MOTEXがサイボウズと協業し、クラウドサービス間連携を開始!『LANSCOPE Garoon 連携』『SYNCPIT Garoon 連携』で、より情報がオープンな働き方を支援

エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:宮崎 吉朗、以下MOTEX)は、サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野 慶久、以下 サイボウズ社)と協業し、サイボウズ社が提供するクラウド版 Garoon(ガルーン、以下 Garoon)とのプロダクト連携をいたしました。また今後は「サイボウズ オフィシャル プロダクトパートナー」の認定を取得し、さらなる連携強化を進めることで、より情報がオープンな働き方を支援して参ります。

 


■ LANSCOPE クラウド版 × Garoon連携で、Garoon のスケジュールに 1日の最初と最後の PC 操作時刻を表示
テレワークの普及が進み、労働環境の改善という点でも期待されている一方、テレワークで働く人の多くが、出社していた頃よりも労働時間が長くなり、さらに残業したことを申告していない、もしくはできていないという新たな課題が出てきています。


LANSCOPEクラウド版では、Garoonと連携することで、LANSCOPE クラウド版で取得している操作ログを元に、各日の最初と最後の操作実施時刻をGaroon のスケジュールに表示することができます。デバイスの利用時間帯とスケジュールの登録内容を比較することで、勤務状況の見える化・サービス残業の是正に繋げることができます。また、表示するユーザーは設定時に選択できます※1。






※1 : 利用には別途申請が必要です。また本機能の利用はベーシックライセンスが必要です。

■ SYNCPIT × Garoon連携で、ワークフローと当日スケジュールを自動通知
テレワークなど新しい働き方が求められる中、日々の業務の中で管理者の28%は、各種申請書の承認依頼、稟議書の確認依頼や見直しなどのワークフロー申請を従業員に“毎日”通知していると言われています※2。こういった確認依頼は、単純に定型文を全員にばら撒いているケースもあれば、現状確認・個別依頼・その後状況確認・再依頼といった繰り返し作業が発生するパターンも多くあり、管理者と従業員ともに業務を圧迫しています。

SYNCPIT最新バージョンでは、自分自身が確認待ちになっているワークフローや、確認していない回覧ワークフローを普段使いのビジネスチャットへ自動通知します。この確認依頼通知は、確認が終わるまで毎日通知されるため、うっかり確認が漏れていたといったケースを避けることがきます。また、当日スケジュールも通知できため、毎朝の習慣に「チャットでスケジュールをチェックし、ワークフローの確認漏れもチェックする」というサイクルを取り入れられます。SYNCPITは、今回のGaroon連携機能をはじめ、様々なクラウドサービスと連携することで、情シス・総務をはじめとしたバックオフィス環境づくりをご支援します。
▶ 『SYNCPIT Garoon 連携』 特設ページ:https://www.syncpit.com/garoon/

※2 : 2020年3月実施の当社実施アンケート結果

■エンドース
この度のプロダクト連携に関して、 サイボウズ株式会社 営業本部長 執行役員 栗山 圭太 様より以下のコメントをいただいています。

サイボウズ株式会社はエムオーテックス株式会社による『LANSCOPE Garoon 連携』『SYNCPIT Garoon 連携』の提供開始を心より歓迎いたします。今回の連携により勤務状況の見える化、日常業務の対応漏れ防止を強化することで、テレワークがよりスムーズになることを期待しております。
今後もさらなるパートナーシップ構築に勤しみ、お客様に最適なソリューションをご提供いたします。

サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 兼 事業戦略室長 栗山圭太

■ MOTEX DAYS.2021
MOTEXでは、7月29日(木)に開催するMOTEX DAYS.2021にて、サイボウズ社 青野社長をゲストに迎え、「令和を、平和に働く。」をテーマにパネルディスカッションを行います。ぜひご参加ください。【イベント概要】
イベントタイトル:MOTEX DAYS.2021
日   時:7月29日(木)13時30分~16時20分
形   式:オンライン(Webinar)
お申し込み:https://go.motex.co.jp/l/320351/2021-06-25/54vbpy

■「LANSCOPE クラウド版」について
「LANSCOPE クラウド版」は、PC・スマホの一元管理を実現します。最新のLANSCOPE クラウド版はWindows管理に必要な操作ログ・記録メディア制御・ファイル配信機能を実装しています。
▶ LANSCOPE クラウド版 製品サイト:https://www.lanscope.jp/an/

■ 「SYNCPIT」について
SYNCPITは、クラウドサービス連携で情シス・総務に集中している問い合わせ対応や定常業務を自動化します。従業員が自分自身で解決できるような環境をご提供することで、より生産性の高い業務に集中することができます。
▶ SYNCPIT製品サイト:https://www.syncpit.com/

■エムオーテックス株式会社とは
MOTEXは、「Secure Productivity」をミッションに掲げ、 安全と生産性の両方を追求した、製品、サービスを開発し、お客様が、PCやモバイルデバイスを安心してお使いいただける環境を提供します。
▶ MOTEXコーポレートサイト:https://www.motex.co.jp

■会社概要
社名        エムオーテックス株式会社
所在地       〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代表          代表取締役社長 宮崎 吉朗
事業内容    自社プロダクトの企画・開発・販売​、セキュリティサービス事業
資本金       2,000万円
URL          https://www.motex.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MOTEX >
  3. MOTEXがサイボウズと協業し、クラウドサービス間連携を開始!『LANSCOPE Garoon 連携』『SYNCPIT Garoon 連携』で、より情報がオープンな働き方を支援