイテッドFCの公式サイトにてご確認ください。
※荒天やシステム障害が発生した際、中止となる可能性があります。

鹿児島ユナイテッドFCからのリリースはこちらをご覧ください
http://www.kufc.co.jp/rakuraku_unitedmarche/

■売り子ールについて https://uri-call.uhuru.co.jp/
売り子―ルはスタジアム・アリーナでのスポーツ観戦中に、スマートフォンから好きな商品を注文し、座席までデリバリーをしてもらうことができるシステムです。
メニューにはビールをはじめとした飲み物だけでなく、食べ物やグッズをラインナップすることが可能です。アプリダウンロード、会員登録、座席番号入力が不要というユーザビリティを最大限考慮した仕様となっており、誰にでも簡単に注文をしてもらえるため、売上およびホスピタリティの向上が狙えます。また、スタジアム・アリーナだけではなくビアガーデンやホテル、特急電車などのサービス提供にも応用可能です。


■株式会社ウフルについてhttps://uhuru.co.jp/
株式会社ウフルは「テクノロジーと自由な発想で、持続可能な社会を創る」を企業理念に掲げ、インターネットによる革新的な製品とサービスによって顧客と社会の価値向上に貢献することを目指しています。IoTオーケストレーションサービス「enebular」を含むクラウドとエッジをつなぐテクノロジーを用いて、データを活用し、顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。コンサルタント、エンジニアやクリエイターといった多彩な人材からなるチームにより、IoT事業を実現するために必要なプロフェッショナルサービスを、事業戦略・技術支援・コミュニケーション戦略などワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウフル >
  3. ウフル、スタジアム・アリーナ向けソリューション「売り子―ル」を鹿児島ユナイテッドFCの主催試合で導入