“食”を通じて日本とベルギーの橋渡しに 『⽇本産⾷材サポーター店制度認定団体』として日本産食材の普及活動を実施

~海外市場における日本産食材の商流の維持・強化を目指す~

シント= トロイデンVV(以下、STVV) は、農林⽔産省が定める『日本産食材サポーター店制度*の認定団体』として独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)より認定を受け、昨年に続き、同機構と共同で日本産食材をベルギーで普及させていく活動を実施いたします。

 

■実施する背景・目的
STVVが掲げる「ここから、世界へ」のクラブビジョンが同制度の趣旨に合致し、日本とベルギーの橋渡しとなりうることから、2019年7月から認定団体として活動を始めました。2019年10月には、ホームスタジアム「スタイエン」で『ジャパン・デー』を開催し、ベルギー国内のレストラン15店舗を『日本産食材サポーター店』に認定し、認定式を実施。認定式後には、試合観戦者に対して、欧州へ輸出可能な食材、食品を無償で提供し、⽇本⾷・⽇本産⾷材をPRしました。

現在、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大の影響により、海外における日本産食材を取り扱っている小売店や飲食店が一時封鎖等の対応を強いられているため、日本産食材の需要が激減しており、将来的に日本産食材のメインストリームに被害が及ぶことが懸念されています。

そのため、本取り組みでは、需要が低迷した海外市場における日本産食材の商流を維持・強化し、安定的な日本産食材の輸出拡大に貢献するため、農林水産省の補助事業者であるジェトロからの委託を受け、日本産食材の魅力を訴求するプロモーションや、日本産食材サポーター店の認定に係る取組についてのPRを実施いたします。
 

2019年10月開催の『ジャパン・デー』の様子2019年10月開催の『ジャパン・デー』の様子

■活動内容
ベルギーのサッカークラブ「シントトロイデン VV」をプラットフォームとして活用し、ジェトロと共同で日本産食材および、日本産食材サポーター店のプロモーション施策を実施いたします。
・日本産食材サポーター店における日本産食材・食品のPRや販促キャンペーンの企画実施
・ホームスタジアム「スタイエン」を活用した日本産食材・食品のPR、日本産食材サポーター店の販売機会の創出
・ベルギーの日本産食材サポーター店の認定拡大
・『日本産食材サポーター店制度認定団体』のロゴマークをSTVVの公式ユニフォームに掲出

【日本産食材サポーター店認定制度*とは】
日本産食材サポーター店認定制度:(1)これは、日本産農林水産物・食品(以下、「日本産品」という。)の海外発信を強化するため、農林水産省が定めた「海外における日本産食材サポーター店の認定に関するガイドライン」に則した取組です。(2)日本産食材を積極的に使用する海外の飲食店や小売店を民間団体等が自主的に日本産食材サポーター店として認定する制度です。

【シント=トロイデンVV(STVV)とは】
1924年創立のベルギー・プロ・リーグ1部に所属するサッカークラブ。 2017年11月に合同会社DMM.comが経営権を取得。2018年に元FC東京GMの立石敬之が最高経営責任者(CEO)に就任 。 5つの柱として、トップチームの強化・アカデミーの充実・新たな事業スキームの構築・スタジアムの拡充・IT導入によ る技術革新を掲げている。 シュミット・ダニエル選手(前所属ベガルタ仙台)、鈴木優磨選手(前所属鹿島アントラーズ)、伊藤達哉選手(前所属ハンブルガーSV)、松原后選手(前所属清水エスパルス)、中村敬斗選手(前所属ガンバ大阪)が所属。
2019-20シーズンは勝ち点33の12位で終了した(9勝6分14敗/得失点-17/33得点50失点)。

【日本貿易振興機構(ジェトロ)とは】
前身の日本貿易振興会を引き継いで2003年に設立。70カ所を超える海外事務所ならびに約50の国内拠点から成る国内外ネットワークをフルに活用し、対日投資の促進、農林水産物・食品の輸出や中堅・中小企業等の海外展開支援に機動的かつ効率的に取り組むとともに、調査や研究を通じ日本企業の活動や通商政策に貢献しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シント=トロイデンVV >
  3. “食”を通じて日本とベルギーの橋渡しに 『⽇本産⾷材サポーター店制度認定団体』として日本産食材の普及活動を実施