神奈川県での新型コロナ対策にkintoneを活用

新型コロナウイルス感染症対策に関わる戦略的モニタリング基盤にkintoneを採用

​サイボウズ株式会社は新型コロナウイルス感染症対策に関するさまざまな情報を集約する基盤としてkintone(キントーン )を神奈川県へ提供しています。
サイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)は新型コロナウイルス感染症対策に関するさまざまな情報を集約する基盤としてkintone(キントーン [1])を神奈川県へ納入いたしました。

神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策本部ではkintoneを情報集約、情報共有、モニタリング基盤(Corona Monitoring Board Kanagawa)として活用しています。

神奈川県では組織ごとに持っていた情報をkintoneにまとめることで大幅に生産性を高めることができました。県内病院の診療状況をはじめ、帰国者・接触者相談センターからの情報などがタイムリーにkintone上で集約されており、県庁内にとどまらずリモートワーク中の職員とも作業分担しながら進めることができています。戦略的モニタリング基盤の役割をkintoneが担っており、神奈川県、保健福祉事務所、政令市などと適宜情報を共有して、組織間連携を図っています。

■kintoneでの主な収集項目
・医療機関の稼働状況
・医療機器や医療資材
・帰国者・接触者相談センター対応状況
・感染患者数・PCR検査数

図1:kintoneで集約している情報図1:kintoneで集約している情報


kintoneにより収集された一部公開可能な情報は、東京都のオープンデータを活用した、神奈川県版「新型コロナウイルス感染症対策サイト[2]」に公開し、県民の皆さまが医療機関の状況や県内の最新感染動向を把握できるようになっています。

図2:神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策サイト図2:神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策サイト

サイボウズは、これらの情報収集と共有の仕組みが、その他自治体で活用され、新型コロナウイルス感染症対策の情報を必要としている全国各地の皆さまに迅速に届くように協力してまいります。


[1]:kintoneとは
https://kintone.cybozu.co.jp/
サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。

[2]:神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1369/

※2020年4月20日 一部内容更新

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、こちらをご参照ください。
https://cybozu.co.jp/logotypes/other-trademark/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サイボウズ株式会社 >
  3. 神奈川県での新型コロナ対策にkintoneを活用