ジーニー、ByteDanceが提供する「TikTok Audience Network」と「GenieeSSP」にて連携を開始 ~動画リワード広告を利用するアプリ事業者様の広告収益最大化へ~

株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下ジーニー)は、「GenieeSSP」において、TikTokを運営するByteDance株式会社(東京都新宿区、以下ByteDance)が新しく提供を開始するモバイルアプリ向け広告配信システム「TikTok Audience Network」との連携を、2019年6月24日より開始いたしました。


■背景と目的
今回の連携により、ジーニーがサポートする媒体社様は「GenieeSSP」が持つ収益最大化機能と組み合わせて、「TikTok Audience Network」経由で収益性の高い広告の配信が可能になり、広告枠単価の向上が見込めます。

ByteDanceはTikTokの世界中のアクティブユーザーのビッグデータを生かし、ジーニーは数々の媒体社様の収益最大化支援を実施してきた強みを生かし、「TikTok Audience Network」の国内での拡大を目指してまいります。


今後もジーニーは「TikTok Audience Network」との協力体制を強化していくとともに、クライアント企業様の成功を支援してまいります。

■「TikTok Audience Network」とは
TikTok Audience Network は、世界トップクラスの動画広告プラットフォームです。TikTok Ads上で配信している広告を、TikTokのターゲティング機能を生かしたまま、連携する他のモバイルアプリ上でも配信出来るシステムです。
現在、媒体社様はジーニーのような提携業者経由でのみ利用可能です。
URL:https://ads.TikTok.com/partner

■「GenieeSSP」とは
ジーニーが独自に開発した、インターネットメディア様向けの広告収益最大化プラットフォームです。
純広告や、RTBによる入札、複数のアドネットワーク、アフィリエイト広告から最も収益の高い広告を配信し、収益の最大化を実現しております。


■株式会社ジーニー概要
代 表 者:代表取締役社長 工藤 智昭
本社:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー6階
設立:2010年4月
資本金:1,539百万円(2019年3月末現在)
従業員数:258名(連結、2019年3月末現在)
海外拠点:シンガポール、ベトナム、インドネシア、タイ、インド
事業内容:ジーニーは、「テクノロジーで新しい価値を創造し、クライアントの成功を共に創る」というミッションのもと、企業の収益拡大・生産性向上など様々な課題解決につながるソリューションを開発・提供するマーケティングテクノロジーカンパニーです。
URL:https://geniee.co.jp/




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジーニー >
  3. ジーニー、ByteDanceが提供する「TikTok Audience Network」と「GenieeSSP」にて連携を開始 ~動画リワード広告を利用するアプリ事業者様の広告収益最大化へ~