農業ロボット市場ーアプリケーション別(家畜および作物)、テクノロジー別(コンピュータービジョン、センサー、通信、ソフトウェア、および機械)、地理別(北米、ヨーロッパ、APAC)– 世界予測2025年

Kenneth Researchは、2019–2025の期間の農業ロボット市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチに基づいてレポートを2020年7月16日に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。
農業用ロボットは、種まき、雑草防除、摘み取り、収穫、監視、土壌分析など、さまざまな農業用途で使用されています。世界の農業ロボット市場は、2025年末までに200億米ドルの収益を超えると予想されています。精密農業では、作物や土壌の適切な状態を確保するためのテクノロジー(ソフトウェア、機器、IT)を使用します。精密農業への需要は、農業生産の増加と農業効率の向上に役立つため、農業セクターで高まっています。近年、多くの企業が農業用ロボットに関連する研究開発活動に投資しています。自律型農業ロボットシステムを開発しているFarmWiseは、2019年9月にCalibrate Venturesが主導するシリーズAの資金調達ラウンドで1,450万ドルを調達すると発表しました。

この資金は、会社のエンジニアリングおよび運用チームを支援し、プラントレベルの検出および作動能力に関するR&Dの取り組みを促進するのに役立ちます。世界の農業ロボット市場の主な傾向は、ドローンの使用の増加であり、多くの企業がこの技術に投資しています。農業部門では、無人偵察機は監視、フィールド分析、家畜管理、灌漑マッピング、作物の散布に広く使用されています。ドローンは、農家に農地の全体像を提供し、作物生産を最大化する情報に基づいた意思決定を支援することにより、農業において重要な役割を果たすことができます。世界の農業ロボット市場では、2019年から2025年の予測期間中に約22%のCAGRで成長すると予測されます。
 


アプリケーションに基づいて、グローバル農業ロボット市場は家畜と作物に分割されます。家畜の用途には、放牧、搾乳、養魚が含まれます。作物の用途には、植え付け、播種、作物の除草と散布、作物の監視と分析、間伐と剪定、施肥と灌漑、自律型トラクター、ピッキングと収穫などがあります。技術に基づいて、グローバル農業ロボット市場は、コンピュータービジョン、センサー、通信、ソフトウェア、および機械に分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。

農業ロボット市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカに地域によって分割されます。北米は世界の農業用ロボット市場における主要な収益創出国であり、米国が大きなシェアを占めています。これは、農業用ロボットに焦点を合わせている米国内のいくつかのコアベンダーの存在によるものです。APACは、世界の農業用ロボット市場で最も急成長している地域の一つであり、中国と日本での大幅な成長が見込まれています。

農業ロボット市場は地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

 主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の農業ロボット市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。農業ロボット市場における業界のリーダーはAGCO, Kubota, John Deere, CNH, CLAAS, Ecorobotix, Naio Technologies, Blue River Technology, Iron Ox, AgEagle Aerial Systems, Agribotix, Vision Robotics, and RoBoPlant. Other prominent vendors in the market include Rowbot Systems, PrecisionHawk, Abundant Robotics, Agrobot Robotic Harvesters, Harvest Automation, Energid Technologies, Parrot (senseFly), Same Deutz-Fahrおよび DeLaval.などです。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325816

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.kennethresearch.com/report-details/agricultural-robots-market/10325816
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 農業ロボット市場ーアプリケーション別(家畜および作物)、テクノロジー別(コンピュータービジョン、センサー、通信、ソフトウェア、および機械)、地理別(北米、ヨーロッパ、APAC)– 世界予測2025年