こすれに強くノートをキレイに保つ密着芯 “これからは、汚さない。” (注1)シャープ替芯『uni(ユニ)』新たな芯径・硬度を発売、ラインアップを拡充 5月19日(水)新発売

 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区、社長:数原滋彦)は、芯粉が紙面に密着することにより、こすれに強く、書いた後のノートをキレイに保つ新開発のシャープ替芯『uni(ユニ)』(参考価格220円/税抜 200円)から、新たに0.3mm(硬度:2H/H)、0.4mm(同HB)、0.5mm(同4H/3H/2H/H/F/3B/4B)、0.7mm(同HB/B/2B)、0.9mm(同HB)の14種類の芯径と硬度を発売し、ラインアップを拡充します。2021年2月発売の芯径と硬度である0.3/0.5のHB/B/2Bの6種類を含め0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmの5芯径、最大4H~4Bの10硬度の計20種類となり、繊細な細書きからラフな太書きまでより幅広い用途に対応し、お好みの濃さをお選びいただけるようになります。

 

シャープ替芯『uni(ユニ)』20種類  ※0.3/0.5のHB/B/2Bは、2021年2月にすでに発売いたしましたシャープ替芯『uni(ユニ)』20種類  ※0.3/0.5のHB/B/2Bは、2021年2月にすでに発売いたしました


 シャープ替芯『uni(ユニ)』は、当社従来品の「強い」「濃い」「なめらか」という特長に加え、「汚れにくい」をプラスした、シャープ替芯の基幹ブランドとしては13年ぶりとなる新商品です。当社独自成分配合により芯粉が紙面に密着するため、こすれに強く、いつまでもキレイな状態が続きます。学習時のまとめノートなど、何度も見返すノート作りをする際に最適なシャープ替芯です。
 また、ケースは、デザイン性と機能性を兼ね備えた新形状のスライド式ケースとなっています。生活空間になじむオフホワイトを基調としたシンプルなデザインで、使用時には簡単なスライド操作で開閉し、スムーズに芯を取り出すことができます。

【商品特長】
くっきり濃いのに汚れにくい
 独自成分配合により芯粉が紙面に高密着。くっきり濃い文字を書くことができ、かつ、こすれに強いため筆記後のノートをキレイに保ちます。紙面同士の擦過や手の接触(注2)による紙面の汚れを抑制するため、何度も見返すノート作りに最適なシャープ替芯です。(図1参照)

マーカーを引いても文字がにじみにくい
 蛍光ペンなどのマーカーを引いても、芯粉の広がりを抑制するので文字がにじみにくく紙面を汚しません。また、マーカーのペン先に付着する芯粉による汚れも軽減します。(図1参照)

 

図1 従来品とuniの比較 *上段はティッシュで3回こすった場合(0.5mm HB)、下段は蛍光ペンを1回引いた場合(0.5 mmHB)図1 従来品とuniの比較 *上段はティッシュで3回こすった場合(0.5mm HB)、下段は蛍光ペンを1回引いた場合(0.5 mmHB)


シンプルなデザインのケース
 あえて中身を見せない不透明でマットな質感を採用。芯径を問わず生活空間になじむオフホワイトを基調としたデザインで、シンプルで飽きのこないケースです。ケース中央には円形のくぼみがあることで視覚的なアクセントとなると同時に、スライドしてケースを開閉する際の指掛かりにもなります。

スライド式ケースで芯が取り出しやすい
 シンプルなスライド操作で開閉できるため、スムーズな芯の取り出しができます。(図2参照)

図2図2


0.3㎜芯は1ケースに25本入り
 ユーザーの細書き傾向を受け、近年0.3mm芯の市場に占める割合が高まっています。従来品と比べて10本増となる25本入りとすることで、需要の高まりに応えています。


注1)筆記後の描線を擦過した際の芯粉の広がりを紙面の汚れと定義しています。一定条件下では従来品と比べ最大5割汚れを抑制します。芯径・硬度や紙の種類、筆記荷重等の条件の違いにより汚れ抑制結果に差が出ます。
注2)皮脂量や水分量の多寡、接触の強弱により汚れ抑制結果に差が出ます。
 

【開発の背景】
 シャープペンシルは学生や資格勉強をされる方を中心に多く使用されています。シャープペンシルユーザーが抱える不満を洗い出し、SNSでのユーザー動向も踏まえ「書いた後に紙面が汚れる」「マーカーを引くと文字がにじんで汚れる」といった声に着目しました。
 従来のシャープ芯は、筆記時に描線となる芯粉の中には、紙面と強く固着していないものもあり、これが擦過により紙面に広がることで汚れの原因となります。シャープ替芯『uni(ユニ)』は、独自成分を配合することにより芯紛を紙面に密着させることで、汚れを抑制することに成功しました。(図3参照)
 なお、ナノダイヤ配合により「強い」「濃い」「なめらか」を高い水準で実現した当社従来品をベースに開発を重ねており、従来品の特長はそのままに「汚れにくい」特長をプラスしたシャープ芯となっています。

図3スマッジプルーフ製法(汚れにくい仕組み)図3スマッジプルーフ製法(汚れにくい仕組み)


*スマッジプルーフ製法について
 独自成分配合により芯粉を紙面に密着させることで汚れを抑制する密着芯を製造するための新製法です。こすれに強い、滲みにくいという意味の英語Smudge-Proof(スマッジプルーフ)から命名しました。従来品の「強い」「濃い」「なめらか」な特長はそのままに、「汚れにくい」という特長をプラスしています。
 

 



【ラインアップ一覧】


【商品概要】
商品名:シャープ替芯 uni(ユニ)0.3㎜
品 名:UL-S-0.3-25
芯径/入数:0.3mm/25本入り
硬 度:2H/H/HB/B/2B ※HB/B/2Bは、2021年2月にすでに発売いたしました
参考価格:220円(税抜 200円)

商品名:シャープ替芯 uni(ユニ)0.4㎜
品 名:UL-S-0.4-30
芯径/入数:0.4mm/30本入り
硬度:HB
参考価格:220円(税抜 200円)

商品名:シャープ替芯 uni(ユニ)0.5㎜
品 名:UL-S-0.5-40
芯径/入数:0.5mm/40本入り
硬 度:4H/3H/2H/H/F/HB/B/2B/3B/4B ※HB/B/2Bは、2021年2月にすでに発売いたしました

商品名:シャープ替芯 uni(ユニ)0.7㎜
品 名:UL-S-0.7-40
芯径/入数:0.7mm/40本入り
硬 度:HB/B/2B
参考価格:220円(税抜 200円)

商品名:シャープ替芯 uni(ユニ)0.9㎜
品 名:UL-S-0.9-36
芯径/入数:0.9mm/36本入り
硬 度:HB
参考価格:220円(税抜 200円)



<三菱鉛筆のプレスリリース一覧はこちら>
https://www.mpuni.co.jp/company/press/index.html

※  製品に関するお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。
  フリーダイヤル 0120-321433


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱鉛筆株式会社 >
  3. こすれに強くノートをキレイに保つ密着芯 “これからは、汚さない。” (注1)シャープ替芯『uni(ユニ)』新たな芯径・硬度を発売、ラインアップを拡充 5月19日(水)新発売