【ウェルビーイングクリニック駒沢公園】最新のウェアラブルデバイスで医師が健康状態をリアルタイム確認&フィードバックが可能な新サービスをスタート!心臓病や糖尿病のケアに最適な最新のシステムを構築中

​株式会社ぜん(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:尾崎成彦)が共同運営する「ウェルビーイングクリニック駒沢公園」は、2020年6月、FitbitやApple Watchなどの最新のウェアラブルデバイスを使用し、心拍などの健康状態を医師がリアルタイムでチェック、フィードバックが可能なシステムを構築しました。 心臓病や糖尿病のケアに最適な当サービスは、2020年7月にリリース予定です。


≪開発の背景≫
「わが国における心疾患の死亡率・罹患率の動向」(2018年 3 月 日循予防誌 第53巻 第 1 号/久松隆史、三浦克之)によると、心疾患粗死亡率は1990年代後半から男女とも増加傾向にあり、2000年代に入ってからは女性の方が男性よりも高い水準で推移しています。
この状況に対し、心臓病や糖尿病などを患っている、又は不安がある方に向け、ウェアラブルデバイスを使用して循環器の専門医師がリアルタイムで健康状態をチェックし、適切フィードバックを可能としたシステムを構築いたしました。心疾患のある方のみならず、アスリートや健康管理目的の方に向けて、心拍に関する正確な情報を提供し、効率的なトレーニングや健康増進に向けたアドバイスも行います。

循環器の専門医が、病気のケアだけでなく、病気にならないための予防、更にはウェルビーイング(幸福)になっていくためのアドバイスを、最新のテクノロジーとともに提供致します。

※わが国における心疾患の死亡率・罹患率の動向(2018年 3 月 日循予防誌 第53巻 第 1 号/久松隆史、三浦克之)http://www.jacd.info/library/jjcdp/review/53-1_01_hisamatsu.pdf
 


≪医療業界へのIoT導入の必要性≫
超高齢社会の到来だけでなく、新型コロナウイルス拡大防止のための「ニューノーマル」時代の観点でも、効率的な医療の提供にITシステム(Internet of Things 略してIoT)の導入は必須だと私たちは考えます。
今、医療機器とヘルスケアのITシステムを、オンラインのネットワークを通じてつなぐという概念「IoMT(Internet of Medical Things)」が提唱されて始めています。法の整備、IT機器の取り扱いや管理、セキュリティなどの課題は残りますが、IoMTの実用化・導入が進むことで医療従事者、患者の双方に大きなメリットがあります。

当クリニックでは、下記のサービス内容で患者様・お客様をサポートする予定です。

≪今後導入予定のサービス内容≫

・ウェアラブルデバイスを用いたモニタリング 
FitbitやApple Watchなどのウェアラブル端末を用いて、心拍数をはじめとする各種数値の収集と管理をサポートいたします。消費カロリー計測や睡眠計などの機能から実践的なアドバイスを提案し、より健康で豊かな状態へと導くサポートを致します。

・データの活用 

医療データのデジタル化により、検査データの共有や活用が可能になります。複数の医療機関やドクターの間でデータ共有が可能になるほか、検査数値のグラフ化や分析が容易になります。これら多くの数値を集めたビッグデータを活用することで、新たな治療の研究に役立てることも可能です 

・ICTデバイスによるリアルタイムな体調管理 

FitbitやApple Watchなどのウェアラブル端末では、体温や脈拍、加速度を測るセンサーにより体の状態や位置の変化を知ることができ、リアルタイムでの容態の変化への対応が可能です。 
最新のテクノロジーをよりよく活用し効率化することで、より人間的な、一人一人に時間をしっかりとかける医療を提供します。 


ウェルビーイングクリニック駒沢公園 


院長・布施 淳 

1969年千葉県生まれ。私立開成中学・高校を経て、東京慈恵会医科大学へ進学。中学〜大学はラグビ−部に所属。大学卒業後は医師人生のほとんどを国立病院機構東京医療センター循環器内科で過ごし、20年以上にわたり循環器救急・心臓カテーテル治療・生活習慣病の診療を中心に従事。医療従事者の教育にも深く関わり、日本循環器学会や日本救急医学会、日本内科学会等各学会と協力のもと、救急・心肺蘇生講習会を長年定期主催。同院集中治療室(ICU)副室長、東京医療保健大学大学院臨床講師等も併任。一方で、身体的問題のみならず心理的問題、心と身体の関わりやポジティブヘルスに着目。日本ポジティブ心理学協会認定レジリエンストレーナー、同ポジティブ心理学プラクティショナー、Gallup社認定ストレングスコーチの資格も取得し、より包括的に医療を捉える医師として個人と社会のウェルビーイング向上に取り組み、院内外で活動。2018年9月「ウェルビーイングクリニック駒沢公園」開院。 

 

*** 

ウェルビーイングクリニック駒沢公園 
〒152-0021  東京都目黒区東が丘2-15-1 グランフォルム駒沢公園 102号 
https://clinic.zenplace.co.jp/ 
オンライン診療/電話診療窓口 
https://clinic.zenplace.co.jp/online/ 

***

商号   :株式会社 ぜん(カブシキガイシャ ゼン)
代表者  :尾崎 成彦(オザキ ナルヒコ)
所在地  :東京都渋谷区広尾3丁目12−36ワイマッツ広尾4階
業種   :ヘルスケア
従業員数 :約700名
会社HP   :https://www.zenplace.co.jp/
採用情報 :https://www.wholebodyeducator.com/
訪問看護 :https://nurse.zenplace.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ZEN PLACE >
  3. 【ウェルビーイングクリニック駒沢公園】最新のウェアラブルデバイスで医師が健康状態をリアルタイム確認&フィードバックが可能な新サービスをスタート!心臓病や糖尿病のケアに最適な最新のシステムを構築中