経済産業省・LPガス消費者保安功績者の『技術統括・保安審議官表彰』を同時受賞

大東建託グループのガス供給会社・ガスパルグループ3社

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)のグループ会社、株式会社ガスパル(本社:東京
都港区、代表取締役社長:橋本俊昭)のグループ会社である、株式会社ガスパル四国(本社:岡山県岡山市、代表取締
役社長:池田昌基)、株式会社ガスパル九州(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:柚木英明)、大東ガスパートナー
株式会社(本社:沖縄県浦添市、代表取締役社長:池田昌基)の3社は、令和元年度LPガス消費者保安功績者表彰
(主催:LPガス安全委員会、後援:経済産業省)において、最高評価となる『技術総括・保安審議官表彰』を受賞しました。
■『技術総括・保安審議官表彰』とは
本表彰は、LPガスの保安の高度化を図るため、自主的な保安活動を積極的に推進し、顕著な功績を挙げたLPガス販売事業者や個人・団体等を表彰するものです。
受賞者は、全国のLPガス販売事業者約17,800社の中から、経済産業省および業界団体の審査を経て選出されます。表彰の種類は3段階に区分されており、その中でも最高位となるのが『技術総括・保安審議官表彰』で、今年度は、ガスパルグループの3社を含め、計7社の販売事業者が選ばれました。

 

左:(株)ガスパル四国取締役田中幸治、中央:大東ガスパートナー(株) 社長池田昌基、右:(株)ガスパル九州社長柚木英明左:(株)ガスパル四国取締役田中幸治、中央:大東ガスパートナー(株) 社長池田昌基、右:(株)ガスパル九州社長柚木英明

 

■ガスパルグループの「保安」への取り組み
今回評価された自主的な保安活動とは、法令で定められた保安の水準を超えて、自らの判断に基づき保安を推
進する活動を指します。
同社グループでは、様々な自主保安活動を実施しており、この取り組み内容に対して今年も高い評価をいただきま
した。今後も、保安システムのブラッシュアップとデジタル化による保安体制の高度化や災害対策など、さまざまな自主保安活動に取り組んでいきます。

● お客様の安全・安心のための保安管理体制
同社グループが設置を推進している“遠隔監視システム”は、24時間365日ガス設備を見守り、異常の前兆を即座に受信できるなど、危険を未然に防ぐシステムとして活躍しています。同社グループは、このシステムを全住戸に設置しており、業界最高水準の保安システム事業者として、お客様へ安全・安心をお届けしています。

● 入居者様専用アプリでガスの安全な使用方法をお知らせ
同社グループでは、これまでガスの安全・安心に関する入居者様へのお知らせを、書面で配布していましたが、2019年3月より入居者様専用アプリからもお知らせの内容が確認できるようになりました。また今後は、入居者様へ約2年おきにガスの安全・安心に関するメール配信も行う予定です。


● 何よりも人財育成が保安の中核
同社では、「キャリア」の定義を、「ガスパルのビジョン(保安ナンバーワンの達成、働きがいの向上)を達成しつつ、お客様のために自らも成長すること」と捉え、2019年より、人材育成の新たな柱として「キャリア支援」に取り組んでいます。
キャリア形成の支援策として、新卒3年目までの社員に今後のキャリアについて考える場を設ける「キャリア面接」や、e-ラーニングや添削課題を通して自己啓発を促進する「通信教育」を導入しています。

■ガスパルグループ会社概要
【株式会社ガスパル四国】
代表者:池田昌基
所在地:岡山県岡山市北区磨屋町3-10
資本金:4千万円
設立日:2016年12月8日

【株式会社ガスパル九州】
代表者:柚木英明
所在地:福岡県福岡市中央区高砂1丁目1番29号
資本金:1億1千万円
設立日:2015年10月21日

【大東ガスパートナー株式会社】
代表者:池田昌基
所在地:沖縄県浦添市字経塚608番地2
資本金:4千万円
設立日:2016年1月27日

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大東建託株式会社 >
  3. 経済産業省・LPガス消費者保安功績者の『技術統括・保安審議官表彰』を同時受賞