キャップジェミニ、2020年5月20日に株主総会開催 - グループの新たなガバナンス体制を始動

​【2020年5月20日:パリ発】
本日、非公開で開催されたCapgemini SEの株主総会において、投票に付されたすべての決議案が採択されました。Aiman EzzatがPaul Hermelinの後任として最高経営責任者(CEO)に就任し、Paul Hermelinは取締役会の議長職にとどまります。

 

 

キャップジェミニは本日、年次株主総会を開催しました。今回の株主総会は、フランス政府による新型コロナウイルス感染症拡大抑制のための緊急措置に従って、株主が出席しない非公開の形で行われ、その様子を当社のウェブサイト上でライブ中継しました。投票はすべて郵送で行われ、株主は提示されたすべての決議を採択(定足数69%)しました。

また、株主総会の最後に行われた取締役会において、倫理及びガバナンス委員会の勧告により、2019年9月16日に発表したとおり、会長と最高経営責任者の機能を分離したガバナンス体制を採用し、Paul Hermelinは取締役会会長を継続、Aiman Ezzatが唯一の執行役員として最高経営責任者に就任することを全会一致で決定しました。

Paul Hermelinは、株主総会で2019年のハイライトと2017年に開始した経営移行を振り返り、次のように語りました。「2019年はキャップジェミニにとって実り豊かな成功の1年でした。業績も伸び、アルトラン買収プロジェクトも完了し、新たな局面を迎えました。そして本日、新しいガバナンス体制が導入されました。取締役会は、私の提案に基づいて、キャップジェミニ・グループの最高経営責任者にAiman Ezzatを任命しました。キャップジェミニ・グループの53年の歴史における4人目のCEOの誕生です。私は15年以上も彼と仕事をしてきたので、彼ならキャップジェミニ・グループを成長させ続けてくれると確信しています。ですから、私は彼のCEO就任を喜んでいます。また、経営陣の交代がすべての人を尊重し透明性を保ちながら良好な環境の下で行われたことを嬉しく思っています。私は、取締役会会長として、愛するキャップジェミニ・グループの発展を監視していきます。」

また、Aiman Ezzatは、株主総会の最後に 「Paul Hermelinと取締役会の皆様方の信頼に改めて感謝いたします。私は今、あらゆる課題に即座に対応できる、信頼のおける27万人の従業員を擁する、この健全なグループのマネジメントを引き継ぎます。健康危機という異例の時期に発揮されたキャップジェミニの敏捷性、団結力、強靭性は、私のキャップジェミニの将来に対する決意と自信を強めてくれました。私は、すべてのステークホルダー即ち従業員、クライアント、パートナーそして株主の皆様に対する私の責任を自覚しています。さらに、私たちは業界のメジャープレーヤーとして、また環境への責任にコミットする企業として、すべての人の利益のために調和のとれた倫理的な新技術の開発を実現していかなければなりません。私はこれについても情熱をもって取り組んでいきたいと考えています」と意思を表明しました。

本株主総会では、2019年の会計年度について、1株あたり1.35ユーロの配当金を分配すること、クーポン分離日を2020年6月3日とし、2020年6月5日から支払を開始することが承認されました。また、取締役会の構成に関する決議も承認されました。
-    Belen Moscoso del Prado(*1):Sodexo社デジタル&イノベーション担当役員である同氏が4年の任期で取締役会メンバーに任命されました。スペイン国籍の同氏は、グループ内のデジタル&データ戦略を支えるイノベーションとトランスフォーメーション分野における確かな経験を取締役会にもたらすことになります。取締役会は、当社が参照するAFEP-MEDEFコードの基準に基づき、同氏を独立取締役とみなすことを表明しました。
-    Aiman Ezzat:同じく4年の任期で取締役会メンバーに任命されました。
-    Siân Herbert-Jones:現独立取締役。4年の任期で再任されました。
-   従業員株主代表役員である Lucia Sinapi-Thomasも、新たに4年の任期更新となりました。

さらに、従業員代表制度の一環として、Kevin Masters、Hervé Jeanninの両名が2020年5月20日から4年間を任期とする取締役に指名されました。

Capgemini SEの取締役会は、本株主総会終了の時点で、従業員を代表する2名の取締役を含む15名の取締役で構成されています(*2)。メンバーのうち独立取締役は75%(*3)、非仏国籍27%、女性は42%です(*4)。この構成には国際化を追求し、セクター別の専門知識を深め、プロフィールの多様性を高めたいという取締役会の新たな意欲が反映されています。

本株主総会は、会長兼最高経営責任者であるPaul Hermelinならびに2名の最高執行責任者に対して支払または授与された2019年の報酬内容その他褒賞を承認しました。また、執行役員の報酬に関する報告書、執行役員および取締役に対する2020年の各種報酬方針も承認されました。

最後に、株主総会は、取締役会に付与されたすべての財務的委任事項を承認しました。

投票結果の詳細な内訳と、株主総会の完全なウェブキャストは、以下の当社ウェブサイトでご覧いただけます。
https://investors.capgemini.com/en/event/2020-shareholders-meeting/
 



キャップジェミニについて

キャップジェミニは、コンサルティング、デジタルトランスフォーメーション、テクノロジー&エンジニアリングサービスのグローバルリーダーです。キャップジェミニ・グループはイノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略から運用まで、弊社の一連のサービスを通じて、顧客企業が目指すビジネスビジョンの実現をご支援致します。キャップジェミニの信念は、「テクノロジーに関わるビジネス価値は人を通じて具現化される」ことであり、この信念こそが弊社の原動力となっています。キャップジェミニは、世界約50ケ国27万人に及ぶチームメンバーで構成される多文化企業です。アルトラン含むグループ全体の2019年度売上は、170億ユーロです。

キャップジェミニ株式会社については、以下をご覧ください。
  https://www.capgemini.com/jp-jp/
キャップジェミ二株式会社のソーシャルアカウント
  Twitter: https://twitter.com/CapgeminiJapan
  Facebook: https://www.facebook.com/CapgeminiJapan/

People matter, results count. (人にこだわり 成果にコミット)

 
免責条項

本プレスリリースには、将来の見通しに関する記述が含まれる場合があります。かかる記述には、将来の決算、事象、オペレーションおよびサービス、製品開発についての計画、概算、前提条件や、計画、目標、意図および/または予測に関する記述、将来の業績または事象に関する記述が含まれる場合があります。将来の見通しに関する記述は一般的に、「期待する/される」、「予想する/される」、「確信する」、「つもりである」、「見積もる」、「計画する」、「~の場合がある/可能性がある」、「~だろう」、「~する必要がある」などという表現や、これらと類似または逆を意味する表現で特定できます。キャップジェミニのマネジメントは、現時点において、将来の見通しに関する記述に反映される期待や予想は合理的であると確信していますが、かかる記述が関連し依存する将来の事象や状況が発生しない、あるいは発生しても予想とは異なる可能性もあり、多くの場合予測が困難で、一般的にキャップジェミニの支配の及ばないものであるため、当社は投資家に対して、かかる将来の見通しに関する記述がさまざまなリスクおよび不確実性(キャップジェミニのウェブサイト上で入手可能な当社の登録文書で特定されるリスクを含むがこれに限定されない)の対象であることを警告いたします。実際の結果や展開は、将来の見通しに関する記述で表現、暗示または予測されたものと大きく異なる場合があります。将来の見通しに関する記述は、将来の事象または結果について安心感や保証を与えるものでもまたそれを意図するものでもありません。キャップジェミニは、適用法で定められている場合を除き、いかなる将来に関する記述についても更新または修正する義務を負わないものとします。

このプレスリリースには、売却目的の証券の提供、あるいはフランス、米国その他の国における証券への投資の勧誘または勧誘が含まれているわけではありません。
  1. 新役員となったBelen Moscoso del Prado氏の経歴については、キャップジェミニの2020年3月11日付けのプレスリリースをご覧ください。 https://www.capgemini.com/news/evolution-of-the-composition-of-the-board-of-directors-in-view-of-the-2020-shareholders-meeting/
  2. Capgemini SEの取締役会の構成については、付録をご覧ください。 https://www.capgemini.com/jp-jp/news/implementation-of-the-groups-new-governance-structure/
  3. 従業員ならびに従業員株主を代表する取締役は、AFEP-MEDEF Codeの規定により、本百分率の計算に含まれていません。
  4. 従業員ならびに従業員株主を代表する取締役は、現行のフランス共和国商法の規定により、本百分率の計算に含まれていません。
 
※本プレスリリースの詳細(日本語)は、下記URLよりご確認頂けます。
https://www.capgemini.com/jp-jp/news/implementation-of-the-groups-new-governance-structure/
  1. プレスリリース >
  2. キャップジェミ二 >
  3. キャップジェミニ、2020年5月20日に株主総会開催 - グループの新たなガバナンス体制を始動