九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会(SIIQ)が、クラウド・DX時代を見据えた実践的な技術者育成を推進するためにLPI-Japanと相互連携!

~LinuC(リナック)をはじめとしたオープンテクノロジー技術者認定の取得を推進~

オープンテクノロジー技術者認定機関として「Linux技術者認定試験 LinuC(リナック)(※1)」などを実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下:LPI-Japan、東京都千代田区、理事長 鈴木 敦夫、https://lpi.or.jp )は、九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会(以下:SIIQ、福岡県福岡市、会長 安田 幸央、https://siiq.jp/index.html )が、「LPI-Japanビジネスパートナー制度(※2)」に加入することを発表します。LPI-JapanとSIIQは、2022年1月より相互会員として連携し、SIIQは、Linux技術者認定試験「LinuC」などのオープンテクノロジー技術者認定試験の受験を会員企業・大学などに推奨します。



 SIIQは、経済産業省が進める「九州シリコン・クラスター計画」の推進機関として、九州の半導体関連企業の活性化を推進する活動を展開し、会員企業のイノベーション創出を図っています。近年、半導体の重要性はますます高まっており、IoTや5Gに代表される新たな価値の創造やイノベーションに向けた技術開発の動きが加速し、その開発と推進を担うDX人材の育成が急務となっています。

この度、SIIQは、LPI-Japanのビジネスパートナーに加入することにより、九州地域半導体・エレクトロニクス関連企業のDX人材育成活動においてLPI-Japanと連携し、LPI-Japanが提供するクラウドやDX時代を見据えた実践的な技術力を証明できる「LinuC(リナック)」などの受験を会員企業・大学などに推奨することになりました。

LPI-Japanは「LinuC(リナック)」などの認定の取得支援、セミナー・講演の実施、SIIQの活動の告知の協力等を通じて、SIIQの会員企業のDX人材育成と企業価値向上の取り組みを支援し、オープンテクノロジー技術者が評価され活躍できる環境を整備していく活動に積極的に取り組んでまいります。

●コメント

九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会
統括コーディネーター 牧野 豊 氏

SIIQは九州地域半導体・エレクトロニクス関連分野企業のDX人材育成活動においてLPI-Japanが提供するITオープンテクノロジー技術者育成活動や認定試験を会員企業・大学などに推奨し、九州地域でのイノベーション創出を図っていきます。


(※1)LinuCとは:
クラウド・DX時代に必須のLinux知識とスキルを持つ即戦力エンジニアであることを証明するLinux技術者認定試験です。企業で活躍する約45名のトップエンジニアの協力のもと開発されているため、システム開発や運用の現場で本当に役立つ知識が出題されています。また、大手ITベンダーをはじめとする多くの企業で人材育成の指針として標準採用されています。
https://linuc.org/

(※2)LPI-Japanビジネスパートナー制度とは:
システム開発企業、SIer、SES企業、ソフトウェアベンダーなどの企業を対象としたパートナー制度です。
ご参加頂くことにより、当団体の活動目的に賛同し、当団体が提供する認定の取得推進とその活動への参加を通してオープンテクノロジー技術者の活躍の場を整備し貢献する企業・団体として広く周知することができます。「LPI-Japanビジネスパートナー」一覧は下記からご覧になれます。
https://lpi.or.jp/bp/list/ 
随時、本制度に関するオンライン説明会を開催しております。下記からお申込みください。
https://bit.ly/3bER7bw 


【試験予約サイト】
LinuCを始めとし連携する5つの認定試験は、ピアソンVUEより日本を含む全世界にて日本語、英語にて配信され、日本国外のテストセンターに加えて、自宅・職場からのオンラインでの受験も可能です。ピアソンVUEの試験予約サイトは、下記をご覧ください。
https://www.pearsonvue.co.jp/Test-takers.aspx

【登録商標】
記載されている試験名の固有名詞およびロゴは、LPI-Japanが利用許諾を受けた商標または登録商標です。文中に記載されているその他全ての商標は、それぞれの所有者に所有権が属しています。

●本プレスリリースは下記からもご覧になれます。
https://lpi.or.jp/news/press/page/20220107_01/

●報道関係者お問い合わせ先
LPI-Japan 事務局 
TEL:03-6205-7025 / E-mail:press@lpi.or.jp

======================
LPI-Japan について
======================
LPI-Japanは、日本での Linuxの技術力認定試験の普及とITプロフェッショナルの育成のため2000年7月に設立され、現在は対象を広げOSSのデータベースソフトウェア、クラウドソフトウェア、およびHTML5のプロフェッショナルのための認定試験を実施するNPO法人です。
LPI-Japanは、オープンテクノロジーの分野でITプロフェッショナルの技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、ITプロフェッショナルの育成、さらにはオープンテクノロジーに関連するビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

●LPI-Japanの概要 ( https://lpi.or.jp
法人名: 特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
所在地: 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング9階
連絡先: TEL:03-6205-7025、e-mail:info@lpi.or.jp
設 立: 2000年(平成12年)7月28日
ミッション: オープンテクノロジーの技術者認定試験の実施を通して、ITプロフェッショナルの育成と価値向上、活躍を支援し、社会に貢献すること
業務内容: ITプロフェッショナルの認定活動を通した技術者育成とOSS/HTML5等のオープンテクノロジーの普及・推進
理事長:鈴木 敦夫
理事:
菅沼 公夫 日本電気株式会社
中野 正彦 サイバートラスト株式会社
片桐 和宣 株式会社日立製作所
松下 文男 富士通株式会社
丸茂 晴晃
監事:寺本 振透九州大学 大学院法学研究院教授

LPI-Japanプラチナスポンサー:
下記URLの「LPI-Japanプラチナスポンサー」は、LPI-Japanの活動に賛同・支援する企業です。
https://lpi.or.jp/sponsor/list/ 

LPI-Japanビジネスパートナー:
下記URLの「LPI-Japanビジネスパートナー」は、Linux/OSSマーケットの拡大に積極的に貢献する取り組みをしている企業です。
https://lpi.or.jp/bp/list/ 

LPI-Japanアカデミック認定校:
LinuC: https://lpi.or.jp/school/list/ 
HTML5: https://html5exam.jp/measures/learning.html 
OSS-DB: https://oss-db.jp/learning#academic

LPI-Japan認定教材(LATM):
下記URLの「LPI-Japan認定教材(LATM)」は、出題範囲に添って作成された教材として、LPI-Japanが認定した教材です。
LinuC-1: https://lpi.or.jp/linuc1/book.shtml 
LinuC-2: https://lpi.or.jp/linuc2/book.shtml 
HTML5: https://html5exam.jp/measures/textbook.html
OSS-DB: https://oss-db.jp/learning#material
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LPI-Japan >
  3. 九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会(SIIQ)が、クラウド・DX時代を見据えた実践的な技術者育成を推進するためにLPI-Japanと相互連携!