【新製品】ハイポジションの働き方でコミュニケーションを活性化『HIGHLINE(ハイライン)』新発売

~セッティングもレイアウトも自由自在なワークステーションシステム~

株式会社イトーキ(本社:東京都中央区 社長:平井嘉朗)は、ハイポジションの働き方を快適に行うことができるワークステーションシステム「HIGHLINE(ハイライン)」を2019年12月2日(月)より発売します。
働き方改革で場所や時間にとらわれない働き方を実践する企業が増えてきましたが、従来の一日中決まった固定席での働き方と比べて、コミュニケーションの量や質が低下してしまうことが課題となっていました。

そこでイトーキは、執務に最適な作業環境はそのままに、通りがかる人との目線の高さを合わせることでコミュニケーションを活性化させる、ハイポジションのワークステーションシステム「HIGHLINE」を開発しました。執務エリアのデスクとしても最適で、タスクチェアのハイタイプと組み合わせることで、長時間の作業も快適に行うことができます。


【主な特長】
  1. 通りがかりの人とコミュニケーションがとりやすく、立ち座りしやすい
    歩く人との目線の高さが合うことで、自然と会話が生まれます。
    立ち座りどちらでも使うことができ、活動内容によって姿勢を変えるときや席から出入りするときにスムーズに動くことができます。

  2. オフィスでの様々な活動に合わせて選べる豊富なラインアップ
    (1)働き方に合わせて、テーブルにフットバーとフットステージを取付可能(オプション)

    ①立ったままやスツールに座ってミーティングすることで、打ち合わせの効率アップ
    ②フットバーを取り付けて、短時間の使用にも中長時間の使用にもフレキシブルに対応
    ③長時間の執務にはフットステージとハイポジションのタスクチェアの組み合わせが最適
    ※オプションは後から追加や取り外しをすることができます。


    (2)幕板の豊富なラインアップ(オプション)

    張地や木目から選択でき、様々なインテリアや用途に合わせてコーディネートが可能です。張地や木目から選択でき、様々なインテリアや用途に合わせてコーディネートが可能です。

  3. ハイポジションでの働き方をサポートするオプション

    【天板下収納】左右に位置を調整してフレキシブルに使用できます。【天板下収納】左右に位置を調整してフレキシブルに使用できます。

    【電源付きのプラントボックス】机上の仕切にも使えます。【電源付きのプラントボックス】机上の仕切にも使えます。

    【天板の端にモニターを取り付け可能】会議室の壁掛モニターの代わりに使用できます。【天板の端にモニターを取り付け可能】会議室の壁掛モニターの代わりに使用できます。

  4. 長時間の作業を快適に行うことができるハイポジションのタスクチェアと組み合わせが可能

    1000mm~1050mmのハイテーブルと組み合わせることができます1000mm~1050mmのハイテーブルと組み合わせることができます

    Act(アクトチェア)Act(アクトチェア)

    nort(ノートチェア)nort(ノートチェア)

    levi(レヴィチェア)levi(レヴィチェア)

    QuA(キュアチェア)QuA(キュアチェア)

     

【製品概要】
  • 製品名 HIGHLINE(ハイライン)
  • 本体価格(税抜) ¥260,000 (W1800×D1400ベンチテーブル/フットオプションなし) 他
  • 仕様
    [天板]メラミン化粧板、エッジ:ABS樹脂
    [配線取出し口]樹脂成型品+スチール塗装仕上 又は 樹脂成型品+アルミダイキャスト塗装仕上
    [配線ダクト]スチール塗装仕上+樹脂押出成型品
    [脚]スチール+アルミダイキャス塗装仕上
  • カラー
    [天板]ホワイト、木目5色
    [脚]ホワイト、ブラック
    [幕板]布地15色、不織布8色、木目5色
  • 発売日 2019年12月2日(月)
※ご参考:「HIGHLINE」と組み合わせて使用できる、ハイポジションのタスクチェアについて
  • 本体価格(税抜)
    [Act(アクトチェア) ハイタイプ]¥96,100~
    [nort(ノートチェア) ハイタイプ]¥75,700~
    [levi(レヴィチェア) ハイタイプ]¥89,100~
    [QuA(キュアチェア) ハイタイプ]¥68,200~
  • 発売日 2019年12月23日(月)
 
【イトーキのオフィス関連事業について】
株式会社イトーキは、1890年に創業しました。ミッションステートメントに『明日の「働く」を、デザインする。』を掲げ、オフィス家具、物流機器、ICT・映像音響機器、建材内装設備など幅広いラインアップでさまざまな「空間」「環境」「場」づくりをサポートしています。2018年10月には、イトーキ自らの「働く」を変革し、新たな価値を創造するため、新本社オフィス「ITOKI TOKYO XORK」を開設。「自由」と「自律」の両立をキーワードに、一人ひとりが自らの働き方の自己裁量を最大化し、自律的にデザインする新しい働き方に挑戦しています。

【本リリースへのお問い合わせ先】
株式会社イトーキ お客様相談センター(フリーダイヤル) TEL 0120-164177
受付時間:9時~17時(土・日曜日・祝日・夏季休業日・年末年始除く)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イトーキ >
  3. 【新製品】ハイポジションの働き方でコミュニケーションを活性化『HIGHLINE(ハイライン)』新発売