【調査リリース】コロナ影響下での結婚式実施動向を調査 緊急事態宣言後に復調傾向も規模・予算縮小

◆式場選びは“情報誌・ネットで十分絞り込み⇒会場見学”の流れに変化
◆コロナ影響で実施規模を縮小、二次会も自粛へ
◆平均予算はコロナ前後で90万円近く減少
インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女24,665人を対象に、結婚式・結婚式に相当するイベントの実施予定を調査しました。また、2019年1月以降に結婚式・結婚式相当イベントを実施済、または予定していると回答した524人を対象に新型コロナウイルス影響前後における結婚式検討~実施までの意思決定プロセスや予算の変化を分析しました。

アンケート調査に加え、ヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、消費者の結婚式に関する年間検索行動、利用サイト等を分析しました。
 



【調査・分析概要】
・全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)を対象として、2021年4月6日~4月12日に、スマートフォンによるアンケート調査を実施(回答者24,665人)。
SCR調査:24,665サンプル
本調査:524サンプル(2019年1月以降、結婚式・結婚式に相当するイベントを実施・予定している人)
・性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計をおこなっている。
・今回の調査では「コロナ前実施=2019年1月~12月に結婚式イベントを実施」「コロナ後実施=2020年1月以降に結婚式イベントを実施・予定」と定義
・Webサイトのユーザー数はPC・スマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

 


◆実施時期は緊急事態宣言の影響大も20年秋・21年春以降に復調傾向
まず、2019年1月以降に結婚式・結婚式に相当するイベントを実施(予定含む)した人に実施時期を聞きました。
新型コロナウイルス影響での緊急事態宣言が発令されるたび実施は大きく減っていましたが、2020年秋には復調傾向を示していました。また、2度目の緊急事態宣言が解かれた2021年4月以降で実施しようと考えていた人も多くいたようです。
 


ヴァリューズのインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit」で分析した結婚式関連・検索ユーザー数の推移も同様の傾向を示していました。
 



◆コロナ後の式場選びは“情報誌・ネットで十分絞り込み⇒会場見学”の流れが増加
結婚式に関する情報収集開始~結婚式実施までのそれぞれの時期ごとに、式場(会場)選びに関して参考にした手段を聞きました。コロナ前は、式場情報収集媒体1位が「見学・下見」でしたが、コロナ後は「結婚情報誌」が1位となっており、感染対策からか検討候補が絞られるまでは会場見学を避ける傾向が伺えます。
 



どのような結婚情報サイトが見られているのか、結婚・ブライダル関連ワードが含まれる接触サイトランキングを調べたところ、「ゼクシィ」が1位となったほか、3位には結婚式専門EC「PIARY(ピアリー)」がランクインしていました。
また、コロナ前後での結婚・ブライダル関連ワードが含まれる検索ワードTOP24を比較すると、共通して「結婚式」等が多いものの、コロナ後には、「コロナ」「小さな結婚式」など、コロナ影響による実施形態の変化を思わせるワードがランクインしていました。
 



◆コロナ影響で実施規模も縮小、二次会も自粛増加
結婚式・結婚式に相当するイベントの実施形態や平均予算を調査し、コロナ前後で比較しました。コロナ後は家族・親族のみの食事会が増え、少人数で実施し規模を縮小した人が増えたようです。また二次会などの大人数・酒席を伴う形態が大幅に減少していました。
 



また平均予算はコロナ前後で90万円近く減少。規模の縮小に伴い予算も大幅に減少したようです。
 



◆式場を選ぶ際のポイントは“低予算&小規模会場”、立地・交通の便は不要に
コロナ前後で式場を選ぶ際の重視点を比較しました。1位は共通して「式場・会場の雰囲気」でしたが、コロナ後、「立地や交通の便」は大幅に重視率が下がっていました。その代わり予算を抑えられ、少人数で実施できる会場がより選ばれやすくなっているようです。
 



◆ヴァリューズの購買プロセス調査とは
昨今、Webの利用が広がるにつれ消費者の購買プロセスはますます複雑となり、既存のアンケート調査だけでは実態の把握が難しくなってきています。そこでヴァリューズでは、「アンケート×Web行動ログ」でターゲット顧客の意思決定プロセスと離脱要因を把握する調査手法を提供しています。

<調査手法詳細>
ヴァリューズが独自保有するWeb行動ログの取得モニターに対してアンケートをし、行動データをユーザー単位で紐づけて分析します。ヴァリューズ独自の手法で、Asking型調査とListening型調査の双方のメリットを生かした調査が可能です。

●詳細・お申し込み
https://www.valuesccg.com/service/dmd/la/


◆実例で学ぶマーケティング・リサーチ基礎セミナー(無料)
初めてマーケティング・リサーチに携わる方を対象に、基本的な考え方やリサーチの進め方を分かりやすく解説するセミナーを2021年5月19日(水)に無料開催いたします。本プレスリリースでご紹介した自主調査「結婚式イベントに関する購買プロセス調査」を実例として、仮説の立て方や具体的な調査票設計、分析、レポーティングに至るまでの工程・ノウハウを解説します。加えて、WEBログとアンケート調査の活用方法もご案内いたします。
●詳細・お申し込み
https://www.valuesccg.com/seminar/20210510-2942/


◆関連リンク
本リリースで用いた調査データをはじめ、ネット行動ログ分析や、各種アンケートを活用した調査レポート・データを公開しています。
●「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」https://manamina.valuesccg.com/


◆新型コロナウイルスの消費者影響調査について
ヴァリューズでは、消費者ニーズの変化やタッチポイントの変化を確認したいマーケティングご担当者様や、コロナ禍においてのビジネス潮流変化と脅威を発見したい経営企画や新規事業企画等のご担当者様に向けて、“コロナ前後で一体何が変化したのか?”を把握でき、「beforeコロナ」×「withコロナ」×「afterコロナ」を紐解く調査データを提供しております。

調査内容はご要望に応じてカスタマイズも可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。
▼新型コロナウイルスの消費者影響調査に関するお問合せはこちら
https://www.valuesccg.com/inquiry/


◆マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」について
「Dockpit」は、限られた時間でたくさんの情報を必要とするマーケターが、分析したいキーワードやサイトURL、業界を入力するだけで、競合調査、業界分析、トレンド把握を可能にしたマーケティングツールです。
ヴァリューズが独自保有している、国内250万人規模の消費者モニター会員のWeb行動ログデータから、マーケティングに必須の3C(自社・競合・競合)を手軽に分析することができます。また直感的なUIを採用したダッシュボードで、ひと目で網羅できるデータを閲覧しながら、誰でも簡単にデータ分析をはじめることが可能です。膨大なデータを分かりやすくサマリ表示しており、概観を把握した後は気になる部分を深掘り分析していくことで、リサーチの時間とコストを大幅に削減します。
2021年からは無料版の提供も開始しています。
https://www.valuesccg.com/dockpit/


◆株式会社ヴァリューズについて
株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。250万人規模の一般インターネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用したサービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。

所在地 : 東京都港区赤坂2-19-4 FORUM赤坂5F
代表者 : 代表取締役社長 辻本 秀幸
事業内容: 経営に関するコンサルティング及び成長支援事業
      インターネット行動ログ分析事業 (ビッグデータ解析事業)
      IT先端技術を駆使した”売れる仕組み”構築事業
設立  : 2009年9月30日
資本金 : 1億円
URL  : https://www.valuesccg.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヴァリューズ >
  3. 【調査リリース】コロナ影響下での結婚式実施動向を調査 緊急事態宣言後に復調傾向も規模・予算縮小