自然あふれる広々とした空間で、アジアゾウがのんびりと暮らすエリア「ゾウの森」が12月1日(日)オープン!

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では、アジアゾウのエリアが2019年12月1日(日)にリニューアルオープンします。


アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では、アジアゾウのエリアが2019年12月1日(日)にリニューアルオープンします。エリアネームは「ゾウの森」、コンセプトを「リアルライブ図鑑 ~学び・体験・発見する場所~」としました。アジアゾウ本来の行動を観察いただけるように施設には様々な工夫があります。ゾウたちの水遊びをご覧いただける水深2メートルのプールや、ゾウの体を間近に観察出来るスリットビュー(壁の小窓)、運動場はゾウが自由に歩き、遊べるよう植樹間隔を広く取り、土の小山を用意しました。ゾウの暮らしや行動をエリアの様々な場所・角度からご覧いただけます。「ゾウの森」では、アジアゾウの生態や取り巻く環境を観察・体験いただくことで、動物や自然に寄り添い、持続可能な地球のために、私達ひとりひとりが、未来へアクションを起こすきっかけとなるエリアを目指します。

【「ゾウの森」について】
■エリア名称:『ゾウの森』
■オープン日:2019年12月1日(日)
■アジアゾウ公開時間:午前10時00分~午後5時00分
■面 積  :運動場陸地 1,135平方メートル
       プール   72平方メートル

 


【エリアのポイント】
ゾウがいきいき・のびのびと暮らすために
運動場内では自由に砂浴びや水浴びができ、岩組は体が痒いときにかけるよう工夫しています。

プール
運動場にはゾウたちが泳げるプールを設置しました。大きな体でゆっくりと泳ぐ、ゾウたちがご覧いただけます。(水深:約2m 水量:150t)   

高見台
運動場プールの近くには約2.5メートルの高見台があり、ゾウの森を一望できます。

スリットビュー
ゾウの姿が3つの窓から間近でご覧いただけます。また給餌口もあり、今後はお客様からゾウにおやつをプレゼントできるフィーディングのアトラクションも実施予定です。


詳しくはこちら https://prtimes.jp/a/?f=d40302-20191129-5537.pdf
 
  1. プレスリリース >
  2. アドベンチャーワールド >
  3. 自然あふれる広々とした空間で、アジアゾウがのんびりと暮らすエリア「ゾウの森」が12月1日(日)オープン!